成人病予防サポートセンターのブログ立ち上げ宣言!人間の限界寿命へのチャレンジ!  成人病予防、口コミ、効果、方法、情報収集、情報発信、寿命を延ばす、青年人生

こんにちは。私はアマカワダイジといいます。51歳の平凡なサラリーマンです。でも今回の東日本を襲った大地震、大津波を経て、何かが私のなかで動き始めました。
このブログで目標としていること、宣言させていただきます。”人間の限界寿命へのチャレンジ!”

現在日本人の三大成人死因となっている”がん””脳卒中、脳梗塞””心筋梗塞、心不全”
あるいはここにまで至らずとも、その予備軍である”糖尿病””痛風””高血圧””高コレステロール、高脂血症”メタボ””脂肪肝””内臓脂肪””老眼””加齢臭””ED”
などなどなどの成人病、成人病予備疾病を予防する情報を徹底的に調査し、皆さんにどしどし情報公開しながら、この未曾有の被害をもたらした、東日本大震災の中から日本人が世界に先駆けて、平均寿命が100歳を超え、さらに、その青年人生を死ぬまで生き切ること
このブログをご覧になる皆様と目指して参ります。皆様からも、耳よりの情報、皆様に知ってほしい情報、有益な情報など、どしどしここに公開させていただきます。
”がんばろう日本!立ち上がれ日本人!大和魂で世界をあっといわせよう!”

アマカワダイジ
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 口コミ 効果 方法

2011/5/17


老化を予防する、とっておきの方法を見つけました!
(こちらをクリック↓)


アンチエイジング超健康法読本


この本には、アンチエイジングの秘策がばっちり!

当、成人病予防サポートセンター一押しの内容です。


まずは、読んでみて下さい。

そして、素直に実行されること。


メンタル的な老化予防としては、当サポートセンターでは

@くよくよしない、あきらめが肝心

A夜寝るときに、今日あった出来事をいいも悪いもすべて忘れる

B朝起きたら、”今日も一日若返った”と、独り言でつぶやく


以上を実行してみてください。

一週間でびっくりするぐらい、肌つやつやの若返り!

これもまずは実行してみること!


そして、究極のアンチエイジングのメソッドを発見。
(こちら↓)


浜田式アンチエイジング術



こちらは、当センターでも検証中です。

その効果のほどは、

後日ご報告致しますね!


文責:アマカワダイジ
0
タグ: 口コミ 効果 方法

2011/5/8


こんにちはアマカワダイジです。
今回は、今の成人日本人男性に急増しているといわれる、痛風とその予防がテーマです。
実は私もついこの前まで、この病気となんと20年近くも付き合いましたので、この病気を語る資格は十分なんです。
クリックすると元のサイズで表示しますその痛みは突然やってきます。通常は足の親指から、といわれていますが私の場合は違いました。左の足首でした。31歳!のときです。ですから、痛風の前知識もなく、ただねんざをしたものと思い込み、会社を休んでカイロプラクティックの治療を、激痛に耐えながら受け、今にして思うと本当にあの痛みによく耐えれたものだ、と変な感心を我ながらしていたりします。

痛風とは、その原因
「痛風」とは、血液中の「尿酸」が増えることが直接原因です。
ぜいたくな食生活をする人に見られる症状であったことからヨーロッパでは「帝王病」などと呼ばれていた時代もあったほどで、以前の日本においては、むしろ珍しい病気だったのです。

しかし食生活の欧米化が進んだ今日、痛風の患者数も60万人程度と推定されており、働き盛りの中高年世代のみならず、20〜30歳台の若い世代でも痛風は増加しつつあります。

痛風は、予備軍まで含めると成人男性の4〜5人に一人の割合とすら言われています。

痛風はほぼ100%と言っていいほどに「男性特有の症状」ですが、数%の割合で閉経後の女性が高尿酸血症となって痛風の症状を呈するケースがあります。

「尿酸」とは、細胞の成分となる「プリン体」が腎臓で代謝されたときにできる老廃物であり、本来ならば、尿とともに排出されるだけのことです。ただ、脂質・たんぱく質が多く含まれる食品やプリン体を含むアルコールを過剰に摂りすぎたりして、過度の精神的ストレスなどが相まって、腎臓の機能が低下してくると血中に処理しきれなくなった尿酸が増えてそれが結晶化し(この状態を「高尿酸血症」といいます)、足の付け根の痛みをはじめとする発作につながるといわれています。

ちなみに高尿酸血症と診断されるのは、血液中の尿酸が7.0r/dlを超えた場合です。

「風が吹いても痛い」という名前の通り、あらゆる痛みのなかでもっとも激しいとすら言われる関節痛が痛風の特徴であり、その発作の7割以上が「足の親指から」起こるとされています(私の場合はですから例外にあたります)。

一度目に痛風の発作が足の親指に起きてから、二回目以降は全身のあらゆる関節や腱に痛みが激しく起きてくることすらあります。非常に激しい痛みで、患部は赤くはれあがり、数日間の圧痛が続くことが多く、結局痛みは数日間で治まることになりますが、いずれにしてもその痛みを忘れて放置してしまうと、早晩二度目の発作に見舞われることになります。

痛風の真の怖さは、高尿酸血症の重篤化から起きる他の病気や障害、すなわち心臓障害や脳血管疾患、腎臓障害などに至る可能性を防ぐことにあります。痛風は完治することは通常ないともいわれますが、痛風は、ある意味コントロールしやすい病状ですので、適切な治療と生活習慣の改善によってその悪化を防ぎ、なんら支障のない日常生活をおくるようにすべきです。いったん尿酸値が高くなり一度でも発作が出た場合は、専門医(痛風治療においては整形外科医)よりの薬の長期的な服用により、尿酸値をコントロールすることが肝要です。

でも発症されていない読者の皆様には、この病気の発症を未然に予防することが大事という点から、以下に予防策をお知らせします。

痛風にならないための予防策クリックすると元のサイズで表示します
痛風予防法その1 : 尿酸を発生させない
痛風の原因である尿酸を発生させないようにすることが予防につながります。尿酸を発生させないためにはどうすればよいのか?尿酸の原因であるプリン体を減らすこと。プリン体は食べ物にも含まれていますし、体内でも生成されます。まず、プリン体の多い食べ物少ない食べ物があるようですが、食べ物にはあまり気を使いすぎるより、バランスの取れた食事を心がけまずは食べ過ぎを防ぐこと、その中で高カロリーや高タンパクの食事を控えめにすることが大事です。

また、ビールは要注意です。
プリン体は体内でも作られるとお話ししましたが、激しい運動をした時など大量のエネルギーを使った時に発生します。ですからアルコールを取ると肝臓がアルコールを分解するために大量のエネルギーを使い、プリン体が発生してしまいます。その上ビールにはプリン体が多い・・・ビールはプリン体を多く含む上にプリン体を体内で作らせる原因になるのです。

食事はバランス良くとり、ビールを控えめに。

痛風予防法その2 : 尿酸を尿により体外に排出する
尿酸は尿によって排出されます。ですから、水分を十分取り尿で体外に排出することが大事です。また、尿酸はアルカリ水に溶けやすい性質があるため、アルカリ性の食事を心がければ、尿により効率よく排出することができるといわれています。

以上の二面作戦で、先人病予備群症状の痛風を予防しましょう。

文責:アマカワダイジ
3
タグ: 口コミ 効果 方法

2011/5/7


アマカワダイジです。
成人病予防サポートセンターとして、このブログ上でいろんな情報を紹介させていただく前に、一人の世界一の長寿命者を紹介したいと思います。
クリックすると元のサイズで表示しますマハー・アヴァター・ババジ(Maha Avatar Babaji、伝承としては203年11月30日 - )とは、ヒマラヤで隠棲している不老不死の聖者、ヨーガ行者。マハーは、「偉大な」を意味し、アヴァターは、「神の化身」を意味し、ババジは、「聖父」を意味する。クリヤー・ババジ・ナガラジ、シヴァ・ババなどの別称もある。彼の生来の名前はナガラジである。パラマハンサ・ヨガナンダの著書『あるヨギの自叙伝』(森北出版)で触れられたことで世に知られるようになった。単にババジとも呼ばれる。 ババジサンガの主神はシヴァ神であり、支持者の中にはババジを弥勒菩薩と同一視する者[1]もいる。森北出版の『ババジ伝』には彼を写した写真も多く掲載されている。
(以上は、ウィキピディアより引用)

なんと、西暦203年生まれだという。
上記に紹介されている本『あるヨギの自叙伝』(森北出版)を私も読んでみた。
少なくとも1950年ごろまでは、生存が上記著者により確認されており現在も生きているとすれば、なんと1800歳!以上なのである。

これを私は、でっち上げの話あるいはおとぎ話の類であるとは思わない。むしろ、人類の本当の可能性を示すものとして捉えたい。
なぜなら、現代文明の医療科学は、いまだ人類のDNAの95%はジャンクDNAと呼ばれ、その存在の意味合いが発見されていないからである。
この95%活用されていない人類DNAが、本当に活性化されれば、このババジのように超超長寿命を生きることも可能でなないだろうか。

文責:アマカワダイジ

0
タグ: 口コミ 効果 方法

2011/5/7

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ