2013/1/3

タレント関根麻里(28)が韓国人歌  

タレント関根麻里(28)が韓国人歌手K(ケイ=29)との熱愛を報じられ、関根の所属事務所は20日、「仲良くはさせてもらっていますが、結婚はありません」とコメントした

 お相手のKは05年に日本デビューし、いわゆる「K―POPブーム」の創成期から活動している報道によると、2人の出会いは2009年のラジオ番組の共演で交際は3年関根の父・関根勤(59)にも紹介済みだという

 関根は現在、日本テレビ朝の帯の情報番組「ZIP!」のレギュラーMCを務めている

「売れっ子になった今でも、局の社員でない制作会社の若いスタッフにまで腰が低い」(日テレ関係者)現場での好感度も高く、今回の熱愛に関しても歓迎ムードだという

「メーンMCに華やかな話題があるのは番組にとっても悪いことじゃないZIPが始まってからは万全の体調で臨むため毎日夜9時に寝ているというまじめな関根には、皆幸せになってほしいと思っています」(前同)

 2人の関係を知る芸能プロ関係者は「Kのライブにはしょっちゅう行っているのは事実ですから、友達以上の関係なのは間違いないでしょう近い将来、30歳前に結婚というくらいはあるかも」と話しているが、このままゴールインはあり得るのか 米国「財政の崖」の行方に対する懸念が再び強まっている日本株は底堅さもみせているが、短期的な過熱感もあり、利益確定売りが優勢になったリスクオフの円買いの動きも出ている

国内の年内イベントがほぼ一巡し年末も近づくなかで、来週発足する安倍新政権の政策実行力を見極めたいとのムードも強くなってきた歳入が伸びない中での財政拡大には海外ファイナンスの壁が待ち構えるとの指摘もある

<日本株のウエート引き上げ需要が継続>

日本時間に入ってGLOBEX(シカゴの24時間金融先物取引システム)で米株先物が急落した米国の「財政の崖」への懸念が強まったためで、ダウ先物はストップロスを巻き込んで一時200ドル以上、下落した米共和党のベイナー下院議長が20日(米時間)に「財政の崖」回避に向けてオバマ大統領から譲歩を引き出すため、自らが提案した「プランB」を下院で採決する考えだったが、共和党内から十分な支持が得られず、採決の断念を余儀なくされたためで、協議の行方に一段と不透明感が高まった

市場では「マーケットのコンセンサスは28日までには決着するというものだが、協議が決裂して『崖から落ちる』格好になれば、ドル/円は来年冒頭から急落するリスクがある」(三井住友銀行シニアグローバルマーケッツアナリストの岡川聡氏)と警戒感が広がり、リスクオフムードが拡大為替市場では円買いの動きが強まり、一時83円後半までドル安/円高が進んだほか、日経平均も3日ぶりに1万円を割り込んで引けた

ただ、「財政の崖」について「最終的な合意というメーンシナリオは変わらない」(みずほ証券・チーフ債券ストラテジストの三浦哲也氏)との声は依然多い「留守番役」のディーラーがニュースに振り回されているだけとの指摘もあるが、不透明感の強まりに、年末に向けたポジションの「そぎ落とし」も加速している

ある国内金融機関のクレジット関係者は「財政の崖をめぐる協議は、日本の消費税引き上げを巡る動きと同様に、政治の駆け引きための道具に使われているため、ギリギリのタイミングまで解決しないのではないか」と指摘仮に合意に失敗すると、米国民の生活にダメージを与え、支持率低下を招くため、最終的に妥協せざる得ないとしながらも、楽観と悲観を繰り返すとみている

<財政拡大続けば国内ファイナンス困難にも>

日本株は底堅さもみせるが、下支える海外勢の買いは、やや質的に異なってきているとの指摘もある「序盤は日本を良くみているグローバルマクロ系のヘッジファンドなどが買っていたが、現在は様子見次に年金など長期投資家の買いが入ってきたが、昨日くらいから一巡している現在は日本株の上昇で機械的にウエートを高めなければならない機関投資家などの買いが中心だ」(大手証券トレーダー)という

日本株の「先導役」であるヘッジファンドなど海外勢は「来週発足する安倍新政権の政策実行力を見極めようとしている」(米系証券エコノミスト)とされる現在は、金融政策に注目が集まっているが、もう一つの大きなポイントは財政政策の拡大度合と質的内容だ

一部のエコノミストはマクロバランス上の限界に注目している経常収支は政府収支と民間収支の合計だが、SMBC日興証券チーフエコノミスト牧野潤一氏の試算によると、経常黒字見通しを6兆円とした場合、今年度ベースで政府収支は44兆円の赤字(国債発行額)であるから、民間収支は50兆円の黒字となるGDPギャップを埋めるためには15兆円程度の需要追加が必要になるが、これをすべて財政支出で埋めようとすると、政府収支は59兆円の財政赤字となる民間収支は50兆円しかないため、9兆円を海外からファイナンスする必要が出てくるという

ただ10年債で0.7%台の利回りしかない日本国債を海外勢が買ってくれるかは期待薄だ「現在は国内勢が決定力を有しているが、海外勢の力に頼ることになった場合、金利上昇のおそれは強まる」(T&Dアセットマネジメントのチーフエコノミスト、神谷尚志氏)大型補正予算で政府赤字が拡大すれば、海外に頼る割合はさらに大きくなるほか、貿易赤字の拡大で経常黒字の継続も確実とは言えなくなっている日銀が国債購入を増額しても、直接引き受けを禁じている現時点では市場からの購入であり、マーケットに一度国債を出して「審判」を受けなければならないことには変わりがない

一方、日銀によると、家計の純金融資産と地方公共団体などを含む一般政府の債務残高の差額が9月末に22.4兆円と過去最小になり、逆転が視野に入った国債の消化を支えてきた国内マネーは構造変化を起こし始めている

「財政政策がその分のリターンを国内に生み出せばいいが、必要性の低い道路や橋梁を作っても、生産性は向上しない」とSMBC日興証券の牧野氏は指摘するいくら公共投資などを拡大しても、国内に利益を生まない場合は、将来の償還時に、海外にマネーが流出するだけということにもなりかねないという関根の父・関根勤(59)にも紹介済みだというシャネル 財布関根の父・関根勤(59)にも紹介済みだというヴィトン 財布 コピー関根の父・関根勤(59)にも紹介済みだというグッチ長財布
0

2013/1/3

は前回に引き続き、主婦のスマートフォン  

 今回は前回に引き続き、主婦のスマートフォン利用に関しての座談会風景をお届けするフィーチャーフォンの時代と異なり、スマートフォンの利用では月額料金をあまり気にしないという声が多かったしかし、月額料金がほぼ変わらないからこそ、余分な出費に関しては厳しい一面もまた、Webサービス(Mydocomo)を活用し、海外ローミングの契約やクーポンを利用しているという実態も明らかになっている

他の写真を見る

■座談会参加メンバー

・相馬:29歳IT系サービス企業勤務結婚2年目
・片山:39歳主婦子供は小学校3年生の女の子
・鴈本:36歳主婦子供は小学校3年生の男の子と1年生の女の子

--まわりにドコモユーザーって多いですか?乗り換えとかは考えませんか?

片山:スマートフォンに乗り換えるときに一瞬考えましたが、ドコモ歴が10年だったので、割引が効くのと、あとドコモポイントが溜まっていて、それが1万2000円位で“それは捨てられない”ということでドコモにとどまりました
相馬:やっぱり家族がドコモだと、ファミ割が結構大きいので、やめられないですね
鴈本:乗り換えるというと、家族4〜5人だけじゃなく実家も関係してきますんで、一大ムーブメントになりますね

●ポイントをお得に活用しているケースも

--他の方は自分のドコモポイントってご存知ですか?

相馬:明細を見ればわかると思いますが、普段は気にしないですね
鴈本:私は前回の機種変で使いました4,000円分ぐらいたまっていたと思います

--ひとつのキャリアの端末の使用歴が長いと、キャンペーンを利用したりしてますか?
例えば、抽選で1万人に1000ドコモポイントをプレゼントというのもあって、住所変更でもなんでも、ドコモのWeb(各種お申込・お手続きサイト)で手続きを行えば対象になるらしいですが

全員:知らなかったですね抽選?もれなくではないんですね(笑)
片山:私はドコモプレミアクラブに入っているので、ポイントに関しても毎月案内メールでくるんですディズニーのカレンダーが当たるよ、とかお得なキャンペーンのお知らせとかがくるんですよ

--プレミアクラブについて教えてもらいたいのですが?

片山:たまにメールでアンケートがやってきて、それに答えるとポイントがもらえたり3〜6ポイントぐらいですね
鴈本:私も入っているみたいです(笑)でも、どうお得なのかはちょっと理解してないです
片山:クーポンがあるんですよたとえばドトールにいってクーポンを見せると、サイズアップしてくれたりするんです暇なときは、スマートフォンでMydocomoを開いてクーポンを落としたりしてますね
相馬:へぇー博報堂の博報堂スマートグリッドビジネス推進室は12月20日、2012年8月と10月に実施した第3回「スマートグリッドに関する生活者調査」の調査結果を発表した同調査では、スクリーニング調査と詳細調査の2回が行われた

【拡大画像や他の画像】

8月の調査では調査対象がスクリーニング調査9,367名(20〜60代男女)、詳細本調査計1,000名(男性500名、女性500名)で、10月の調査では調査対象がスクリーニング調査が4万9,466名(20〜60代男女合計)、機器導入者調査が484名(20〜60代男女)となっている

発表によると、「スマートグリッドの認知状況」については、「スマートグリッド」という言葉の認知率は、2011年とほぼ変わらず50.3%関連機器別では、スマートメーターとスマートハウスの認知がアップし、スマートハウスの認知率は、2011年より28.5ポイントアップの68.7%という結果となった

また、「スマートグリッド」という言葉について「意味まで知っている」「聞いたことがある」と答えた人は50.3%で、2011年の51.0%とほぼ変わずスマートグリッド機器関連ごとの認知率については、2011年度から認知率がほぼ100%であった「電気自動車」「太陽光発電システム」「オール電化」については、変化がないものの、それ以外の機器はすべて認知率がアップしている

「興味関心」については、認知率の上がっているスマートメーター、スマートハウスについては興味関心度が2011年に比べてアップしていたものの、その他についてはほとんど変わらないか微減となった

「スマートグリッド関連商品の導入状況」については、「太陽光発電システム」が4.56%と伸びてきており、時系列では、2008年から右肩上がりで伸びてきている

スマートグリッド関連サービスの「導入判断の要素」については、「太陽光発電」は、「電気代がお得になることを知ったため:44%」が最も多く、ついで「導入価格が下がってきていることを知ったため:44%」「家庭用蓄電池」は「防災に対する意識が高まったため:30%」「節電に対する意識が高まったため:28%」が多く、経済面よりも、エネルギーの防衛意識が強く表れた

結果として、「経済的な節約」、「電気代がお得」などの経済的な理由が多くあったものの、機器によって、それぞれ特徴がでる結果となった

また、「自宅のエネルギーコントロールについての意識」については、「自宅のエネルギー消費量を把握しておきたい」人は66.3%となり、およそ3分の2の人がエネルギー量の把握意識があることがわかった

エネルギーのコントロールの方法については、「できる限り自分の意思でコントロールしたい」は56.9%と過半数を超える一方で、「多少お金をかけても自動でコントロールしたい:19.4%」「モバイル機器などにより屋外からでもコントロールしたい:20.3%」という結果となっているまた、Webサービス(Mydocomo)を活用し、海外ローミングの契約やクーポンを利用しているという実態も明らかになっているシャネル 財布また、Webサービス(Mydocomo)を活用し、海外ローミングの契約やクーポンを利用しているという実態も明らかになっているルイヴィトン 財布また、Webサービス(Mydocomo)を活用し、海外ローミングの契約やクーポンを利用しているという実態も明らかになっているグッチ長財布
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ