2011/9/21

3軒目  ラーメン

凪 (なぎ)

らーめん 750円

今更書くまでも無いけれど、ボク自身は、去年の夏から癖になっている新宿駅周辺の人気ラーメン屋の一つ。
強烈な煮干の香りを店内、店外に漂わせているだけあって、スープのインパクトは衝撃。くどい位の煮干のスープと濃い醤油の味が絶妙にブレンドされて、美味。ちぢれ太麺といったんも麺という名の平たい麺が、深みのある煮干と醤油のうまみとよく絡むように出来ていて、全体に暑苦しい感じがするけれど、気がつくとスープも飲み干し完食してしまう。
ある程度疲れているときに食べると、確実に目が覚めるカンフル剤のようなラーメン。暑い日にこそ、あえて食べたい。


東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−10
03-3205-1925
11:30-15:00 18:00-5:00
休:無休(正月は休みだったような)


0

2011/8/14

2軒目  カレーライス

COCHIN NIVAS (コチンニヴァース)

エッグキーマ(ランチのみ)900円

突然のブログ再開にふさわしい衝撃の出会い。
自分の周りにも、多くの愛食家がいる。でもその多くは正直自分とは味の趣味が合わないのも事実。その代表的なものが、ラーメン、蕎麦、そしてカレー。

カレーについては、信頼できる推薦人は今のところ3人。そのうちの一人が絶賛するインド料理屋さんということで、聞いた翌日のランチに早速行ってみた。

カウンター3席にボックス3つという狭い店。11時半にランチスタートということで、オープンと同時に入店。あっという間に満席。思ったよりも早く料理が運ばれてきて嬉しい。

インディカ米のサフランライスにキーマカレー。そしてその上に半熟の目玉焼き。黄身を少しづつキーマに混ぜながら食べるのがお勧めらしい。

まずは、カレーを少しつまむ。辛味は少なく、とてもまろやか。ご飯無しでも食べられる位の程良いおかず感と、半熟目玉焼きがとても合う。

続いてご飯だけで食べてみる。衝撃。ボクはサフランライスがあまり好きではなかった。なぜかべたつくものが多く、胃に重くのしかかる感じがしてうけつけなかった。インディカ米もそんなには好きとはいえなかった。そんなボクが叫びだしたくなるくらい美味しいご飯。こんなにもふっくらした食感のサフランライスは初めての体験。

次々に来店するお客さんの気持ちも分かる。そんな列のことを気にしていたワケではないが、あっという間に完食。ご飯を少なめにしてもらったことを後悔。サラダのドレッシングも美味しかったし、置いてあったお酒も意外と種類があるようなので、今度は夕食に来て見たいと思った。

後でネットを見たら、超有名店だったようだ。みんな良く知っているな。

東京都新宿区西新宿5丁目9−17
03-5388-4150
11:30-21:30
休:火曜日
0

2009/9/24

1軒目  ラーメン

麺武 虎龍(KOTATU)
味噌ラーメン850円

 まず大前提として、ボクは今まで美味しいと思った味噌ラーメンに出会ったことが無い。なので、本当に美味しい味噌ラーメンとはどういうものなのか知らない。有名味噌ラーメン屋に行ったこともないし、北海道は昔出張で1泊したことがあるだけだ。
 なので、この味が人に薦められるものなのかは分からないが、ボクは美味しかったので記録しておく。

 麺は、黄色の中太ちぢれ麺。腰があってしっかりとした味。
 スープはあっさりした味噌味だけれど、表面を覆う油とあわせるとちょうどよいコクに。
 チャーシューは表面を少し焦がしてあり、おろしショウガが乗っている。どうやって食べてよいか分からなかったので、そのまま一緒に食べたら、さっぱりとして美味しかった。しかし、麺を食べている途中にショウガはスープに混ざってしまうので、タイミングが難しい。
 具は他に炒めたもやしと玉ねぎ。そして、角切りにしたチャーシューが。これが意外とアクセントとなってよい。

 今まで食べた味噌ラーメンは、味が濃すぎたり、油がきつめか、あっさりだと味噌のコクが感じられないとか、なかなか自分の口に合うものがなかったのだけれど、これは何度も食べられる気がする味だった。

麺武 虎龍(KOTATU)

東京都新宿区歌舞伎町1丁目8−5
03-3202-3996
11:00〜29:00
休:日曜日



0

2009/9/23

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ