2013/5/22

直接現金を受け取る「手渡し型」の振り込め詐欺  

直接現金を受け取る「手渡し型」の振り込め詐欺事件を想定し、県警は20日、水戸市宮町のJR水戸駅周辺で、現金を受け取りに来た「受け子」を逮捕する訓練を行った県警による公開訓練は初めて県警は「今回のような『だまされたふり作戦』は容疑者検挙に効果的不審に思ったら早めに警察に相談してほしい」と協力を呼び掛けている

 訓練には計約20人が参加被害女性宅に長男をかたった男から複数回の電話があり、JR水戸駅に呼び出される想定で行われた被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動話しかけてきたスーツ姿の男に現金500万円が入った紙袋を手渡し、男が立ち去ろうとしたところ、家電量販店の店員などに扮(ふん)していた捜査員4人が男を取り囲んで身柄を確保した
 県警によると、県内の特殊詐欺のうち「手渡し型」の被害は19日現在、32件計約2億3313万円に上る訓練後、県警の小島隆捜査2課長は「詐欺の手口が進化するのにあわせ、捜査する側も臨機応変に対応できるよう技術を磨かねばならない」と話した北関東最大級の広さを誇る古書店「つちうら古書倶楽部(くらぶ)」(佐々木嘉弘代表)が今春、JR土浦駅西口の駅前ビル「パティオビル」(土浦市大和町2)にオープンした大型古書チェーン店やインターネット売買に押され気味の「街の古本屋さん」22店舗が結集計約30万冊を同古書店に常時出品した【福沢光一】
 土浦市の古書店「れんが堂書店」を経営する佐々木嘉弘さん(59)がパチンコ店の撤退した同ビル1階フロア(約850平方メートル)全体を古書店にしようと、仲間の古書店主に呼び掛けたところ、茨城や栃木、首都圏、福島など21店舗が賛同3月末に一大古書モールが誕生した各店舗が古書を持ち寄り、各店舗の販売分がそれぞれの利益になる仕組みだ
 佐々木さんは宮城県涌谷町出身約10年間のサラリーマン生活後、30歳の時に妻の実家がある土浦市に古書店を開店した多くの古書店が集まる東京・神田神保町の古書街に通い、古書の売買を通じて相場感を独学で学んだ車に古書を積んで東北や関東を回って、古書フェアなどで売り歩いたこともあるという
 当初は順調に古書を販売していたものの、大型古書チェーン店が全国各地に目立ち始めたほか、インターネット売買が普及し始めた1990年代後半からは客の入りが落ち始めた佐々木さんは「大型店は冊数が多く、駐車場もある土浦の古書店は一時、十数店あったが、次第に減っていった」と振り返る
 時代の流れを感じた佐々木さんもインターネットを使って売買する一方、神田神保町には通い続けた出版年月が比較的新しい漫画や文庫、新書の古書を求める客は大型店に奪われる中、街の古本屋が生き残る道は出版年月が30年以上前の古書であることが分かっていった確かな相場感を知る古本店主の“目”こそ古書ファンを引きつけるという
 佐々木さんは「店内には椅子もたくさん置いてあるので、まず来店して古書を手に取って読んでほしい雑然と並んだ古書の本棚から自分が気付かなかった面白い本と出会えるかもしれません」と話している道の供用開始を祝う開通式が20日、鹿嶋市沼尾で行われ、内田俊郎市長や地権者など関係者約20人が出席した=写真開通した市道222号線は全長650メートル北浦湖岸沿いの県道18号線から県立鹿島特別支援学校を結ぶ車道幅員が7・5メートルの2車線道路で、総工費は約3億9000万円10年4月に着工し、今月に完成した開通式ではテープカットの後、パトカーが先導して「渡り初め」が行われた内田市長は「東日本大震災の経験を生かし、より強固な道路として完成した」とあいさつした被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動ティファニー tiffany リング被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動iPhone5ケース被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動ティファニー tiffany カフスボタン被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動ティファニー リング被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動ティファニー お金クリップ コピー被害者は北口バスロータリー付近から南口コンコースのコインロッカー前に移動ティファニー リング
0

2013/5/22

 浜松・砂山に総菜店・居酒屋の「いりかま」  

 浜松・砂山に総菜店・居酒屋の「いりかま」(浜松市中区砂山町、TEL 053-456-4465)がオープンして1カ月がたった(浜松経済新聞)
稲敷市羽賀の稲敷農協中央集荷所で19日、特産の「江戸崎かぼちゃ」が初出荷された=写真午前8時過ぎから農家がカボチャの入った段ボール箱を続々と搬入初日は10キロ入りで44ケースが集まり、傷の有無による等級別に分けて首都圏などの市場に出荷された同農協江戸崎南瓜(かぼちゃ)部会長、中村利夫さん(63)によると、今年は32戸が約30ヘクタールを作付けした今月8日の遅霜で3割ほどが被害に遭ったが、味は例年通りで「軸が青いうちに食べた方がほくほくしておいしい」8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流した
 オーストラリア生まれのブイチチさんは「テトラ・アメリア症候群」で生まれつき両手足がない障がいを克服し大学を卒業、希望と勇気を与える「モチベーショナル・スピーカー」として世界各国で講演活動を行っている
 15日に宜野湾市で開催された「ゴスペルナイト沖縄」のため来沖同じ障がいのある県民と触れ合いたいというブイチチさんの申し出を受け、交流が実現した
 利用者らから指笛や拍手で出迎えを受けたブイチチさん妻が日本人のハーフで、義理の父親が沖縄と縁があることも紹介した「人生の中で諦めないことが大切感謝する心を持って」と呼び掛けた
 利用者と一緒に歌を歌うなど触れ合い、施設を運営する社会福祉法人まつみ福祉会に約15万円を寄付した
 デイホームさくらんぼ3号館の生野俊哉所長は「突然の訪問だったが、利用者は勇気付けられたと思う」と話した利用者の平良万里之さん(27)は「テレビで見たことがあったので会えたのは信じられない大事な話をしてくれた」と笑顔を見せた
【画像】 木やよしずなどを使って落ち着いた雰囲気を醸し出す店内

 もともと「入谷蒲鉾(かまぼこ)店」としてさつま揚げを中心に焼きとりやおでんなどを35年間販売していたが、区画整理により移転が必要となった2代目の入谷茂さんは常連客をつなぎ止めておきたかったことと愛着のある土地を離れたくないという思いから、同じ町内へ移転したさらにこれを機会にこれまでやってこなかった試みに挑戦したいと、居酒屋も始めた同店は1年半という期限付きその後は前店舗があった土地で再開予定

 店舗面積は約12坪席数は16席メニューはスパイシーなたれを使った「いりかまの焼きとり」(100円〜160円)、新鮮な豚ホルモンを特製みそだれで煮込んだ「いりかまのどてやき」(300円)、たっぷりのゴマとユズの風味が利いた「いりかまのみそおでん」(80円)などを用意するポテトサラダやマグロの角煮、釜揚げシラスなどの総菜も販売する食材には保存料を使わないようにしているという

 入谷さんは「お客さまにも楽しんでもらって、自分たちも楽しめるお店にしたい」と話す

 営業時間は11時〜14時、15時〜20時(金曜・土曜は22時まで)月曜・第3日曜定休8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流したケース コピー8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流したティファニー カフスボタン8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流したケース コピー8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流したグッチ iPhone ケース8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流したティファニー tiffany カフスボタン8月上旬までの出荷量は約4万ケースに上る見込み 【豊見城】生まれつき両手足がない障がいがありながら、世界中で講演活動を行っているニック・ブイチチさん(30)が16日、豊見城市高嶺の複合施設・桜山荘「共に生きる町」たかみねを訪問し、デイサービス利用者や入所者約80人と交流したティファニー キーリング
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ