(無題)  

中古車大手ガリバーインターナショナル(東京都千代田区)は17日、タイの合弁会社V―ガリバーが東南アジア1号店をバンコクのシーナカリン通りに開店したと発表した。敷地面積1709平方メートル、延床面積207平方メートルで、車両展示台数は40―50台。

 タイでは今後、「複数ブランドの取り扱い」 と 「高品質な中古車やサービス」 を提供するブランドとして、フランチャイズ方式で店舗展開を進め、2号店を北部ナコンサワン、3号店を北部チェンマイに出店。2016年2月までに300店舗展開を目指す。

 2015年2月をめどにインドネシアにも進出する予定。

 タイでの中古車登録台数は推計で年間約200万台で、新車市場の約1・7倍。販売の中心は、幹線道路沿いの場所をオーナーが20―30店ほどの中古車事業者に場貸しする「テント」と呼ばれる中古車販売店だ。「テント」は全国で2000社程度あるとみられる。「テント」で販売される中古車は「保証なし」「現状渡し」がほとんどで、試乗出来ないことも多い。「テント」以外に、新車ディーラーによる認定中古車販売も行われているが、下取りで新車販売をサポートする側面が強い上、扱うのは自社ブランドだけで、中古車登録台数の数パーセント程度とシェアは低い。

東南アジアの中古車の需要が高いのって本当だったのね。

自動車保険の等級はこんなときどうなる?
0

自動車ライター注目のクルマ  

「まさか!」「ホントに!?」、そんな声が聞こえてきそうなニュースだった。年明け早々、「シャア専用オーリス」市販化が発表されたのだ。コンセプトカーだった同車の反響があまりにも大きかったことから市販化が決定。しかも同車のために、「ジオニックトヨタ」社なるバーチャルカンパニーまで設立したという。

。「クルマ×アニメ」の実例を振り返ってみよう。最初に触れなければならないのはレースの世界だ。SUPER GTでは、「エヴァンゲリオンレーシング」「初音ミクGTプロジェクト」が広く認知されており、過去には「LMP MOTORSPORT」(イカ娘フェラーリ)や「HANKOOK KTR」(涼宮ハルヒポルシェ)などもサーキットを駆け抜けた。いまやサーキットで「痛車」は珍しくない存在だ。

続いて公道を走る市販車。こちらはアニメファンが愛車をドレスアップした「痛車」が、ブームを通り越して定着したジャンルとなっている。ほぼ毎週、日本のどこかで「痛車」イベントが開催されており、最大規模のイベントでは1,000台以上の「痛車」が集まるというから驚きだ。ほんの数年前まで、「痛車」が街を走ればみんな驚いて振り返ったものだが、いまでは見慣れたという人も多いだろう。


通でない私には、ちょっとわかりませんが
わかる人にはわかるんですかね〜。
0




AutoPage最新お知らせ