洗剤とゴキブリ  洗剤情報

ゴキブリ、文字に書くのもその響きを聞くだけでも私は身震いしてしまい、今後ろにいるんではないかとビクビクしてしまいます。
それと言うのも、一人暮らしの時に住んでいたアパートに、週に最低3匹は出没していたから。
ある時は、仕事から帰ってきて一人夕食を食べている時に視線を感じ、ふと見ると思い切りゴキブリと目があって「ビクッ」としたゴキブリに仰天した事アリ。
ある時は台所でお茶碗を洗っていると、その目の前をゴキブリが横切っていった事あり。
当時はゴキブリ用の殺虫剤を購入する事なんて考えにすら浮かばず、その時とっさに食器洗い用の中性洗剤をゴキブリにびちょびちょかけました。
そうしたらゴキブリの動きを封じこめる事ができ、いがいとアッサリお亡くなりになりました。

「えっ、こんな強烈な毒でお茶碗をあらっているの?」とビックリしましたが、若かったのであまり気にしませんでした。
しかしつい最近、その真相解明となる知識を得る事ができました。
ゴキブリは(それ以外の昆虫も)、体の側面にある気孔と呼ばれる場所で呼吸をしています。
又、体の表面は油で覆われており、水ははじいて油には馴染んでしまう性質を持っています。
(その為に多少水がかかっても昆虫は呼吸ができるのです)
中性洗剤をゴキブリにかけると、気孔から気管の中まで液体が入り込んでいき、呼吸ができない状態になります。
このようにしてゴキブリは窒息死してしまうのだそうです。
ですので、洗剤の毒で死ぬというわけではないので洗剤がなかったらサラダ油などでも退治できるそうです。
0

 

皮の洗剤  洗剤情報

革靴とか皮のバッグとかってクリーニングに出すと高いし、自分で表面を拭くだけだと汗の汚れとかニオイとかカビとか気になります。
お気に入りのものだと、どうしても後ろ髪惹かれてしまい、私なんて押入れの中にしまってある状態です。
洋服みたいにジャブジャブ洗えるような洗剤なんて存在しないと思っていましたがあるんですね〜。
本当に効果がある洗剤なら、このカビが生えてしまったお気に入りを蘇らせたいです。

●レザーウォッシュ
汚れる事は仕方がないとしても、カビが生えてしまった革靴や衣類は仕方なく履く(着用)か、廃棄するしかありません。
しかし、この洗剤は「あきらめなくてもいいよ!」という製品なのだそうです。
専門的な技術を必要とせずに革靴を初めとした革製品に誰でも安全にクリーニング出来るのがポイントです。
「水洗い」によって生えてしまったカビを退治するだけではなく、革本来の柔軟性をよみがえらせてくれる事まで可能というのだから試してみたくなります。

●レザーマジック
1、自宅にあるバケツや洗面器にこの洗剤を入れます。
2、スポンジ又はタワシに洗剤の液体を浸して洗浄したい靴を洗います。
洗い残しがないように全体に液を染み渡らせます。
3、十分に水ですすいだ後、乾いた布で水分をふき取ります。
4、形を整えるために中に新聞紙などを詰めます。
その後陰干ししたらおしまいです。

カビが生えなくても営業などをしているビジネスマンやOLの革靴って、蒸れて結構臭っていそうです。
靴が臭いと靴下も臭くなるし、玄関まで臭くなってしまいます。
是非とも利用してみたくなります。
0

 

洗濯洗剤のCM  洗剤情報

洗濯洗剤のCMって「さわやか」イメージを第一にやっているのかしら?
音楽つきキャッチコピーが何か皆リズムが同じに聞こえるのは私だけでしょうか?
でも、一回聞いただけで頭に残る、あの音楽つきキャッチコピー、さすがです。

あのさわやかさを出すために、ボールド洗剤の撮影は、実は映像からかけ離れた環境で大変だったそうです。
夏をイメージさせるこのCMを撮影したのは、実は極寒の2月。澄みわたる青空、輝く緑を表現できるのは、やはり空気がピンと凍るような冷たさの時の方が良いからだろう。
しかも撮影現場は、風をさえぎるものが何もない広大な元牧場の敷地。
すばらしい空の青さ、広さ、広大な景色ですが、凍るような風が吹く中での長時間に渡る屋外での撮影に、撮影スタッフ達は、スキー専用のタイツや厚手靴下、ウィンドブレーカーの上下、帽子、マフラー、カイロなどを用いて完全重装備での仕事だったそうです。

しかしこのCM、今までの「洗濯=女性がするもの」という概念を取り払って、男性が洗濯をする新しいタイプのお話になっています。
「今までになかった新しさ」を強く印象づける為の作戦だったそうですが、作戦通りに行ったでしょうか?
少なくとも、このCMを喜んだ奥様方は多いのではないでしょうか?

台所用の洗剤の音楽は又ちょっと違う。
台所と言うと奥様のお城の領域。そこに存在させる洗剤にふさわしいリズムに乗せた商品名。
台所用洗剤のCMと言われてすぐに頭にリズムが出てくるのは「キュキュット」。
こういうのを考える人って天才だなぁ〜なんて思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ