2017/5/25 | 投稿者: sendenclub

2017年5月24日にて

第一弾は5000人へ戻りまして・・また2人マイナスです。

ここは属性整理を兼ねてどんどんPRして、興味のない方は
解除を狙いましょう。
また友達申請します。

最二弾フェイスブックは
4160人で

あとは質を狙うので、プロフィールなどの画像編集をしてない
灰色画像などは無視します。

また英語圏・アラビヤ・韓国・中国なども申請や友達要望は
拒否してますので

今月は4300までを目安です。
以上
0

2017/4/25 | 投稿者: sendenclub

お世話になります。

24日21:13分現在
フェイスブック第一弾 4984人 あと16人

第二弾は今月まで目標4000人現在は3582人です。

いすれも海外の韓国・中国・アラブ・英語圏は友達申請は
承認しません。

日々コツコツ
凍結防止のために提供者のファイスブック側の意向を察して
「いいね」「POKE」友達申請はバランスを考えて・・。
シエア・などバランスよく管理です。

現在に個人サイトは、ほんの入り口であり、
先々は企業名だけでできるページ管理を行えば
友達確保は、ほぼ無限になります。

ここではすべてマーケティング管理ができます。
0

2017/3/16 | 投稿者: sendenclub

おはようございます。

フェイスブックの第二弾が15日で2604件です。

25日までは3000人への到達予定です。

現在は1アドレス(1ユーザー)の相場単価は3000円〜4000円

と言われてます。

これはアフィリエイターがメルマガ管理者へPR依頼をする場合の

オプトインといって、メルマガで一斉送信を行い

その後LPから得た1アドレスの報酬単価です。

一般のメルマガ発信者は送信する場合は最低でも

1アドレス1000円です。

上級メルマガ管理者には特別単価は高く

1アドレス2000円〜4000円です。

これが現在の1顧客の単価です。

つまり、SNSなどの顧客は人数×単価=資産です。
0

2017/2/17 | 投稿者: sendenclub

お世話になります。

https://twitter.com/createhirao
上記のurlのtwitterのpass不一致で表示となりエラーがでましたので
管理システムから削除しました。

他のシステムにも動作が影響するので、削除しました。
(クライアント様の共有間の相互相乗PR構築なのでご理解下さい)

再登録はまたすべて構築時間があかかるので
このアカウントは、このままにしておきます。

このアカウントは、
フォロワー増加もできませんのでご理解下さい。
0

2015/9/28 | 投稿者: sendenclub

資産フライトによる世界投資へのプラットフォーム

プラットフォームとなるボンド口座では、世界中の投資商品が対象となり投資の選択幅が拡がります。

オフショア投資に特化したコンサルティング会社メイヤー・インターナショナル
代表のリチャード氏は、アベノミクスで日本経済が回復するも海外への資産フライトは拡大を続ける認識を示した。

その理由はいくつかある。2014年から配当・譲渡所得等に係る税率が10%から
20%に税率が戻る為に証券口座内で売買を行うごとに税金がかかるのが理由
の一つ。また為替を考えると長期的には円安方向傾くとの認識している人が多いことも挙げられるだろう。

持っている資産を日本円だけで持つより、複数の通貨を持つとで為替の影響を減らしてバランスを重視する人も増えてきているのは事実であると語った。

現代のグローバル化は、金融においても例外ではありません。先進的な国で運用することが投資家保全になります。海を越えれば、多種多様なユニークファンドが存在しています。

ファンドによってピンきりですが、規制が強ければ、魅力あるファンドが少なくなるのは当然のこと。

国内の規制に縛られない現物投資のファンドやヘッジファンドに投資することによりインデックスのヘッジとして一定以上のニーズがあることは間違いありません。

メイヤー・インターナショナルの詳しいサイトはhttp://www.meyerjapan.com/
0

2015/9/28 | 投稿者: sendenclub

プラットフォームとなるボンド口座では、世界中の投資商品が対象と
なり投資の選択幅が拡がります。

オフショア投資に特化したコンサルティング会社メイヤーアセット代表
のリチャード氏は、アベノミクスで日本経済が回復するも海外への資産
フライトは拡大を続ける認識を示した。その理由はいくつかある。

2014年から配当・譲渡所得等に係る税率が10%から20%に税率が戻る為に
証券口座内で売買を行うごとに税金がかかるのが理由の一つ。

また為替を考えると長期的には円安方向傾くとの認識している人が多い
ことも挙げられるだろう。

持っている資産を日本円だけで持つより、複数の通貨を持つとで為替の
影響を減らしてバランスを重視する人も増えてきているのは事実である
と語った。

現代のグローバル化は、金融においても例外ではありません。先進的な
国で運用することが投資家保全になります。

海を越えれば、多種多様なファンドが存在しています。ファンドによって
ピンきりですが、規制が強ければ、魅力あるファンドが少なくなるのは
当然のこと。

国内の規制に縛られない現物投資のファンドやヘッジファンドに投資する
ことによりインデックスのヘッジとして投資する目的の人もいます。

メイヤーアセットの詳しいサイトは
http://meyerassetmanagement.com/
0




AutoPage最新お知らせ