2013/4/3

資生堂の化粧品専門店ブランド「ベネフ  

資生堂の化粧品専門店ブランド「ベネフィーク」は、全国の男女600人を対象に“メークに関する意識調査”を実施男女それぞれの意識を掘り下げることで、今時のリアルなメークに対する価値観が明らかになった

【写真を見る】ズルビューを駆使して魅力的な目もとを作り出そう

まずは「女性のメークに不満を感じたことがある」と答えた男性を対象に、そのポイントを聞いてみたところ「地味すぎる」(45.8%)、「いつも印象が同じ」(33.3%)という意見が大半を占めたまた、女性のどのような顔に好感を持つか質問すると、仕事のある日は「目力がありつつナチュラルな顔」、デートや合コンの時は「頬にふんわり感のあるナチュラルな顔」、宴会やパーティの日は「目もと・口もと・頬など全てが華やかな顔」がそれぞれ人気を博しており、男性はシーン毎にメークの印象を変えてほしいと感じていることが判明した

続いて女性に、最も意識して行っているメークは何か聞いてみると、「フルメーク」(13.6%)や「ベースメーク」(7.9%)を押さえ、「ポイントメーク」(58.3%)という意見が過半数を占める結果になったさらに、実際に自分で行っているメークテクニックについて質問すると、「全体的にナチュラルでありつつ、目もとを強調するテクニック」が1位に、他人がやっていてズルいと思ったものや、これから習得したいメークテクニックとしては「作り込んだ感がないのに、異性に高感度を与えるテクニック」が1位にそれぞれ挙げられた

そして、男性には「女性のどのような部分のメークに注目しているか?」という質問を、女性には「特に念入りにメークを行う部分は?」という質問をしてみたところ、いずれも「目もと」という意見が一番多く、男女共にメークの鍵は目もとだと感じていることが判明したまた、これらの調査結果により、男性は「シーンによって印象の違うメーク」を、女性は「簡単なポイントメークで印象を変化させるテクニック」を、言い換えれば、ちゃっかり賢い、ズルいメークを求めていることも明らかになった

今回新発売となる「ベネフィークセオティ」は、目もとメークにちょい足しすることで“愛され顔”が実現できる新メーキャップアイテム商品ラインナップには、チャームポイントが集まる目もと周辺部分“マスカレードゾーン”に着目したアイテムが多数揃っており、いつものメーキャップに一手間加えるだけで、誰もを惹きつける魅力的な目もとが作り出せる

ベネフィークではこのテクニックを「目尻8mmのズルいビューティー(ズルビュー)メソッド」と命名まずはアイラインを目尻よりやや長めに描き、続いてマスカラをまつ毛の目尻を中心にたっぷりとつけるそして幅8mm、長さ8mmのつけまつ毛を目尻ぎりぎりに貼付すれば完成、というシンプルな工程なので、誰でも気軽に実践することができそうだ

この度発売される新メーキャップアイテムは、つけまつ毛、アイライナー、チークで“愛され顔”を実現するための三種の神器として定義これらをズルビューメソッドを用いて“ちょい足しメーク”することで、様々なシーンに合わせた愛され顔を演出できるようになっている「ベネフィーク」の新アイテム(全7種)は2月21日(木)発売なので、気になる人は同社サイトで概要を確認してもらいたい元ブラジル代表FWのペレ氏が、自身も所属したサントスの後輩である同国代表FWネイマールに苦言を呈したブラジル紙『エスタード・デ・サンパウロ』が伝えている

 ペレ氏は、ブラジル中の期待を集めるネイマールについて、「彼は素晴らしい選手だが、ブラジル国外での経験を持っていないブラジル国外では毎試合、彼は良くないよみんなは、ネイマールが代表チームの問題を全て解決してくれると思っているが、彼にその責任を背負う準備はできていない」と語るとともに、プレーに対する姿勢について痛烈な批判を展開した

「我々は彼に大きな信頼を寄せているが、彼は代表のレギュラーの1人なだけなんだ我々は彼を世界最高と思うが、彼はチームプレーよりもメディアにアピールすることに関心があるネイマールの肩には多くの責任がのしかかっている今のところ彼の最大の関心事は、ファッションと髪型だけどね」

 現在、21歳のネイマールはブラジル代表で27試合に出場して、17得点を記録しているまた、女性のどのような顔に好感を持つか質問すると、仕事のある日は「目力がありつつナチュラルな顔」、デートや合コンの時は「頬にふんわり感のあるナチュラルな顔」、宴会やパーティの日は「目もと・口もと・頬など全てが華やかな顔」がそれぞれ人気を博しており、男性はシーン毎にメークの印象を変えてほしいと感じていることが判明した財布 人気 女性また、女性のどのような顔に好感を持つか質問すると、仕事のある日は「目力がありつつナチュラルな顔」、デートや合コンの時は「頬にふんわり感のあるナチュラルな顔」、宴会やパーティの日は「目もと・口もと・頬など全てが華やかな顔」がそれぞれ人気を博しており、男性はシーン毎にメークの印象を変えてほしいと感じていることが判明したルイヴィトン 財布 メンズまた、女性のどのような顔に好感を持つか質問すると、仕事のある日は「目力がありつつナチュラルな顔」、デートや合コンの時は「頬にふんわり感のあるナチュラルな顔」、宴会やパーティの日は「目もと・口もと・頬など全てが華やかな顔」がそれぞれ人気を博しており、男性はシーン毎にメークの印象を変えてほしいと感じていることが判明したiPhone 5 ケースコピー
0

2013/4/3

 東京マラソン2013(24日開催)は、21  

 東京マラソン2013(24日開催)は、21日、給水・給食、救護所入りのコースマップを公式ウェブサイトにアップした

 給水ポイントは全15ヵ所 現地時間(以下、現地時間)21日、スペイン バルセロナのカタロニア サーキットで行なわれている今年2度目のF1合同テストは3日目を迎え、フェラーリのフェルナンド アロンソがトップに立って母国のファンを満足させた『ロイター』通信が伝えている

 この日は曇り、気温8〜15℃、路面温度9〜18℃のドライコンディション全11チームから12人のドライバーが出走した

 F.アロンソは1分21秒875と今回のテストにおけるベストタイムを記録しているこれは午前中にソフトタイヤで出したもので、午後は多くのチームがレースシミュレーションに取り組んだバルセロナテストで初めてニューマシン『F138』を走らせていたF.アロンソだが、翌日からはフェリペ マッサがテストを担当する

 昨年、このサーキットで行なわれたスペインGPでは、ポールポジションを獲得したルイス ハミルトン(当時マクラーレン)のタイムは1分21秒707、予選3番手のF.アロンソは1分22秒302というものだったF.アロンソは「空力を色々試して、タイヤのタレと挙動を把握するために、初めてセットアップの変更もしたどんな変更を加えても、マシンは思い通りに動いたよ今年もまた、タイヤの管理が重要だこれまでより柔らかく、速くなったけど、その分一貫性が減って、毎周タレていくマシンのバランスを最適なものにするためにやることは多いただ、それはどのチームも同じだね」と振り返っている

 0.285秒差の2番手にはザウバーのニコ ヒュルケンベルグがつけたロータスのロマン グロージャンがレース距離を走破してから、3番手タイムを残しているマクラーレンはセルヒオ ペレスが前日にトップタイムを叩き出していたが、この日テストに参加したジェンソン バトンは7番手だった

 フォースインディアではシート獲得を目指すエイドリアン スーティルが、ほぼ1年ぶりにコックピットに復帰78周を消化し8番手となった翌日は雨の予報もある中、A.スーティルとシートを争うジュール ビアンキがテストに臨むレッドブルのマーク ウェバーは9番手だった
会2日目に、高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)が今季8勝目をあげて、W杯の男女ジャンプで、日本人初の総合優勝を果たした日本人のW杯総合優勝は、ノルディック複合の荻原健司以来、18シーズンぶりの快挙だった

元記事はこちら

 今季の状況を見ると、彼女の女王獲得は時間の問題だったその理由は、昨シーズンの第1回W杯を圧倒的な力で制したサラ・ヘンドリクソン(アメリカ)が、春先の故障で出遅れていたからだ

 さらにジャンプスーツのルール改正も追い風になった当初の改正はジャンプスーツでの有利不利をなくすためにと、それまでは+6cmだった大きさを、体と同サイズの+0cmとした

 その対応にいち早く着手した高梨は、ヘンドリクソンが出場できなかった夏のサマーグランプリで総合優勝を果たし、早々と優位に立ったのだ

 国際スキー連盟は秋になってから、「+0cmではスーツの消耗が激しすぎる」という理由で+2cmにルールを変更したスーツが少し大きくなり、夏の間は不振だった選手たちには追い風になったが、高梨は「今まで0cmでやってきて、プラス2cmになったらもっと(気持ちに)余裕が出てくるだろうから」と、動揺することもなかった

 その自信は、冬シーズンが開幕するとともに証明された11月末に行なわれた開幕戦のリレハンメル大会で優勝し、12月のソチ大会は風の不利もあったが、それでも2位と3位続くラムソー大会では2連勝と、W杯ランキング首位を独走し始めた

 それに対してヘンドリクソンは、開幕戦で2位、第2戦で優勝と底力を見せたものの、第3戦に表彰台を外れると、そこからは10位前後の結果が続くという不安定なジャンプを繰り返した

 今シーズンの高梨の試合を見ていると、同じ風の条件ならば、他の誰よりも飛距離を出せるような状態だったその大きな要因となっているのが、助走姿勢の安定感だ体を小さく折り曲げた低い姿勢で、しっかりとスキーに乗って滑り降りてくるため、踏み切りでもイメージした通りに台へ圧力をかけて立ち上がれ、空中へとつなげられるのだ

 さらに今季からは、選手が滑る助走路も※クーリングシステムを採用し、アイスバーンになったことも彼女の追い風になったバランス感覚が優れた高梨が、安定した滑りを出来るようになったからだ

※クーリングシステム
レーンが冷えるように作られ、アイスバーン状態を保てるようになっている

 事実、そのシステムをまだ作っていない札幌の宮の森ジャンプ台での試合は、助走路の雪が緩んだり降雪があったりしてうまく滑れなかったその上、風の条件も悪いという不運が重なり、12位と5位という成績にそのあとのクーリングシステムがしっかりしている蔵王大会とリュブノ大会では4連勝を果たし、2戦を残してW杯総合優勝を決めたのだ

 身長152cmで体重が45kgと特に小柄であるにも関わらず、リュブノ大会では、ヘンドリクソンを上回り、全選手中でも平均値を上回る助走スピードを出していた体重が重い方がスピードは出るが、最も小柄な部類の彼女はその体格差を、正確な位置に乗ることでカバーしている

 高梨にとって今季の総合優勝は、来年のソチ五輪へ向けて大きな自信になったことは間違いないしかし、だからといって本番で、楽に勝てるかといえば、そうとは限らないというのが正直なところだ

 その理由のひとつとして、高梨は飛行曲線が高く、若干上目から着地するため、着地で両足を前後にずらして両手を左右に広げる“テレマーク姿勢”を取るのが苦手だということがあるまた小柄であるために、大柄な選手に比べてテレマーク姿勢自体が小さく見えてしまうことも、得点に影響してくる

 今季からのルール改正でコーチがゲートを下げるリクエストが出来るようになり、それを使って、あえてゲートを下げてゲートファクター(ゲートの位置による得点)をもらい、なおかつ飛距離を伸ばし過ぎないで、テレマーク姿勢を確実にできるところに着地して得点を稼ぐという戦法で勝った試合もある高梨自身着地技術の向上に努めているが、その作戦を大舞台でうまく使えるかどうかもカギになるだろう

 それに加え、昨季より確実にレベルをあげてきたヨーロッパ勢が、『打倒・高梨』を合言葉にどこまでレベルアップを図ってくるか、というところも重要なポイントだその要素のひとつとして、今季の女子ジャンプではあまり気にしていなかったと思われる、ジャンプスーツ対策があるヘンドリクソンの所属するアメリカは、男子選手の活躍がなく、開発はそれほど進んでいないのが現状だろうが、ヨーロッパ勢は別なのだ男子は+2cmというルールの中で毎試合のように新しいカッティングのスーツを試して、最良のものを見つけようとしているさらに靴の中の細かい細工などにも力を入れていると聞くそんな男子で開発している用具のノウハウを、五輪ともなれば女子に導入してくるのは必至だそこに日本側としてどう対応していくか給水は全地点でできるほか、スペシャルドリンクとスポーツドリンクは5km付近の第1給水ポイントから約5km毎の8ヵ所で、給食は後半22km付近の第8給水ポイントから約5km毎の4ヵ所で提供される

 また救護所はスタートとフィニッシュを含む14ヵ所前半は約5km毎、後半は2〜3km毎に設定されている

 いっぽうコース上のトイレは68ヵ所、うち身障者用は18ヵ所だ

 この日は曇り、気温8〜15℃、路面温度9〜18℃のドライコンディション携帯ケース コピー

 この日は曇り、気温8〜15℃、路面温度9〜18℃のドライコンディションヴィトン公式店舗

 この日は曇り、気温8〜15℃、路面温度9〜18℃のドライコンディションルイヴィトン 新作
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ