『きいろいゾウ』宮崎あおいと向井  

『きいろいゾウ』宮崎あおいと向井理が理想の夫婦像を語る

夫婦とは愛という、形のないもので結ばれた運命共同体だ2月2日(土)より公開中の『きいろいゾウ』で描かれるのは、出会ってすぐに結婚したツマとムコの物語絵本のような美しい物語でありながら、リアルな夫婦の感情を映し出す感動作に仕上がった夫婦役で初共演となった宮崎あおいと向井理を直撃し、お互いの印象、そして理想の夫婦像などを聞いた

【写真を見る】『きいろいゾウ』夫婦役で宮崎あおいと向井理が初共演!笑顔でお互いの印象を告白

原作は西加奈子の同名ロングセラー小説宮崎は、帯に「いつかツマ役を演じてみたい」というメッセージを寄せるほど、その原作にほれ込んでいたという「お話をいただいた時には、特別な喜びみたいなものがありました西さんの世界観が好きだったので、西さんの世界に入れるならどの役でも良かったくらい」と微笑む

向井も以前から本書を好きな小説の一冊に挙げていた向井は、完成した映画の感想について、「刺激が散りばめられていて、130分間、全然飽きないで見られたんですよね途中からがらっと毛色が変わるので、映画を2本見たような感覚になる新鮮でしたね」と話す宮崎も「映画を2本見たっていうのは、なるほどなと思いましたファンタジーな部分と、感情がぶつかり合う部分そのバランスの良い映画にでき上がったんじゃないかな」とうなずいた

同じ本に共鳴したふたり息もぴったりで、劇中では夫婦の間に流れるナチュラルな空気を表現してみせた宮崎は向井の印象を、こう語る「写真や映像で見る向井君って、いつもちゃんとしている印象で王子様みたいに、特別な人だと思われていると思うんですよでも、お会いしてみたら、ちゃんとはしているけど、ちゃんと普通の人だった(笑)ムコさんとツマさんとしているからかもしれないけれど、同じ空気を共有することがすごく心地良かったですお互いの距離のとり方が似ているんだと思う」

向井は「そうだね、ちょうど良い距離感だったな」と振り返る続けて宮崎を「不思議な人」と形容した「変な絵を描いているんですよ(笑)抽象画?でも、ツマさんはそういう感性で生きている人なので、『なるほど』と思いました僕はツマさんを見て、影響を受ける役で、何かを能動的に発する役ではなかったので、やはり現場では宮崎さんを見ていましたね何か描いたり、色々やっていたよね?そういうのが自然で、本当に良い空間でしたカメラが回っていない時も、回っている時も関係なく、常に同じテンションでいられました」

宮崎も“良い空間”にどっぷりと浸かっていたようで、「編み物をしたり、絵を描いたり、寝たりしていました(笑)」と話す「でも、絵が描ける時と描けない時があるんですよ大河ドラマをやっていた時に、缶の中にペンを入れて、暗いところでずっと変な絵を描いていたんですけど(笑)大河ドラマが終わったら描けなくなちゃってまた描き始めたんですけれど、やっぱり描くものは、役の気持ちとリンクするような気がしますえぐいものやハッピーなものなど、現場によって描くものは違ってくるかもしれないですね」

どんな役でも、自らを重ね合わせ、血の通ったキャラクターにしてしまうツマ役は、その宮崎の確かな演技力を証明するような役だ印象的なシーンがある車の中で訳もわからずイライラとしたツマが、その怒りをムコにぶつける、ツマの心の揺らぎが表れるシーンだ宮崎は「台本を読んだ時から、難しいし、重くなるシーンだなと思っていました」と話す「ツマさんのなかでは、もちろん感情がつながっているんだけれど、傍から見たら、あまりにも唐突に怒ったり、泣き始めたりする自分のなかでも辻褄が合わないので、なかなか本番でも泣くところまでたどり着けずやっていくうちに、自分ができないこともはがゆいし、悲しくもなってきてでも、その感じが、あの時のツマさんのモヤモヤとリンクしたのかなと思うんです結果的に良かったと思えるシーンになりましたツマさんは、天真爛漫で、ちょっと子供のようなところもあって、すごく強いけど、同時にすごく弱い女性」

それを聞いていた向井も「ツマのようなキャラクターをやると、全編、子供っぽくなる危険があると思うんですけど、それが全然なくてちゃんとツマが大人の女性として存在していたそれが素敵だなと思うんです」と宮崎のツマにほれぼれとしたようださらに車中のシーンを思い出し、「ああやって、わちゃわちゃするのも愛情表現の一つなんだろうなって思うんです気を許した人にしか、ああいう姿を見せないムコとしては、『子供っぽい部分を自分には見せてくれる』という安心感があったかもしれないですね」

最後に理想の夫婦像を尋ねると、宮崎は「一緒に何かを見て感動したり、色々なものを一緒に共有できると良いなと思いますもちろん大人ですし、人としての個性を尊重しながら、お料理をしたり、お出かけしたり、ふたりでいる時間を大事にできる関係が良いなとツマさんとムコさんは、お互いだけがいれば良いというふたり危うくもあるけれど、やっぱりそこまで思えるのは、特別な関係なんじゃないかな」向井は「そんなに理想ってないんですよね」と照れながら、「完璧な人間なんていないので、それを補っていく関係が良いと思いますね」と話してくれた

笑顔も怒りも、悲しみも喜びも、ぶつけ合うのが夫婦映画に登場する他の夫婦の姿も、「どんな時も一緒にいよう」という覚悟、そして思い出を積み重ねる幸せを感じさせてくれる是非、劇場に大切な人を誘って、素敵な時間を共有してほ「運命の出会い」を信じる? そんな映画や少女マンガみたいなドラマティックなこと…あったらステキよね〜でも、いろんな意味で“運命”を感じさせるのが、丸の内の三菱一号館美術館にて開催中の「奇跡のクラーク・コレクションールノワールとフランス絵画の傑作」

クラーク美術館は、アメリカ・マサチューセッツ州ウィリアムズタウンという、ニューヨークからもボストンからも車で約3時間も掛かる広大な森の中にあるため、日本ではあまり知られていないものの、世界中の印象派愛好家が一度は見たいと憧れるほどの貴重な収蔵品ばかりなんだってそんな貴重なコレクションが何故やって来たのかという奇跡その1が、世界的に有名な建築家の安藤忠雄とクラーク美術館の出逢い2010年よりクラーク美術館の増改築工事が安藤忠雄の指揮によって行われており、それに伴い大規模な世界巡回展が決定したんだってそして、クラーク美術館の誕生自体が奇跡その2アメリカ人の大富豪、ロバート・スターリング・クラークが1910年にパリで舞台女優のフランシーヌ・クラリーと恋に落ちたことからこの宝石箱のような印象派の絵画の収集が始まったというワケ運命の出会いから奇跡のコレクションが誕生だなんてロマンティック! 本展の見どころは、

「22点のルノワールの油彩画がいちばんの見どころですが、全73作品中59点が日本初上陸の作品です美術館の増改築終了後は日本からはるか遠くのウィリアムズタウンに戻り、再びやってくるかどうかは分からない驚異のコレクションなのですその貴重なコレクションを日本に居ながらにして楽しむことのできる、まさに奇跡の展覧会なのです夫婦役で初共演となった宮崎あおいと向井理を直撃し、お互いの印象、そして理想の夫婦像などを聞いた財布夫婦役で初共演となった宮崎あおいと向井理を直撃し、お互いの印象、そして理想の夫婦像などを聞いたシャネル ウォレット夫婦役で初共演となった宮崎あおいと向井理を直撃し、お互いの印象、そして理想の夫婦像などを聞いたシャネル バッグ 2013
0

関してはトライ&エラーの連続でした特に手描き感  

2012年、4月深夜仕事から帰り、ビールを飲みながらぼんやりテレビを眺めていた僕は殴られるような衝撃を受けた盗みと快楽を肯定する背徳的な詩を朗読するハスキーな女性の声、反復するチェロの音色耽美的な筆致で知られるオーブリー・ビアズリーや宇野亜喜良の絵がそのまま動き出したようなエロティックな映像それらが突然テレビから溢れ出たのだアニメであるけれども、最近流行のどんなアニメにも似ていないそれが『LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜』だった

【もっと写真を見る】

誰もが知る『ルパン三世』シリーズの27年ぶりのテレビシリーズとして生まれた同作は、紛れもなくルパン三世だが、同時に圧倒的なオリジナリティーを備えていた峰不二子を軸に据え、1960〜70年代によせた舞台設定は、原作が持っていたエロティックでアダルトで出鱈目な世界観を現代に甦らせることに成功した菊地成孔が音楽を担当したことでも話題を呼んだ同作は、今年度『第16回文化庁メディア芸術祭』でアニメーション部門新人賞を受賞した今回、原作のモンキー・パンチと共に同賞を受賞した監督の山本沙代にインタビューする機会を得た人気作の看板に依存することなく、新たなルパン三世の世界を具現化してみせた彼女に、作品にかけた想いを訊いた

■これまでのシリーズを全部無視しても構わないと言われました

―『第16回文化庁メディア芸術祭』アニメーション部門新人賞受賞、おめでとうございます

山本:ありがとうございます『LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜』(以下、『不二子』)は、反社会的な内容の作品でもあったので、まさか文化庁が評価してくださるとは思ってもみなくて、嬉しい反面ちょっと驚いています

―周囲の方の反応はいかがでしたか?

山本:賞に関してはアニメ制作関係の方から、たまにお祝いの言葉をいただきますが、基本的にはあまり知られていないようです(笑)放映中は普段アニメを見ない人から感想をもらえることが多くて嬉しかったですデザインやっている子とか、OLやっている子とかやっぱりルパン三世はアニメファンだけじゃなくて、いろんな人が見ているんだなって実感しました

―そもそも、どんな経緯で『不二子』を監督することになったのでしょうルパン三世の新作は、これまでにも劇場映画や金曜ロードショーのテレビスペシャルではありましたが、毎週放送のテレビシリーズというと1985年に終了した『ルパン三世 PARTIII』以来、じつに27年ぶりです主人公が峰不二子というのも驚きました

山本:制作を担当されたトムス・エンタテインメントのプロデューサーが私の前作『ミチコとハッチン』(以下、『ミチコ』)を見てくださったのがきっかけですね新しいルパン三世を作りませんか、と声をかけていただいて

―『ミチコ』も女2人が主人公のロードムービー的な作品でしたが、最初から峰不二子を軸にしてほしい、というオファーだったんですか?

山本:ではなくて、本当にゼロからのスタートです「これまでのシリーズを全部無視しても構わない、ルパン三世を新しくしたい」と最初に言われました制約がないならちょっと考えてみたいなと思って、それで出てきたのが峰不二子を主人公にして、ルパンたちが出会う前の物語を描く、という案です

―そのアイデアは最初からすんなり決まったんですか?

山本:そうですね自分がルパン三世をやるなら峰不二子を中心に描きたいなってルパンが主役の話だとしたら、他の方が作ったほうがいいと思いましたしでも肝に銘じていたのは「新しいけれど絶対にルパン三世である」ということですルパンシリーズに思い入れを持つ人はたくさんいらっしゃいますから

■本当に出来るのか、トライ&エラーの連続だった

―それでこれまで描かれることのなかった、青年期の峰不二子やルパンのストーリーを描くことになったんですね制作作業はいかがでしたか

山本:自分の至らなさを痛感する毎日でした……やる前は「面白そう!」なんて調子良く思ってたんですけど、いざ始まってみると「わー、もう分かんないー!」ということの連続で

―分からない、というのは例えば

山本:自分の頭のなかにある理想のビジョンをスタッフに伝えるのも監督の仕事の1つだと思うのですが、それをなかなか上手く伝えられなくて……スタッフと手さぐり状態で制作していきました特に『不二子』はかなり変わったキャラクター描写や美術に挑戦したので、最終形に至るまでかなり試行錯誤しています

―19世紀末のイギリスで活躍した画家のオーブリー・ビアズリーや、1960〜70年代のサイケデリックカルチャーを思わせる美術は、放送を見た時、本当に衝撃的でした

山本:ありがとうございます時代の空気感を出すことが重要だと考えていたので、その辺の美術をかなり参考にしていますあとは原作のモンキー・パンチ先生の荒々しい線が本当に格好良いので、そのイメージをそのままフィルムにするにはどうしたらいいのか……キャラクターの描写に関してはトライ&エラーの連続でした特に手描き感を強調したラインや影に付けるタッチはかなり特殊だったので、試作もたくさんしましたね

―あえて手描きっぽく作るというのは、若いアニメーターにとって新鮮な体験だったのではないでしょうかアニメの現場もデジタル技術が全盛ですよね

山本:私がアニメ制作にかかわるようになった10年前はまだセル画が残っていましたけど、当時から均一できれいな線が正しいと言われていました大勢の動画マンが作業しても画面に違和感が出ないよう均一な線が良しとされるんですだから、『不二子』みたいな絵作りを目指すと大変です

―ルパン三世というビッグブランドを背負いつつ、同時に新しいことにも挑戦していくさらに監督として大勢のスタッフに指示を出していくというのは、本当に勇気のいることだと思うのですが、そこは覚悟を決めて?

山本:そうですね意見がふらふらしていると、何をしたらいいのか誰も分からなくなってしまうのででも、間違いなく良い作品になるという自信もあったんですその1つが小池健さん(『REDLINE』の監督・キャラクターデザインなどを担当)のキャラクターデザイン小池さんの描くルパン三世なら間違いなく自分のイメージを超えた新鮮なキャラクターになるだろうと確信していました

―小池さんというと、日本人離れした切れ味の鋭い描写が特徴の凄腕アニメーターですよね主に劇場アニメで作品を発表されてきた方で、超ハイクオリティーな絵作りで知られています毎週、放送に間に合うんだろうかとハラハラして見てました

山本:オリジナルな絵にしたいけど、同時に誰でも描けないといけないというのが課題でした小池さんも作業が円滑に進むよう、かなり細かいキャラクター表を作ってくださいました第1話は小池さんが作画監督を担当してくださったんですが、それはもう本当にすごい修正の量で……第1話はその後の作業の参考になっていくものなので本当にありがたかったです

―修正の分量でこだわりが分かる(笑)

山本:普段だと、小池さんは動きからタイムシートまで、全部自分で手を入れる方なのですが、『不二子』ではそこは演出家に一任していただいて小池さんには、絵を直すということに注力してくださったんです

■今作では、もう盗みたいものは全部盗みきったと思い込んでいる「青い諦め」に満ちた若造としてのルパンを設定しました

―お話を伺っていると、アニメの制作がいかにスタッフワークであるかが分かりますもうひとつ重要な役割をなさっているのが、シリーズ構成と脚本を担当された岡田麿里さんだと思います岡田さんとは面識があったんですか?

山本:今回が最初ですいつかご一緒したいと思っていたのですが、毎回ニアミスで終わっていて制作サイド的に「こいつら2人が組むとやばい」って思われてたみたいで(笑)

―なるほど(笑)岡田麿里さんというと、『とらドラ!』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』を担当されて、人間関係の描写が非常に巧みな脚本家ですよね特に女性同士のやりとりのリアリティーに定評がある方なので……ちょっと分かります

山本:アニメ業界には、監督と脚本家は同性同士じゃないほうがいい、という考えの方が多いんですよ違う感性を入れたほうが、作品が広く受け入れられるようになるっていうでも、今回は私が監督に決まる前に制作の方が先に麿里さんに声をかけてくださっていて、「やった!」ともう絶対麿里さんと一緒にやるんだ、って(笑)

―峰不二子の描写は岡田さんの意向も大きかったんでしょうか? 『不二子』全体のテーマだった「ありえたかもしれないifの自分」とか

山本:そうですね麿里さんは、峰不二子は「負けるキャラクター」であり「心の中に空っぽな部分を抱えた女」だと話していました

―逆に、山本さんはどんな峰不二子像を描こうと?

山本:趣味はセックス遊び、クレイジーでクールな刹那主義者自身のことを把握しきれていない無防備で危うげな女……完成されたミステリアスな峰不二子ではなく、若くて未完成な峰不二子にしたいと思いましたルパンに関しても若返りが絶対条件でしたので……

―若い頃のルパン、気になりますね

山本:今作では不良で洒落もの……もう盗みたいものは全部盗みきってしまったと思い込んでいる「青い諦め」に満ちた若造としてのルパンを設定しました

―最終回直前って、今までのルパン三世で見たことないくらいに峰不二子が動揺していますよね物語の真実を知って、少女のようにおびえるというか

山本:あのあたりは、少女っぽいというよりも少女そのものになっているんです峰不二子は自分の人格を失ってアイシャ自身になってしまっている

―「こんなに弱々しく峰不二子を描いていいの!?」と驚きましたそのぶん最終話での、すべての謎が解けた後のからっとした転換が気持ち良くてそれまでの鬱屈をすべてぶち破って、峰不二子が女性であること、自由であることを圧倒的に謳歌しているでも登場人物の視点を変えてみると、けっこうヒドイ状況でもあるこのギャップがありすぎて、これはすごい作品だなと思いました

■若い子たちのセンスを面白いと思うか、未熟と思うかは監督次第ですから

―ところで、今アニメの現場で働いている女性ってどのくらいいらっしゃるんでしょう『けいおん!』の監督をされた山田尚子さんもすごい人気ですよね

山本:最近はいっぱいいますよアニメーターも演出も多いですし、そこから監督になっていく人ももちろんいます

―制作の現場に女性が多くなると、アニメ作品全体の傾向もちょっとずつ変わっていくんじゃないでしょうか

山本:画的には、すでに変わってきていると思います女性的なものが求められる機会も増えましたし……あと若い人はセンスがいいし、技術的にはまだ未熟でも、絵自体が上手い子がすごく多いですこれまでのアニメのイメージじゃないものをすっと出してきてくれますね

―そういう若い人たちが主力になっていけば、5年後とか10年後のアニメがどうなっていくのか楽しみですね

山本:才能のある若い人たちをうまく使える腕のある監督がいれば、きっと今すぐ変わりますよ若い子たちのセンスを面白いと思うか、未熟と思うかは監督次第ですから

―なるほどでも、作る側から見ると、アニメ業界って仕事が過酷なうえに賃金も安いって言いますよねこの世界に入られる時に躊躇はなかったんですか?

山本:いやあ……根拠はまったくないのに、できそうな気がしたんですよね(笑)なんでそう思ったのか分からないんですけど「アニメで金持ち!」って思ってたんですよなんか、ハマショー的な気持ちで……

―ハマショーって、浜田省吾ですか?

山本:そうです“MONEY”って曲があるじゃないですか<Money Money changes everything いつかこの手につかむぜ BIG MONEY>っていうイメージでも、会社に入った時に自己紹介で将来の夢を書いてほしいと言われて、そこに「アニメで金持ち!」って、でっかく書いたら、先輩たちに「金を儲けたいなんて、君はバカか!」「アニメを金儲けの道具にするなんてけしからん!」って怒られたんですよ(笑)えっ、アニメってこんなことで怒られてしまうようなイライラした世界なのか、怖いな、って思って

―(笑)後悔はなかったですか?

山本:いや最初はもうほんとつらかったです家に帰れないし、制作進行だから作品作りには参加できないし、スケジュール管理も全然得意じゃないし……車の運転なんてもっと得意じゃないとにかく私が苦手なことばかり詰まった仕事だったんです周りの方にどれだけご迷惑をおかけしたことか……今思い出しても本当に申し訳ないですね

―それに耐えて今の山本さんがあると(笑)最後になりますが、次の作品はどのようなものを構想中でしょうか『不二子』のような作品なのか、それともまったく違うものですか?

山本:ありますけど、まだ秘密です(笑)やりたいと思っているものはいくつかあって自分のなかではつながっているけれど、人から見たらガラっと変わって見えるかもしれない、という感じですあとは、『不二子』でお世話になった人の作品のお手伝いがひたすら続いていますねそれも楽しい仕事で、やり甲斐があります

―なるほど山本さんの新作、ものすごく楽しみにしています
 舟の中で温まりながら最上川を下る「こたつ舟」が、戸沢村で運航されている大勢の観光客が船頭の民謡と愉快なガイド、川沿いに広がる最上峡の冬景色を楽しんでいる

 こたつ舟は、最上峡芭蕉ライン観光が通年運航する最上川舟下りの冬季(12〜3月)限定の企画同村古口から乗船し、山々や奇岩、仙人堂、数々の滝などがつくる水墨画のようなパノラマを眺め、急流12キロを約1時間で下る

 吹雪で冷え込んでも舟の中は暖かこたつでくつろいだ観光客は、温かな鍋料理に舌鼓を打ちながら雄大な冬景色を堪能船頭が見事な声で「最上川舟唄」を披露すると、盛んに拍手を送っていた耽美的な筆致で知られるオーブリー・ビアズリーや宇野亜喜良の絵がそのまま動き出したようなエロティックな映像ルイヴィトン 長財布 新作耽美的な筆致で知られるオーブリー・ビアズリーや宇野亜喜良の絵がそのまま動き出したようなエロティックな映像財布 ヴィトン耽美的な筆致で知られるオーブリー・ビアズリーや宇野亜喜良の絵がそのまま動き出したようなエロティックな映像財布 ヴィトン
0




AutoPage最新お知らせ