パソコントラブルを自己解決  

Windowsがまともに動かなかったりするパソコン 遅いや起動不能などの悪い状況を改善するには、一番手っ取り早い方法はリカバリーかも知れませんが。インストールディスクなんて手元になかったりするため、或いは、マイクロソフト推奨の方法でやってみても、うまく動作しないことが多いため、やはり自分でレジストリ 修復をしてみるのがいいです。


ただし、基本的に無茶をやめたほうがいいです。つまり、勝手な方法は薦めかねないのです。Windows エラー表示があったからと言って、特定のものだけ置き換えたりすると、

レジストリの整合性がとれなくなって、正常起動できなくなります。

ですから、安全で修復するため、やはり最適化ソフトレジストリクリーナーでやったほうがベターです。
0

windows 修復大作戦  

所有するpcに不具合が生じて、困ったことあるのでしょか。起動不能とか、青画面とか、稀に出るCランタイムエラーとかなどなど一見に複雑そうな問題に手に負えないでしょね。

間違った操作やプログラム自体のバグなどでエラーなど不具合を避けられがたいです。一旦問題が発生するとき、多少頭を痛めるのですが、不具合PCをほうっておくことができませんから、windows 修復しなければならないです。


修復ってのは突き止めて言うと、やっぱりレジストリの修復です。分かる人には分かるのですから、上級者にとっては、容易いかもしれませんが、一般の方にはやはり無理です。だから、修復できるツールが必要とするわけです。そのツールはランタイムエラーやexeエラーを修復できるだけでなく、PCを最適化してくれるから、不具合が生じたpcを治すには一番ふさわしいです。
0

エラー修復大作戦  

PCを使用する限り、エラーを回避することはないといっても言い過ぎではないです。操作の一歩でも誤ったら、エラーが起きるってのは日常茶飯事のようです。よくあるのは、青画面に白い英字が出て、強制終了するというwindows エラーではないでしょか。

実は、windowsに関する各種のエラーにはレジストリエラーによって発生するのが多いのです。もちろん、ハード的には故障などないのが前提なのです。ランタイムエラーなどもそうです。レジストリ編集することで、問題解決できます。

リカバリーするしかないと言う状況ではなければ、一応レジストリ 修復で状況を改善するのをお勧めしたいです。なぜなら復元は確かに早いですが、後の復旧セットは面倒ですから。


ですから、パソコン不具合があったとき、まずレジストリから調整しましょ。
0

CPUの使用率を低下させましょ  

急のインスピレーションで思いついたのですが、CPUの使用率を低下させることで、PC高速化を実現しようというのがどうかなって。

スペックがそんなに低いわけでもなくて、ごみファイルも定期的に掃除しているのに、Cドライブも一杯になっていないのに、なぜかPCのスピードは期待したほどに速くないのだろ…

普段windows 高速化作業はしていても、まだ重いと感じるなら、自分の使用する癖を疑うしかないです。一度に開いたプログラムやネットページが度を越したのか、まずチェックしましょ。いくらなんでも、限度があります。あまり愛用のpcに負担を掛けないようにしましょ。del+ctrl+altを同時に押してみるとタスクマネージャが開きます。パフォーマンスというところでCPU使用率が100パーセントになってしまったら、パソコンが重いのは当然です。


実はちょっとした変更でも状況改善ができます。例えば、画面プロパティでXPをクラシックメニューにし、フォントはTerminalへ変更したり、デスクトップにアイコンを極力置かないとか、アンチウイルス、ファイアウォール等必須アプリを軽量で定評のあるものにしたりするとか。いずれもwindows7 高速化にも対応できるから、ぜひ試してみてください。
0

え!エラーだって  

以下の状況を想定してみましょ。

ネットしようと思って、IEを正常通りに起動させたのですが、何の兆もなく、突然IEの調子がなんとなくおかしくて遅く、或いは、スピードなんかも無い、根本的に表示不能。こういう状況には一度や二度きっと遭ったでしょ。

モデムの調子は悪いわけでもないのに、回線もちゃんと繋がっているのに、ただIE 遅い、時には、IEエラーメッセージも表示してくるだけです。それはなぜなのでしょか。

考えられる原因はそれほど多くないのですね。まずはIEキャッシュなど一時ファイルの溜まりです。再びアクセスするときに、より早く読み込むために自動的作成されたファイルなのですが、今時の回線スピードでは、残しても、速度的にはあまり変わりはないと思いますから、消してもいいです。そして、悪く思うと、ウイルスやトロイにやられている可能性です。悪意プラグインのため、IEがおかしくなる恐れもあります。こういう場合なら、専門的なソフトで駆除する必要があります。最後に可能性が比較的に低いですが、メモリ 不足が原因でエラーを起こすのです。最適化ソフトで仮想メモリを増やせば解決できます。


以上はほんの一部の対策です。やっぱり問題起きた時、そのときにそれなりに対応しなければならないです。
0




AutoPage最新お知らせ