コスチューム1990年代での発展

2013/2/4 
1990年代初頭のビジュアル系バンドブームの火付け役となるX JAPANのライブではファンによる凝ったコスチュームが披露され、これは2007年の復活後にも少数ながら見られた。1990年代にコスチュームの人口は増大し、コミケのコスチュームイヤーは1991年には約200人、1994年に約6000人、1997年には約8000人を数えた。

その頃から商業資本もコスチュームに着目するようになった。従来、コスチューム衣装はコスチュームイヤーによる自家製によるものしかなかったが、それらを既製服として製作・販売する業者「コスチュームパラダイス」(現・コスパ)が現れた。これは製作者の技術に出来が左右される自家製の物に対して、一定レベル以上の品質を保っていたために人気を集め、ブランドを確立している。コスパの成功以後、こうしたコスチューム衣装製作業社が増えた事で市場は拡大していった。

イベントについても、それまではコミックマーケットを始めとする同人誌即売会や、ワンダーフェスティバル、日本SF大会等において付随的に行われていた状態から、コスチューム単独のイベントも開催されるようになった。 形式としては、コスチュームをしてダンスミュージックやアニメソングに合わせて踊る「コスチュームダンスパーティーや、コスチュームイヤー同士が互いに交流や撮影を行ったり、アマチュアカメラマン(カメラ小僧)に撮影の場を提供する撮影会などがある。イベント会場は、東京ファッションタウン(TFTホール)や大田区産業プラザ(Pio)といった各種展示会場等が使われるが、ダンスパーティー形式ではディスコやクラブ等が使われる事もある。また、後楽園ゆうえんち(現東京ドームシティアトラクションズ)がハロウィンの仮装イベントとして始めたコスチュームイベントが切っ掛けとなって、各種遊園地やテーマパークでもイベントが行われるようになった。これとは別に、「東京ゲームショウ」や「キャラフェス」、「DreamParty」等といったコスチュームが可能な展示会等の各種イベントも開催されるようになっている。「コスチュームカフェ」と呼ばれる制服専門の同人誌即売会・コスチュームイベントや、特定のジャンルのコスチュームに限定したイベントも開催される。

同人誌即売会やコスチュームイベント情報を集めた情報誌が同人誌として発売され、インターネットの普及以後は情報サイトも登場した。コスチューム専門のムック・雑誌も発行され、2007年現在では『COSMODE』(インフォレスト)、『電撃Layers』(メディアワークス)、『CosCure』(livedoor Cure・双葉社)ほか多数存在する。
0

セクシーランジェリーに関する説明

2012/9/6 
注目なウェブについて≪extravaganzaweb≫のQAページを訪問いただきありがとうございます。

さてさて今日もセクシーランジェリーの話題に関して1つお送りしていきたいと思います。
本日取り上げる質問は以下のお話です。

セクシーランジェリーの情報を知っている人がいたら教えていただけませんか?

主に商品性など、セクシーランジェリーのことを詳しく知りたいにとっては知っておきたい内容ですね。

私もセクシーランジェリーの情報は気になるお話でございます。

それでは回答に行きたいと思います。

他のサイトを調べると「ランジェリーとは、仏語のリンネル=麻布を意味するランジュから派生して、元来は子供や婦人の下着、薄手の部屋着を意味したが、現代では素材、バリエーションが多様化するとともに装飾性のある女性用下着を意味する。衣類の下に着用して、お洒落を楽しむとともに衣類の滑りを滑らかにする下着の一種である。」と言われています。

詳しい内容はこちらのセクシーランジェリーのサイトが分かりやすいです。

セクシーランジェリーに関連する情報でした。

セクシーランジェリーの情報、納得していただけましたか。
0



AutoPage最新お知らせ