石鹸の成分の話し  

脂肪酸の匂いを和らげるため、しばしば香料が加えられるほか、
洗濯石けんを化粧石けんと区別するために目立つ染料を添加した製品もある。

また、化粧石けんは添加剤による保湿や皮膚への有用性を謳った
様々な製品が販売されている。

一方、主成分の脂肪酸塩の腐敗やカビの繁殖を防ぐため、
ジブチルヒドロキシトルエンなどが保存料として使用される
(このため無添加の製品は、変質を防ぐために使用者が配慮する必要がある)。


殺菌剤
薬用石けんの場合、塩化ベンザルコニウム、
トリクロサンなどが有効成分となっている。

ただし、これらが効果を発揮するにはpHを低くする必要があり、
脂肪酸塩ではなく合成界面活性剤(アシルイセチオン酸ナトリウム
(スルホン酸類)、アシルグルタミン酸ナトリウムなど)が用いられ、
ここで言う石鹸に該当しない可能性が高い。


シャンプー

0




AutoPage最新お知らせ