2015/10/25 | 投稿者: りん

私の通っているアロマ教室で、この頃熱いのが「自ら学ぶ!精油講座」です。

毎回一つの精油をテーマに、あらゆる角度からゆっくりと掘り下げていくのですが、講座までにそれぞれテーマの精油について調べたり、原料のハーブでクッキーやケーキを焼いたりと取り組んだ成果を持ち寄るのがすごいところ。

調査範囲は広きにわたり、効能はもちろん、歴史、地理、アニメにまで及び講座前にすでに精油への愛着感が高まっています。


講座で使う資料は、みんなの体験談やユニークなレポートで、実際に試食できるのもうれしいところ。
作ったほうも、これだけ熱心なみんなに食べて感想を言ってもらえると張り合いがありますね!

先生はマニアックに自然療法に詳しい方で、精油を使ったワークの経験も豊富。
科学的な部分もスピリチュアルな方面にも詳しく、その話題の広さには思わず引き込まれてしまいます。


この講座は精油を極めようとする参加者と、こよなく精油を愛する先生のパワーが合わさって、それはもう濃く熱く、2時間一つの精油について解剖しつくそうとしてもまだ足りない!という魅力あふれるものなのです。

カモミールのときは、カモミールを加えて焚いたご飯をおにぎりにして、それでおかゆを焚いたんですって。

薬膳の世界までいってますね。


きっと講座が終わるときは(終わるときは来るのか?)、精油の達人になっていること間違いなしです。
料理上手にもなっているかも?!
0

2015/5/31 | 投稿者: りん

うちのトイレはマンションなので窓がありません。

もちろん冷房もあるはずがなく。

ちょっとトイレでゆっくりしなければいけないときがつらいんですよね。


こんな時にはペパーミントの精油がお役立ち!
ペパーミントの香りを嗅ぐことで、体感温度は4度下がるそうです。

トイレ掃除に使いたいのは、クエン酸スプレー。
台所やお風呂にも大活躍です。

クエン酸は水垢や石鹸かすを落とすのに役立ち、除菌、消臭効果もあります。
そのクエン酸スプレーにペパーミントのアロマオイルを使えば、抗菌効果もプラスされる上に涼しい気分で掃除ができ、家中がさわやかになります。

<クエン酸スプレーの作り方>

1.300mlの容器を用意し、水を250ml入れる。
2.クエン酸を小さじ2杯入れる。
3.ペパーミントアロマオイルを5〜10滴入れる。
4.スプレー容器に入れ、振りながら使う。


だけど、掃除して時間がたつと香りも薄れるもの。
そこで、消臭・湿気取りを兼ねた重曹アロマパウダーを作って置いてみましょう。

<重曹アロマパウダーの作り方>

1.ビニール袋に重曹を180g入れる
2.ペパーミントのアロマオイルを30滴入れる。好みでドライフラワーなども入れる
3.ビニール袋をもむようにしてよく混ぜる
4.ガラス製の容器に入れる

うちはベランダにいっぱいペパーミントが育っているので、フレッシュな葉っぱを混ぜるのもいいかも。


さて、これでトイレも快適になるかな?
0




AutoPage最新お知らせ