グルコサミンについて

2012/8/8 
テレビのCMでも見かけることが多いグルコサミンは、
アミノ酸の一種で動物の皮膚や軟骨、
カニの甲羅やエビの殻などに含まれている成分です。





このグルコサミン、実は私たち人間の爪やじん帯、軟骨などにも存在し、軟骨細胞を形成しています。







肘やヒザなどの関節がスムーズに曲げ伸ばしできるのはグルコサミンの存在が大きく、
コラーゲンやヒアルロン酸と同じく体内で作られるものの、
加齢により生成能力が衰えていく成分でもあります。






そのため、年齢を重ねて体内のグルコサミンが減ってくると、
関節の動きがスムーズに行われなくなり、
関節が痛むようになります。







「グルグルグルグル、グルコサミン♪」のCMのように、
ヒザをスムーズに回すことができるのも、
グルコサミンのお陰というわけです。








また、加齢だけでなく運動不足や肥満によってもグルコサミンの生成能力が衰えると言われています。






ですので、若くてもグルコサミン不足から新陳代謝が衰え関節障害を起こす人もいますので油断はできません。




グルコサミン 効果 口コミについてはこちらへ
0

teacup.ブログ START!

2012/8/8 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ