少子化による公立廃校、2011年度474校…文科省発表  

少子化による公立廃校、2011年度474校…文科省発表

 文部科学省は、9月14日、2011年度新たに廃校になった公立学校数が全国で474校であると発表した。少子化による児童生徒数の減少や、市町村合併の影響などが原因とみられ、調査を開始した1992年度から2011年度までの20年間で、6,834校の公立学校が廃校になっている。ルイヴィトンメールオーダー

他の写真を見る

 2011年度廃校した474校の内訳は、小学校323校、中学校93校、高校50校、特別支援学校8校。昨年度の廃校数は559校で、調査開始以来、毎年400校から500校前後の公立学校が廃校となっている。腕時計 ブランドまた、2012年5月1日現在において在学者がいないため休校となっている学校数は435校だった。

 調査開始からの都道府県別の廃校数は、北海道が最多の760校。ルイヴィトンメールオーダー次いで東京389校、新潟303校と続く。最も少ない廃校数は滋賀の32校だった。時計 コピー

 現存する廃校施設数は4,222校で、70.2%の2,963校が、社会教育施設、老人福祉施設、保育所、民間企業の工場やオフィスなどに活用されている。一方、23.7%の1,000校は利用の予定がなく有効活用されていない。時計販売店

 廃校施設の利用予定がない理由としては、活用を検討しているものの地域からの要望がない、活用方法がわからないといったことが挙げられている。

 文科省ではその課題の解消のため、2010年、「みんなの廃校」プロジェクトを立ち上げた。腕時計 ブランド活用方法、利用者などを募集している廃校施設の情報を、各地方公共団体が希望するものに限りホームページ上で公表し、企業や学校などの活用ニーズとのマッチングを図っている。

 また、廃校施設の活用にあたり必要となる財産処分手続を大幅に弾力化したり、利用可能な補助制度を紹介したりするなど、各地方公共団体が積極的に活用できるよう支援している。腕時計 ブランドアクション・エンターテイメント映画『Black&White/ブラック&ホワイト』のブルーレイが14日にリリースされた。ブルーレイには、劇場公開時と別のエンディングが収録されているほか、未公開シーンやNGシーン集などが盛り込まれている。腕時計 ブランド

他の写真を見る

 ブルーレイに収録された特別映像のうち未公開シーンの一部が、ウェブでは『RBB TODAY』独占で掲載解禁になった。解禁された映像は、2人の男性の間で揺れ動くローレンとその女友達たちによる、独身最後のバチェラーパーティーの女性版。時計販売店

 マッチョな男性ストリップを楽しみながら、結婚したばかりの女性や結婚適齢期の女性たちの赤裸々なガールズトークが展開されている。女性たちのホンネが見えるシーンだけに、男性には刺激が強いかもしれない。ロレックス 販売ブルーレイは発売中、DVDは10月12日リリース予定だ。

ストーリー……親友でCIAの強力コンビでもあるF. D. R(演:クリス・パイン)とタック(演:トム・ハーディ)は任務で失態をおかし部内勤務になるが、それぞれ女性と知り合って夢中。時計販売店しかし相手の女性ローレン(演:リーズ・ウィザースプーン)は同一人物だった。タックとF・D・Rは任務と偽って精鋭チームを招集、史上最大の恋の戦争を始める。SEO
0

 夏の甲子園第2日の9日、佐久長聖は第1試合で作新学院(栃木)と対戦した  

 夏の甲子園第2日の9日、佐久長聖は第1試合で作新学院(栃木)と対戦した。5−9で逆転負けし、甲子園での10年ぶりの勝利はならなかった。一回に3点を先制し、三回にも1点を追加。逆転されたが、5点を追う七回に1点を返し、最後まで諦めない姿勢を見せた。試合終了後、アルプス席の約3500人の応援団は「よく頑張った」と温かい拍手を送った。【巽賢司、荒木涼子】
 ▽1回戦
作新学院 000302400=9
佐久長聖 301000100=5
 序盤は強力打線が力を発揮した。一回2死三塁から寺尾竜生選手(3年)の左前適時安打で先制すると、板垣隼斗選手(3年)の右越え適時二塁打、小川大樹選手(2年)の左前適時二塁打で2点追加し、一挙3点を奪った。アルプス席にいた生徒たちからは「すごいすごい」と歓声が上がった。三回にも小川選手のこの日2本目となる適時安打で1点追加した。
 しかし、六回。エースの五味直也投手(3年)が、逆転の2点本塁打を打たれ、マウンド上でうなだれた。七回までに2失策を絡め、五味、塩川博紀(3年)両投手で9点を奪われた。
 5点を追う七回裏、「思いっ切り打とう」と打席に入った森井駿太郎選手(3年)が左翼に本塁打を放ち4点差に迫ると、再びアルプス席が沸く。右拳をつき上げてベースを一周する息子を見て、父・英博さん(47)は「まだ逆転を信じている」と更に声を張り上げて応援した。
 反撃もここまでだった。しかし、試合後、涙を流す選手は少なかった。柳沢辰弥選手(3年)は「やり切った。甲子園は本当に楽しくて幸せだった」と締めくくった。
 3自責点だった五味投手は自身の投球について「力がなかった。守備にミスがあった時こそ、自分が抑えなければ」と悔やんだ。一方、10年ぶりに夏の甲子園の土を踏んだことに「ベンチに入れない3年生を甲子園に連れてこられ、いい形で終われた」と満足した。宍戸建太主将(3年)は「(今年4月に就任した)藤原弘介監督に感謝している。もう少し早く出会いたかった」と恩師に感謝した。
 ◇被災地からお守り
 ○…佐久長聖の選手たちは野球用具を入れるバッグに小さな木札(木曽産ヒノキ、長さ約10センチ)のお守りを付けて初戦を戦った。藤原弘介監督(38)も「絆 必勝」と書いた木札(陸前高田市産の松、同約25センチ)をバッグに入れた。札は、東日本大震災で被災した陸前高田市の村上製材所経営、村上富夫さん(64)が7月末、チームに贈った。被災地に派遣された佐久長聖OBの佐久市職員と村上さんが知り合ったことが縁。「一生懸命プレーしてもらいたい。そして被災地を忘れないでほしい」と村上さん。SEO
0




AutoPage最新お知らせ