2013/1/31

最後まで試行錯誤を続け  

最後まで試行錯誤を続けた新たなる挑戦作
 『メタルギア ソリッド』シリーズに登場した雷電を主人公に、新たな時代の戦いを描いた『メタルギア』シリーズ最新作、『メタルギア ライジング リベンジェンス』これまでのシリーズ作の特徴であった、敵に見つからずに進む“ステルスアクション”ではなく、斬撃や高速移動を駆使した壮快感溢れるアクションをメインに据えた、新たな形のアクションにも注目の本作今回は、週刊ファミ通2月14日号(2013年1月31日発売)に掲載された、同作の開発スタッフである是角有二氏、稲葉敦志氏、齋藤健治氏、玉利越氏へのインタビューの完全版をお届けする本誌では語りきれなかった、開発秘話も……?

●ブレーキを踏まない男たちが作り上げた渾身のアクション
――今回、日本庭園や下水道などの光景が新たに公開されましたが、いったいどのくらいのステージが登場するのでしょうか?

是角 有二氏(以下、是角) オープニングで雷電がサムエルにボコボコにやられてしまう、アフリカ某国を皮切りに、アブハジア、メキシコ、アメリカのデンバー……さまざまな地域が戦いの舞台として登場することになります

――世界を股にかけた、スケールの大きい物語が展開するということですね

玉利 越氏(以下、玉利) 多くの地域を登場させたのには理由がふたつありますひとつは、物語上『メタルギア ソリッド 4』(以下、『MGS4』)後の世界がどうなったかを描きたかった、ということもうひとつは、アクションゲームとしてたくさんのシチュエーションを演出したい、という齋藤さんからの要望をいただいたことです

齋藤 健治氏(以下、齋藤) 燃えるシチュエーションがたくさんあると、それがプレイするモチベーションになりますから「このキャラクターとあの場面の組み合わせはできませんか?」と、あらかじめお願いしていました

玉利 もともと、プラチナゲームズさんと組む前から作っていたシナリオがあったのですが、齋藤さんからのリクエストを見ると、シナリオの核となる要素を変えないと整合性が取れなくなる部分が多々あったんですそれを消化するために、根幹から物語を作り直すことには最初は葛藤がありましたでも、話を詰めていくうちに、ゲーム全体でやりたいテーマが明確にあって、それを活かすためのシナリオが不可欠だということが、自分でも納得できたんですねそれで、逆にこちらからも「舞台は『MGS4』の後の話にしたらどうですか」と提案するなど、全面的にシナリオを作り直すことにしました

齋藤 こちらからもいろいろ提案させていただいて、バチバチやり合いながら詰めていきました当時は相当ギスギスしていたと思います(苦笑)

是角 物語のハイライトでもある、サムエルとの荒野の決闘シーンなども、その段階で入ることが決まっていましたね

齋藤 『メタルギア』シリーズとして、なくてはならない要素もあるのですが、固定された概念を壊していくべき部分もあり、そのバランスをにらみながら作り上げていきました 樹木養生のため閉園していた福島市渡利の観光名所「花見山公園」が約1年ぶりに一般開放されることが決まった桜が満開になる4月には、周辺に臨時駐車場を設置したり、花見山までのシャトルバスを運行したりするなど来訪者の受け入れ態勢もほぼ固まり、地元町内会や観光団体などでつくる花見山観光振興協議会は「再開を待ち望んでいた観光の活性化につなげたい」と期待を寄せている

 市内で29日開かれた協議会で決まった花見山は花卉(かき)農家の阿部一郎さんの私有地で、約50年前から無料開放されてきた5ヘクタールに約60種類の樹木が植えられ、花が見ごろを迎える2〜5月の来訪者数は、10年に過去最大の32万人を記録しかし、震災や原発事故で11年に9万4000人まで落ち込んだのを機に、12年3月から養生のため初めて閉鎖されていた
 トウカイザクラやソメイヨシノなど桜の見ごろとなる4月6〜29日には、周辺を交通規制し、市内の観光案内所などにボランティアガイドを配置する予定本誌では語りきれなかった、開発秘話も……?

●ブレーキを踏まない男たちが作り上げた渾身のアクション
――今回、日本庭園や下水道などの光景が新たに公開されましたが、いったいどのくらいのステージが登場するのでしょうか?

是角 有二氏(以下、是角) オープニングで雷電がサムエルにボコボコにやられてしまう、アフリカ某国を皮切りに、アブハジア、メキシコ、アメリカのデンバー……男性 財布 ブランド本誌では語りきれなかった、開発秘話も……?

●ブレーキを踏まない男たちが作り上げた渾身のアクション
――今回、日本庭園や下水道などの光景が新たに公開されましたが、いったいどのくらいのステージが登場するのでしょうか?

是角 有二氏(以下、是角) オープニングで雷電がサムエルにボコボコにやられてしまう、アフリカ某国を皮切りに、アブハジア、メキシコ、アメリカのデンバー……新作シャネルバッグ本誌では語りきれなかった、開発秘話も……?

●ブレーキを踏まない男たちが作り上げた渾身のアクション
――今回、日本庭園や下水道などの光景が新たに公開されましたが、いったいどのくらいのステージが登場するのでしょうか?

是角 有二氏(以下、是角) オープニングで雷電がサムエルにボコボコにやられてしまう、アフリカ某国を皮切りに、アブハジア、メキシコ、アメリカのデンバー……男性 財布 ブランド
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ