2013/6/23

梅雨時の精力回復に精力剤マカビンビン液  精力剤と雑感

夏バテではありませんけど、クーラーを付けたままウトウトしてしまったのが悪かったのか、体がダルい感じ。
精力剤かマルチビタミンを飲んで精力回復を図りたいところですが、今のところ、家にあるのはマルチビタミンのみ。
こういう時、ユンケルのようなカフェインでも入ってる栄養ドリンクでも服用すれば効果的なのかもしれませんけど、無いものねだりをしても仕方が無いのでマルチビタミンを飲んで、休憩中。
いざという時のドリンクタイプの精力剤をネットで見ていると、精力剤を数多く手掛けている阪本漢法製薬から発売されている精泉 マカビンビン液という精力剤が良さ気な感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

価格も千円を少し上回る程度と比較的リーズナブル。
この精泉マカビンビン液には名前の通り、マカ抽出液にイチョウ葉エキスやアルギニン・マムシ抽出液等が配合されているようえす。
マカにはアルギニン酸・リジンをはじめとする必須アミノ酸が豊富に含まれていますし、中でも大事なアルギニンは体内でたんぱく質をつくる生きていくために必要不可欠なアミノ酸ですから、この精力剤効きそうですね。
こういう対面販売で買いにくい名前の精力剤ドリンクこそネットで買うのが得策かと思います。
タグ: 精力剤

2013/6/9

精力剤と配合成分のトナカイの角  精力剤と雑感

精力剤を探す時に気になる配合成分が入っているかで決める人もいるかと思いますけど、動物由来の精力剤の成分としてたまに名前が挙がるのが、トナカイの角やタツノオトシゴ(海馬)エキス。
マムシやスッポンを名前に冠した精力剤は多いですけど、トナカイの角やタツノオトシゴは稀な感じ。
ただ結構な割合では精力剤や勃起薬に配合されてるんですよね。
で、調べてみたんですが、鹿の角は、漢方では鹿茸と呼ばれて強精、貧血に効く生薬として人気があるようです。
鹿の幼角を乾燥させて薄くスライスし、粉末にして漢方薬に調剤するようです。
タツノオトシゴも漢方では海馬と呼ばれ、アミノ酸やミネラルが豊富に含まれている食材だとのこと。
共に希少価値のある材料ということで精力剤や漢方薬では重宝されているようですが、個人的にはスッポンやマムシ等とどこがどう違うのかが分かりません。
精力剤メーカーとしては消費者がありがたがりそうな材料を配合した方が売上が見込めるのかもしれませんが、高額な希少材料を使用した精力剤を買うのであれば、入手しやすいマカやマムシで十分な気がします。
それほど体感で違いが分かるとも思えませんし、精力剤も勃起薬もコストパフォーマンスは大事ではないかと。
タグ: 精力剤

2013/6/4

精力剤と成分に使われる冬虫夏草  精力剤と雑感

中国では漢方薬として利用されることが多いためか、中国から輸入される精力剤(勃起薬)にはこの冬虫夏草が配合されていることが多いように思います。
何となくキノコ的なイメージがあるのですが、調べてみたところ、この精力剤によく配合されている冬虫夏草というのは蛾の幼虫に寄生した菌とのこと。
正直実物も見たことありませんし、中国からの輸入というのが不安だったのですが、何と日本でも培養しているみたいで、生きた昆虫に寄生してキノコを生やすという天然の冬虫夏草に近づけるために、生きた蚕のサナギを用いて培養している会社がありました。
国産の冬虫夏草ということで何となく安心できるので、これは常飲する精力剤候補に選択肢に入れてもいいかも。
成分も細かく説明されていて、効能としては、動脈硬化予防・血圧降下作用・免疫力の強化、生活習慣病の予防等々mまさに万病に効く感じ。
精力剤サプリメントというよりは健康食品ですね。
ただ、価格がお高い感じなのが残念なところ。
60粒が14,000円ですから、1ヶ月分が7,000円。
冬虫夏草が配合されている精力剤って、大抵配合量とか記されていませんし、少し胡散臭い香りがプンプンするので、買うなら高くても国産のを買った方がいいのかも。
タグ: 精力剤

2013/5/27

精力剤とニンニクのアリシン  精力剤と雑感

精力増強効果のある食品と言えば、第一に挙げられると言っても過言ではないのがニンニク。
これを毎日食べれば、まさに精力剤いらずといった感じでしょうか?
よく分からない輸入物の精力剤を飲むなら、ニンニク料理がオススメです。
ニンニクと言えば、強烈なにおいが特徴ですけど、あれの正体はアリシンという物質。
邪魔かもしれませんけど、このアリシンには強力な殺菌、抗菌作用があるんです。それにビタミンB1の吸収効果を促進したり、動脈硬化を予防、脳卒中や心筋梗塞などの血栓予防に役立つとも言われています。
それと、ニンニクには血行を促進するスコルジニンが含まれています。
実はこの血行促進というのが精力増強やEDに関わらず健康維持には重要なポイント。
血管が詰まっていると愚息に血液が流れ込みにくく、勃起も不十分になりがちなんですよね。
高価な精力剤を使う前に、まず己の健康を取り戻すのが肝心ですから。
ということで、様々な薬効があるニンニクは勿論精力剤にも配合されていることが多いですけど、スーパーには安価で販売されてますから、自身で料理して精力アップと健康維持に繋げたいですね。
タグ: 精力剤

2013/5/21

精力剤と継続することの大切さ  精力剤と雑感

一時的に勃起させる効果を狙った勃起薬とは異なり、精力剤は1度に沢山飲んだからといって、効果が増すわけでも無いようで、運動や健康維持と同じく継続することが大事のようです。
まず、精力剤サプリメントによく配合されているセックスミネラルとも呼ばれる亜鉛ですが、これは飲めば飲むほど良いわけではなく、かえって弊害を生むようで、亜鉛の摂取過多は銅の吸収を阻害するとのこと。
で、その銅が不足すると、貧血や動脈硬化の原因にもなるので過剰摂取は厳禁。
ですので、精力剤サプリメントの場合は、服用するタイミングや量・質を重視するというよりは、継続的に毎日飲み続ける事が大切なようです。
色々精力剤を飲むタイミングはいつが一番効果的なのかを調べたのですが、残念ながら記載はされておらず、食後や就寝前等々、自分で決まったルールを作って毎日の習慣として忘れず飲むのがよいかと。
精力剤やサプリメントは薬ではありませんので、即効性は期待できませんが、徐々に精力がついてきたと実感できる時が来るようですね。
タグ: 精力剤



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ