2013/4/1

今や、メールは日本人の基本的なコミュニケー  

今や、メールは日本人の基本的なコミュニケーション手段のひとつしかし、書く機会が増えた分だけ、「正しいメールの書き方」に頭を悩ませている人も多いのではないだろうか今回はビジネス編「催促メール」のポイントを解説する

◆「真っ先にやらねば!」と思わせる催促メール
サッカーJ2は第6節の31日、各地で11試合を行ったモンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で横浜Cに5―1で快勝した4連勝となり、通算成績は4勝2敗で勝ち点12前節3位から2位に上がった

 前半8分、FW万代宏樹のゴールで先制すると、同24分にMFロメロ・フランク、同31分にはFW中島裕希が得点し、3―0で折り返した後半早々に相手のオウンゴールで追加点を挙げたが、同16分に1点を返され、その後は押し込まれる場面もあったしかし、全員が体を張って守り、再び流れを引き寄せると、後半終了間際にDF中村太亮が直接FKを決め、突き放した

 神戸は2―1で松本に逆転勝ちし、勝ち点15で首位を守ったG大阪は札幌、徳島は京都、岡山は愛媛を下し、富山を含む4チームが同10となった

 山形は次節の4月7日、神戸市のノエビアスタジアム神戸で神戸と戦う


 【評】山形が攻守で横浜Cを圧倒立ち上がりから中盤でのプレスが効き、敵陣で攻撃の起点を何度もつくって流れを引き寄せたセカンドボールやルーズボールを粘り強く拾い、大量得点につなげた守備ではGK常沢の好セーブやDF陣の体を張ったプレーでピンチの芽を摘み取った

【青炎】体張って守備流れつかむ
 降りしきる雪を解かすような怒涛(どとう)のゴールラッシュにスタジアムは熱気に包まれた連動した守備でボールを奪う組織力、畳み掛けるように相手ゴールを脅かす迫力奥野僚右監督は「攻撃的な姿勢を最後まで貫いた」とイレブンをたたえた

 口火を切ったのはFW万代宏樹前半8分MFロメロ・フランクの左からの折り返しをゴール前に詰めて右足で流し込んだ「フランクが中にボールを入れてくれると信じていた」と、冷静に決めたこれで流れを引き寄せ、同24分にはロメロがFW中島裕希からのパスを受けて思い切り右足を振り抜く同31分には中島が相手DFと競り合いながらゴール立て続けに奪ったこの3点で勝負を決めた

 「高い位置でボールを取れればチャンスになる」好調な要因の一つに、体を張ってボールを奪いにいく万代の姿勢があるDF李周泳は「前線の選手がしっかりとプレスを掛け、相手のパスコースを限定してくれる攻撃のバリエーションが増えている」と話すまさに、「全員攻撃、全員守備」のチームカラーを存分に発揮できている

 後半42分のDF中村太亮の直接FKで締めくくったゴールショー「どのポジションからでも得点を決められるのが理想そこをうまく出せた」と中島鳴りやまない歓喜を生み出したのは、攻守にわたるアグレッシブなプレーと、信頼関係に裏打ちされたチームの一体感にほかならない

4戦連続出場・GK常沢、好セーブを連発
 4戦連続でゴールマウスを守るGK常沢聡前半15分、1対1の場面で相手シュートに鋭く反応するなど、好セーブを連発した「体はよく動いている」としたが、相手が押し込んできた後半に失点横浜Cの攻撃陣に中央でうまくボールをつながれ、途中出場のFW黒津勝にゴールを決められた「黒津さんにスピードがあるのは分かっていたのだがもっと的確に指示を出し、カウンターを防ぎたい」と次戦を見据えた

連係が良くなった
 奥野僚右監督の話 雪への対応として、はっきりとしたプレーとセカンドボールを拾うことを選手たちに求めたプレスが効き、ボールを奪う形が意思統一されていたと思う後半、相手のシステムが変更されたが、もっと柔軟性を持って対応できれば良かったシュートはもっと精度を高める必要があるただ、選手たちの連係は良くなり、想像力が結び付いてきた感じがする

【選手ひと言】
 ▽FW万代宏樹 (先制点を決め)久々のゴールで素直にうれしい4―0になった後、相手に押し込まれる場面はあったそこは改善したい

 ▽MFロメロ・フランク (3戦連続のゴールに)すごくうれしい目の前にこぼれてきたので、思い切り蹴ったセカンドボールや球際で負けないことが良かった

 ▽FW中島裕希 (3点目のゴールを決め)ファーストタッチがうまくいったので、あとは相手を振り切って決めた前線から連動した守備ができているチームが一丸となって戦えていると思う

 ▽DF中村太亮 (移籍後初ゴールとなる5点目を奪取し)狙い通りのコースに蹴ることができたこれからも山形で結果を残していくという気持ちが強くなった

山形新聞社もう寒くて、寒くてからだの芯まで冷え切ってしまった先週の香港から気温が約20度も低い10度弱花冷えの中、熱燗のごときアツいプレーが、いぶし銀の大島佐利(サントリー)の猛烈セービングだった
3月31日の日曜日、秩父宮ラグビー場7人制ラグビーの東京セブンズのシールドトーナメント(13−16位決定戦)初戦のポルトガル戦だった3点を追う後半4分桑水流裕策(コカ・コーラウエスト)が相手に圧力をかけ、ボールがこぼれた大島がそのボールに猛然と飛びこんだボール奪取右につないで、坂井克行(豊田自動織機)が中央に逆転トライを決めた
ゴールも決まって、19−15でポルトガルを下した試合後、大島は感極まって、涙を流した「泥臭く、からだを張ることが、僕の仕事だと思っていました下のボールへの反応では世界に勝っていきたいそこだけは絶対、負けたくなかったのです」なぜ泣いたのか、と問えば、しきりに照れた「前半に僕が反則をしまくったので、責任を感じていたのです勝って、“あぁよかったなあ”ってまあ、安どの涙みたいなものです」
大島は、瀬川智広ヘッドコーチから、「ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)は全部、ファイトしていい」と言われていただが、そこで強引にファイトしようとしては、ボールの奪い合いを妨げる「シーリングオフ」の反則をとられたのだった
「(ルールの)解釈の難しい部分がありましたやっぱり僕らもサポートにはやくいかなきゃいけないと焦り過ぎたと思いますジャパン全体として、相手よりはやくサポートについて、(空いた)いいところにボールを運ぼうと考えていましたから」
ジャパンは続くシールド決勝(13、14位決定戦)でカナダに14−27で敗れ、16チーム中14位に終わった香港、東京セブンズと戦い、世界トップクラスのチームとの差を痛感した「身体能力と言ってしまえば簡単ですけど」と漏らし、「フィジカル、パワーやスピードが違うでも逆に僕らの俊敏性や反応のはやさなどは世界に通じるなと感じました」収穫は「ここはイケる、ここはがんばらないといけないと分かった例えばスピードに乗ったアタックとか、意図したボール運びとか、ゲーム理解をもっと高めないと勝てません」
ブレイクダウンがジャパンの生命線であるだがジャパンはサポートが遅いから、どうしても判断も遅れた簡単にいえば、トップクラスと比べて精度不足、つまり雑だっただからターンオーバーを許したり、ペナルティーをとられたりしてしまう
「まずは基本のプレーがもっと細かいところまでできる集団にならなければいけないその上で全員がボールをどこに運ぶのかを理解して、意図したところでブレイクダウンをつくっていくことが日本のカタチになるのだと思います」
国学院栃木高1年の時、野球部からラグビー部に移った早大時代は、FWとバックスでプレーしていた181センチ、90キロサントリーに入って、3年が経った昨季は公式戦の出場機会がなく、2冠達成も、同期の日和佐篤や西川征克の活躍に悔しさも味わった
「もちろん同期には負けたくないとの気持ちがありますセブンズ(のジャパン)に呼んでもらった時も、自分を高めることができるチャンスかなと思いました少しでも試合に出て、世界のプレーを学びたいのです」
ジャパンはセブンズのワールドカップ(6月・モスクワ)に出場する「責任とプライド、この(ジャパンの)ジャージを着る重みを感じていますワールドカップは1つでも上の順位にいきたいオリンピックにも出場したい」桜の木のそばで25歳はまたも、独り言のようにつぶやいた「からだを張っていきたい」と
【「スポーツ屋台村」(五輪&ラグビー)より】
 まず、急ぎの確認はメールではなく電話で一報を入れることが大前提メールだと届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあるからだそのうえで、どれだけ案件が重要なのか説明する

 注意点は「予定」などのあいまいな表現を使わないこと人はメールの文章を都合良く解釈するので、要求が正しく伝わらないこともあるぞ

◆「真っ先にやらねば!」と思わせる催促メール
サッカーJ2は第6節の31日、各地で11試合を行ったルイヴィトン財布 2013

◆「真っ先にやらねば!」と思わせる催促メール
サッカーJ2は第6節の31日、各地で11試合を行った偽 ブランド品

◆「真っ先にやらねば!」と思わせる催促メール
サッカーJ2は第6節の31日、各地で11試合を行ったケース コピー
0

2013/4/1

ガストは、プレイステーション3ソフト『エスカ&ロジー  

ガストは、プレイステーション3ソフト『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術師〜』を6月27日に発売すると発表しました

画像28枚:『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術師〜』

本作は、PS3ソフト『アーシャのアトリエ』の正当続編で、外伝的作品を除くと通算15作目となる『アトリエ』シリーズ最新作です

舞台は、前作で登場した「黄昏の大地」の遙か西方にある、かつて錬金術で繁栄した国家が存在した地方世界では失われた錬金術の技術の発見と再生が求められており、世界の終わりを回避するために日夜研究が進んでいます

タイトルの通り、「エスカ」と「ロジー」という2人の主人公が登場し、PS3版のアトリエシリーズ作品としては初の「選べる主人公」制が採用されています同じストーリー展開でありながら、異なる視点・異なるプレイ感で周回プレイを楽しめるということですそれぞれの主人公と、異なるゲーム要素をご紹介します

■エスカ・メーリエ(CV:村川梨衣)
業績の悪い落ちこぼれの開発班に引き入れられた新人役人錬金術の腕は、小さい頃に母親に教わってからは独学だったため、まだまだ初心者も同然一族秘伝の古い様式の錬金術しか知らないが、自分の錬金術で人々が幸せになってくれればと願い、仕事に役立てようと努力する

エスカを選んだ場合、ゆるふわ系イベントが多めの「日常生活を見せるシナリオ」が展開従来のシリーズファン向けの主人公となっています

■ロジックス・フィクサリオ(CV:石川界人)
中央から派遣されて街へやってきた若い役人剣術と錬金術を組み合わせることで扱える最新式の錬金剣を駆使する錬金術士で、古いタイプの錬金術についてはあまり詳しくないとある事情で落ちこぼれの開発班へ配属させられる

ロジックス(通称ロジー)を選んだ場合、ややシリアスなイベントが多めの「世界観を表現するシナリオ」が展開一般RPGユーザー向けの主人公と言えるでしょう

その他のシステム面では、最大6人が参戦できるようになった戦闘や、「継承」「合成」の要素が新たに追加された奥深い調合システム、前作からさらに分かりやすく強化された「課題」の管理システムなどが特徴となっています詳細は続報をお待ちください

なお、本作の初回生産分には、ゲームまるまる1本がついてきます2008年にPS2ソフトとして発売された、アトリエシリーズ10作目となる『マナケミア2 〜落ちた学園と錬金術士たち〜』のダウンロードコードですこちらも2人から主人公が選べるという、ある意味本作の先駆け的な作品となっています

『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術師〜』は6月27日発売予定価格中国の国家衛生・計画生育委員会は31日、上海市と安徽省でこれまでヒトへの感染が確認されたことのないH7N9型鳥インフルエンザウイルスに3人が感染し、うち2人が死亡したことを発生した中国メディア・人民網は1日、「死者が出てから20日後にようやく発表」との見出しをつけて伝えた

 記事は、上海市の87歳と27歳の男性がそれぞれ2月中に発病し3月上旬に死亡し、安徽省の女性が3月15日に発病し現在も治療中であるとする同委員会の発表を紹介また、同委員会が3月30日にこの3人がH7N9型鳥インフルエンザウイルスに感染したと診断したことを伝えた

 一方で、今回の発表の「焦点」として、感染した2人が3月上旬に死亡したにもかかわらず約20日が経過した3月31日になってようやく発表されたことを挙げたそして、この疑問に対して同委員会が「H7N9型ウイルスは、世界で初めて発見されたウイルスであり、我が国の法定伝染病報告システムの対象外だった」とし、ウイルスの特定に相応の時間がかかったと説明したことを伝えた

 当局のコメントをそのまま受け取れば、今回の発表に至るまでに情報の隠ぺいがあったとは考えにくいそれでも、人民網があえて「20日後にようやく発表」との見出しを付したことは、10年前のSARS騒動に代表される、当局の隠ぺい体質に対して中国社会が敏感になっていることの表れと言えるだろう世界では失われた錬金術の技術の発見と再生が求められており、世界の終わりを回避するために日夜研究が進んでいますヴィトン 財布世界では失われた錬金術の技術の発見と再生が求められており、世界の終わりを回避するために日夜研究が進んでいますルイヴィトン バッグ 新作世界では失われた錬金術の技術の発見と再生が求められており、世界の終わりを回避するために日夜研究が進んでいますiPhone 5 ケースコピー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ