2013/4/8

素地のよさが発揮されたターン・バイ・ターンナビ  

3日、WHOはH7N9型鳥インフルエンザについて、「現段階で把握している状況からは、感染拡大の危険性は比較的低い」とした写真は今月3日、山東省青島市の病院で行われたH7N9型鳥インフルエンザの処置に関する訓練

2013年4月5日、中国・人民日報(電子版)の報道によると、世界保健機関(WHO)報道官は今月3日、H7N9型鳥インフルエンザウイルスについて、「宿主と感染経路の調査が重点」との見方を示したまた、現段階で把握している状況からは感染拡大の危険性は比較的低いとした

【その他の写真】

報道官は、「これまでのところ、人から人への感染の証拠は見つかっておらず、感染源についても結論は出ていないだが、ウイルスが人体に感染しやすく変異したことは把握している人から人への感染がなければ、感染拡大の危険性は比較的低いWHOとして緊急対策委員会を設置する計画はまだない」と述べた

報道官はまた、「中国はWHOと緊密な連絡を保ち、積極的にデータを報告している現段階で把握している証拠から見て、感染例は互いに関連性がなく、各症例での感染関係は存在しない」と述べた

上海市衛生・計画出産委員会によると、4日午後9時までに上海では新たに4人の感染が確認されたこれまで上海では6人の感染が確認され、うち4人が死亡している残る2人は現在治療が行われており、うち1人は子どもで症状は軽く、快復しつつある6人の間に関連性はない尾寿のMobile+Views:
 Appleの歴史は、失敗と試行錯誤の歴史でもある
 古くは「iPod」、近年では「iPhone」や「iPad」など、市場を丸ごと創造するような大成功がある一方で、市場から手痛い反応を受けた失敗作も少なくない

【画像:Appleの「マップ」とGoogleの「Google Maps」の比較、ほか】

 直近においてAppleの“失敗”と言われてもしかたなかったものは、昨年のiOS 6で投入されたApple純正の地図「マップ」だろうGoogle Mapsベースから独自仕様のものに改められたAppleのマップは投入当初のクオリティが著しく低く、とりわけ日本では製品版として未成熟なものだったその品質の低さはApple自身が認めるほどであり、同社のアプリストアである「App Store」で自らサードパーティー製の地図アプリを紹介するコーナーを作ったほどだ

 iPhone/iPadのアキレス腱となってしまったApple純正のマップだったが、iOS 6.1.3のリリースに合わせて大幅に機能を改善地図情報の修正やナビゲーション中の読み上げ精度の向上、ランドマークアイコンの追加など多くの修正が入った

 そこで今回は、この改善された新たな地図を都内でテスト通常の「マップ」と、その上のカーナビゲーション機能「ターン・バイ・ターン・ナビ」の実力を試してみた

●地図の情報量は改善 しかしGoogle Mapsには及ばず

 まず、利用することの多い通常の地図画面から見てみよう

 初期のiOSのマップでは、基本となる地図情報に誤りが多く、建物の位置がずれていたり、施設名がまったく異なっている部分が数多く見受けられた地図の基本が正確性であることを鑑みれば、まったく役に立たない代物だったのだ

 その状況がどれだけ改善されたのか

 iOS 6.1.3の地図をパッと見てもらうと分かるが、地図の内容はかなり改善された建物の位置や名称、形状などが大きく異なるということはなく、道路情報にも誤りはないまた都市部で問題だった地下鉄駅が分かりにくかったり、位置が違っていたりする点も改善された

 しかし、厳しい言い方をすれば、これは「地図として当然のこと」ができたまでであるようやく落第点から這い上がったというだけの話であり、これで優れた地図アプリになったわけではない

 それはGoogleの「Google Maps」と比較すればよく分かる

 AppleのマップとGoogle Mapsで同じ場所を表示してみると、Google Mapsでは線路・駅・高速道路・地下鉄/地下街の表示がうまく色分けされており、周囲の状況がとてもつかみやすいことが分かるまた建物・街区の区切りもはっきりしており、繁華街でも迷いにくい都市部では主要な地下鉄出入り口名がきちんと表記されていることも、Google Mapsの優れた点だ他方で、Appleのマップでは建物の形状や色分けに工夫が足りず、のっぺりとしていてパッと見ただけではわかりにくい今回のバージョンアップで地下鉄駅の位置こそ入ったが、地下通路や主要な地下鉄出入り口の情報がないのも大きなマイナスである

 Appleは以前からUIデザインにおいて無駄を省く「マイナスのデザイン」をモットーにしており、シンプルさが同社の製品・サービスの美しさの要因の1つだったしかし地図においては、このマイナスのデザインにおいて、“何を引いて何を残すか”・“何を強調するか”が重要になるGoogle Mapsはこの点において、日本で見やすい地図として必要な情報の取捨がうまく、結果として、万人に使いやすい地図アプリ/サービスになっている逆にAppleの地図では、日本の地図として必要な情報が足りない一方で、ランドマークとして重要性の低い施設・店舗の情報があったりと、いまだ「ちぐはぐな印象」を強く受ける

 地図はとても地域性が高いもので、そのぞれの国でどのようにして街や交通網が作られてきたのか、という文化的・歴史的な背景の影響を色濃く受けるそれゆえに使いやすい地図を作るには、この地域性に根ざした作り込みが不可欠だAppleにはさらなる地図情報の改善と、日本の地域性に合わせた最適化に期待したいところである

●素地のよさが発揮されたターン・バイ・ターンナビ

 一方、Appleが当初から注力していたカーナビゲーション機能「ターン・バイ・ターン・ナビ」では、めざましい改善と進歩が見られた

 このターン・バイ・ターン・ナビについては、筆者は以前から「素地のよさ」を感じていたシンプルな目的地設定のUIから始まり、iPhoneの画面サイズでも無理なく必要な情報を表示し、交差点など案内地点を自動アニメーションで見やすくするデザインなどはとても秀逸なところだったGPS信号の捕捉の速さやマップマッチング精度の高さなど基本性能も優れており、“カーナビ”としての潜在力はかなり高いと感じていた

 しかし、その一方で、日本向けに投入するには、当初のターン・バイ・ターン・ナビの地域最適化がお粗末だったのも事実であるナビゲーションの方法が道路名を案内していく“米国方式”であったことに始まり、交差点情報や一方通行以外の道路規制情報が入っていないなど問題が多々あったさらに致命的だったのが「環七通り」を「わななどおり」と読み上げるなど、音声ガイダンスがでたらめな日本語だったことだターン・バイ・ターン・ナビの“器”の部分は秀逸なのに、ナビゲーションの“中身”の品質と地域最適化が伴わず、残念なものになっていたのである

 しかし今回、iOS 6.1.3のマップになって、これらの問題が一気に払拭された

 ルート演算アルゴリズムが改善されてルートはより的確になり、ナビゲーションの案内は交差点をもとにした“日本式”に改められたあのでたらめだった音声ガイダンスの日本語も改善誤った名称で読み上げをするといった問題も解消された

 となると、ターン・バイ・ターン・ナビの素地のよさが生きてくるGPSのみでも高精度な位置測位を行い、iPhoneの画面サイズに最適化された地図とナビゲーション画面はとても見やすい特に右左折する交差点が近づくと、自動的に地図が拡大しながら角度が変わり見やすくなるといったUIデザインは見た目がいいだけでなく、とても実用的なものだこういった美点が引き立ってくるのである

 むろん、いまだ不満なところもある

 Appleのターン・バイ・ターン・ナビでは、今のところリアルタイム渋滞情報にまったく対応していない米国では既存の渋滞情報サービスに加えて、独自のプローブ渋滞情報サービスまで立ち上げているのだが、日本ではオンデマンドVICSにも対応していないのであるこのあたりはナビタイムジャパンの「カーナビタイム for Smartphone」やNTTドコモの「ドコモ ドライブネット」など有料のスマートフォン向けカーナビサービスと比較して、大きく見劣りするところだまた、日本語の音声ガイダンスについても、漢字の読み方を間違えるといった致命的な問題は解消されたものの、日本語の発音がまだ不自然なところが見受けられた運転中のルート案内では音声案内が聞き取りやすいかが重要になるため、ここもさらなる改善に期待したいところである

●無料の「地図+カーナビ」としては合格点

 今回はやや厳しい評価になったが、Appleのマップが短期間で改善されたのは確かだ無料の「地図+カーナビサービス」として見れば、十分に合格点に達したといえるだろうとりわけターン・バイ・ターン・ナビの機能は、UIデザインのよさもあって実用性・満足感の高いものだったリアルタイム渋滞情報がないことを除けば、“無料のカーナビ”として十分に実用に足るだろう

 Appleにとってアキレス腱だった「マップ」だが、ようやく汚名返上はできそうだしかし、これはまだスタートラインまた、現段階で把握している状況からは感染拡大の危険性は比較的低いとしたルイヴィトン バッグ 新作また、現段階で把握している状況からは感染拡大の危険性は比較的低いとしたlouis vuitton バッグまた、現段階で把握している状況からは感染拡大の危険性は比較的低いとしたルイヴィトン財布 2013
0

2013/4/8

合う」という小早川秀秋が、1位には「桜がきれ  

●T.M.Revolutionのライブ映像が流れるなど、これまでの「バサラ祭」にはない演出も
カプコンは3月30日、東京・両国国技館にて、『戦国BASARA』シリーズのファン感謝イベント「バサラ祭2013 〜春の陣〜」を開催した『戦国BASARA』シリーズの豪華声優陣に加え、舞台『戦国BASARA2』のキャスト陣が集結し、詰め掛けたBASARAファンを沸かせた

【拡大画像や他の画像】

今回のイベント開始前の注意事項に関するアナウンスは、大友宗麟(CV:杉山紀彰)と毛利元就(CV:中原茂)の掛け合い宗麟が「ザビー祭2013、ファンの入信説明会にようこそ!」とあいさつすると、元就が「聞け! 我が名はサンデー毛利! 皆の者、公演中の撮影・録音行為は我が禁止する! 破った者はザビー様からの天罰が下ると思え!」と注意事項が伝えられ、会場から早速大歓声が巻き起こる

初日の「バサラ祭2013」には、『戦国BASARA』シリーズから、森田成一(前田慶次役)、森川智之(片倉小十郎役)、保志総一朗(真田幸村役)、置鮎龍太郎(豊臣秀吉役)、石野竜三(長曾我部元親役)、若本規夫(織田信長役)、中原茂(毛利元就役)、杉山紀彰(大友宗麟役)の8名が、本日のイベントに登場

そして『舞台「戦国BASARA3」-瀬戸内響嵐-』からは、小谷嘉一(毛利元就役)、広瀬友祐(徳川家康役)、久保田悠来(伊達政宗役)、細貝圭(真田幸村役)、吉田友一(片倉小十郎役)、村田洋二郎(猿飛佐助役)、八代みなせ(雑賀孫市役)、川村ゆきえ(鶴姫役)、谷口賢志(天海役)、宮下雄也(小早川秀秋役)、新田健太(大谷吉継役)、加藤靖之(立花宗茂役)、浅倉祐太(大友宗麟役)の13名が駆けつけたさらには『戦国BASARA3 宴』などの主題化を歌う「abingdon boys school」も登場し、総勢22組によるトークショーやゲームイベントが行われた

今回のイベントは、『舞台「戦国BASARA3」-瀬戸内響嵐-』のキャスト陣によるオープニングアクトから始まり、迫力のアクションを披露ゲームでおなじみの必殺技や、バックスクリーンを活用したバサラ技を繰り出すたびに、会場からは黄色い声が飛び交ったまた、終盤ではT.M.Revolutionのライブ映像が流れるなど、これまでの「バサラ祭」にはない演出も

次に「バサラ祭」ですっかり定番となった「戦国ドラマ絵巻」これは舞台『戦国BASARA2』&『戦国BASARA3』のドラマパートやオリジナルストーリーに、声優陣が生アフレコに挑戦するというもので、「片倉小十郎 対 真田幸村」「立花宗茂/大友宗麟 対 前田慶次」「長曾我部元親 対 毛利元就」といった好カードが続々飛び出し、ファンを魅了そして、ひときわ大きな歓声が届けられたのが「豊臣秀吉 対 織田信長」秀吉が「我が見せる未来にキサマはおらぬ」と挑発すると、信長は「猿山のぉ! 頂ごときでぇ、何をほざくぅうう!」と若本ボイスが炸裂両者一歩も引かない熱戦に、大喝采が巻き起こっていた

続いて行われた「西川貴教のシロノミ!!」このコーナーは、ニコニコ生放送で放送されている「西川貴教のイエノミ!!」の出張版で、T.M.Revolutionの西川がMCとなり、声優陣(保志、森川、若本)とトークを繰り広げたまず、声優陣は飲み物を選ぶことになり、保志は生茶、森川はホッピー、若本は焼酎水割りをチョイス特に若本は「水みたい」と軽々と水割りを飲み干し、会場からは拍手喝采そして、『戦国BASARA』の現場での重大事件として、若本は「収録でよく道路に転ぶ」というエピソードを挙げた"若本節"がじっくり効いた重厚感ある独特の古語が多い信長のセリフは、神経をすり減らす大変な作業で、アフレコ後はいつも満身創痍でふらふらになってしまうというそのほか、保志が「幸村が人気投票で新キャラの三成に負けたこと」を重大事件として挙げたほか、「声優あるある」のお題では、森川が"声優あるある"として、滑舌をよくするためゲン担ぎで「牛タンをよく食べる」といったエピソードも披露ちなみにイチオシの仙台の牛タン焼き屋として、保志は「利休」派、西川は「喜助」派と熾烈な派閥争いが繰り広げられた……続きを読む

●『戦国BASARA4』は、PS3用ソフトとして2014年初頭に発売予定『戦国BASARA4』
『戦国BASARA』スペシャルトークショーでは、置鮎を司会進行役に、森田、石野、中原、杉山、稲田の声優陣6人によるトークショーが行われ、花見をテーマとしたファンからのさまざまなアンケート結果が紹介されるまず「花より団子な武将は?」というアンケートでは、5位「花など食せぬと言ってそう」という毛利元就、4位 「まつー! と言いながら、花よりまつのご飯が食べられるのが幸せって感じ」という前田利家、3位「花より団子、団子と恋というイメージ」という前田慶次がランクインそして、2位に「団子を食べて幸せな顔をしているところが似合う」という小早川秀秋が、1位には「桜がきれいでござるなぁと言いつつ、手には二槍状態の団子、口にはいっぱいの団子」 「花見をよそに親方様と大食い対決」という真田幸村が輝いたまた、2位の"カブトムシ"小早川秀秋に対しては、中原から「樹液が好きだからじゃない?」という意見が飛び出し、会場は大爆笑

続く「酒癖が悪そうな武将は?」というアンケートでは、5位「愚痴をいっぱい聞かされそう」という黒田官兵衛、4位「いつにもまして酔うと外国語を連発しそう」という伊達政宗、3位「捨て駒たちが必死に介抱してるんじゃないか」「冷静沈着な感じが崩壊しそう」という毛利元就がランクインそして、2位に「悪ノリしてヘンなことをしそう」という長宗我部元親が、1位に「いーえーやすぅー!! といつもの数倍うるさそう」「私の酒が呑めないのかーっ!!」という石田三成が上位の座を射止める結果にそのほか、伊達政宗に対して、石野から「ユー! 呑みなよ!」、中原から「ドリンク! ドリンク!」という名言も飛び出した

そして「朝から場所取りしてくれそうな武将は?」のアンケートでは、5位「場所取りと称して先に始めてそう」という長宗我部元親、4位「こういう仕事もキッチリこなしそう」という片倉小十郎、3位「無言でシッカリといい場所を確保してくれそう」という風魔小太郎、2位「『俺様、頼まれたらことわれないんだよね』と言って場所取りしてくれそう」という猿飛佐助栄えある1位は「俺に任せときな! と言いながら夢吉とシートに座っている」という前田慶次に軍配が上がった

その後、「部屋別対抗! お座布DEゴルフ」では、両国国技館でのイベントということで相撲にちなみ、4つの部屋(伊達部屋、豊臣部屋、織田部屋、長曾我部部屋)に分かれたチーム対抗戦が行われた舞台陣・声優陣すべてが集結したこの対抗戦だが、このゲームは、観客席にスタンバイした各部屋のメンバー4人が座布団を投げるリレー形式で行われ、少ない手数でいかにステージ上の親方(リーダー)に渡せるかを競うというものリーダーの引いたくじには、「利き手でない手で投げる」「次のキャストに手渡しただしスキップで」「座布団を頭に乗せて渡す」「自分のお母さんに感謝を告げながら投げる」というユニークな指示も出され、会場は大いに沸いた激戦の末、優勝は森川リーダーが率いる「伊達部屋」に輝き、巨大トロフィーが授与された

『戦国BASARA』最新情報コーナーでは、シリーズのプロデューサー小林裕幸氏が登場し、『戦国BASARA』の新展開に関する情報が数多く紹介されたまず、ファン待望となるバサラ専門誌「戦国BASARAマガジン Vol.1 2013春」が2013年4月27日に発売決定伊達政宗を表紙に、シリーズ最新情報やイラスト、コミック、付録CDなど、バサラの魅力がぎっしり詰まった内容となっているまた、4月24日にオリジナルサントラベスト「戦国BASARA 東軍BEST/西軍BEST」が発売されるほか、舞台『戦国BASARA』のイベント「武将祭2013」が7月13日・14日に開催されることも発表された

そして、本イベント一番の盛り上がりを見せたのは、やはりPS3用ソフトとして2014年初頭に発売が予定されている『戦国BASARA4』スクリーンに映し出された映像は、聞き覚えのある声優(おそらく池田秀一)ナレーションで始まり、「戦国創世」「新章突入」というキーワード、新キャラクター(?)のシルエットが映し出され、会場のボルテージは最高潮に達したなお、この映像は、現在『戦国BASARA4』公式サイトにて公開されているので、チェックしていただきたい

その後、T.M.Revolutionのライブに突入すると、観客が一斉にスタンディングし、西川のパフォーマンスとそれに答える観客のサイリウムで会場は鮮やかに彩られ、イベントは大盛況のうちに終了と日本語教師を目指すシニアが増えている「国際交流に役立ちたい」「海外で暮らしたい」などの理由が多いという実際に海外で暮らす教師たちは旺盛なチャレンジ精神で、定年後の第二の人生を満喫しているようだ(村島有紀)

 ◆4人に1人

 日本語を教えるための国家資格はないが、国内の日本語学校などでは、大学で日本語教育を履修▽文部科学省が定める日本語教師養成講座420時間修了▽日本語教育能力検定試験(民間試験)の合格−のいずれかが求められる場合が多い

 日本語教育能力検定試験の受験者年代別推移を見ると、一昨年度の受験者約4798人のうち、50歳以上のシニアは1225人で、25%以上を占める10年前(平成14年度=6128人中702人、11%)と比べ、2倍以上も占有率が伸びた

 また、日本語教師養成講座を開設するヒューマンアカデミー(東京都新宿区)によると、シニア層の受講生は増加傾向にあり、1年以内に修了する短期集中コースが人気「『地域の外国人の役に立ちたい』『海外で暮らしながらボランティアで教えたい』という人が多い夫婦で受講し、検定試験の合格後、海外に行くケースもある」(広報担当者)という

 ◆第二の人生

 海外の日本語学校の場合、特に資格を必要としない学校もあり、採用条件はさまざまだ昨年、7年間の中国体験記『中国暮らしやってみました・65歳からの日本語教師』(風濤社、2100円)を出版した東京都小金井市の柏原成光さん(73)は筑摩書房(台東区)の元社長60歳で退職し、64歳まで風濤社で相談役兼編集者、大学の非常勤講師として教えた「これまでとは違うことをやってみたい」と、自宅近くの中国語教室にも通い始めた

 教室の先生の紹介で、65歳(平成16年)で中国東北部・延吉市の延辺大の日本語教師として赴任四川省綿陽市の西南科学技術大、江蘇省蘇州市の蘇州大の3大学で日本語と日本文学、作文などを教えた

 「旅行ではなく、中国に住みながらあちこちを旅したいと思った中国語は上達しなかったが、日本語を専攻する学生が世話係として助けてくれたので、それほど困ったことはなかった」と振り返る

 柏原さんの場合、7年間も中国に滞在できたのは、前半の4年間、妻、豊子さん(71)が同行し、手作りの食事をつくってくれたこと▽ものごとにこだわらない性格▽好奇心の持続−が大きいという

 ただ、赴任先の環境は「快適」と言い難いところもある初任地の延辺大の宿舎は共同炊事場と共同トイレ、日当たりが悪いなど条件が悪く、1年で10キロやせた

 「事前によく調べて行った方が間違いがないが、選んでいると見つからないただ、私が行った当時、中国の辺境に行く日本語教師は少なかったので、自分が役立つ場所があることがやりがいになった」と話している

 ■ボランティアはニーズの見極めが必要

 長期滞在の傍ら、ボランティアで日本語を現地の人に教え、交流をしたいと考えるシニアも多い

 海外での長期滞在情報に詳しいロングステイ財団(東京都港区)によると、ステイ先の海外で日本語を教えるサークル活動は活発に行われているただし、日本語を学ぶ現地の需要を十分に把握することが大切同財団の山田美鈴主席研究員は数年前、マレーシアで「無料で日本語を学べるようになったので、自治体から日本語教師の契約を解除された」と訴える20代の日本人女性と出会った

 山田研究員は「ボランティアは良いことだが、無料で教えてしまうと若い人の仕事を奪うことにもなるボランティアの場合、本職で教えている人のアシストに回ると問題が少ない」とアドバイスしている宗麟が「ザビー祭2013、ファンの入信説明会にようこそ!」とあいさつすると、元就が「聞け! 我が名はサンデー毛利! 皆の者、公演中の撮影・録音行為は我が禁止する! 破った者はザビー様からの天罰が下ると思え!」と注意事項が伝えられ、会場から早速大歓声が巻き起こるルイヴィトン 新作 財布宗麟が「ザビー祭2013、ファンの入信説明会にようこそ!」とあいさつすると、元就が「聞け! 我が名はサンデー毛利! 皆の者、公演中の撮影・録音行為は我が禁止する! 破った者はザビー様からの天罰が下ると思え!」と注意事項が伝えられ、会場から早速大歓声が巻き起こるルイヴィトン財布 2013宗麟が「ザビー祭2013、ファンの入信説明会にようこそ!」とあいさつすると、元就が「聞け! 我が名はサンデー毛利! 皆の者、公演中の撮影・録音行為は我が禁止する! 破った者はザビー様からの天罰が下ると思え!」と注意事項が伝えられ、会場から早速大歓声が巻き起こるヴィトン バッグ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ