2010/7/28

インターネット分野における厳しい競争  -

雨は降らないようですが、
久々のくもり空です。

梅雨明けして一度も雨が降っていないので
そろそろ降りそうですよね。

昨日、とうとう発表されましたね。

ヤフージャパンの検索エンジンが、
グーグルのシステムを採用すると。

もともと米ヤフーの検索エンジンを使っていたのですが、
シェアを独占しているグーグルに対抗するために
検索エンジンの開発をやめて
米マイクロソフトの「ビング」を採用したことが
大きく影響したのかもしれません。

日本はなんでグーグルを選んだのかというと、
競合関係にある企業のシステムを積極的に取り入れることによって
自社のサービスの強化を図るという目的があるからなんです。

インターネット分野の厳しい競争を象徴しているかもしれませんね。

存在するかさえわからないTDPや、
アルゴリズム解明にさかれていた時間を
対策に費やすことができるので、
私たちにとってはとても大きな朗報です。

が・・・・・
私たちの業界も
熾烈な競争の幕あけになるかもしれませんね。

それを勝ち抜いて行けるか
私たちの腕にかかってますねっっ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ