2017/8/20

2017年盆休みツーリング  林道ツーリング

読者の皆さん今年の盆休みはいかがお過ごしでしょうか?。自分的には昨年の盆休みに比べて少し涼し目な気がします。関東・東北の冷夏の影響でしょうかね?。

8月14日に久しぶりに“のぶ”さんと林道ツーリングに行きます。今回は芸北コースです。国道186号線を避けて県道を迂回して行きます。

待ち合わせ場所である“まんてん”の駐車場にてのぶさんと再会。彼の軽トラに自分のTT-Rを積んでもらい、旭町経由で芸北入りします。芸北オークガーデンへ行きそこでバイクを降ろし出発することにします。

下の画像。芸北オークガーデンの駐車場の一場面です。バイク降ろしてスタンバッテいます。

クリックすると元のサイズで表示します





出発して一本目は“城岩林道”へ行きます。下の画像。入り口です。

クリックすると元のサイズで表示します





城岩林道を進んで行くと途中から先日の台風の影響で路面が荒れてきてます。

途中でセローに乗ってる人が止まっていてたが、自分達が通過した後を着いてきてたらしい。

おそらく路面が荒れてたので行こうか?戻ろうか?悩んでいた所を自分達が通過したので着いて来たようです。城岩林道を出たところで舗装路を通って帰ったのでしょう。

下の画像。次は城岩支線林道を行きます。

クリックすると元のサイズで表示します





城岩支線林道はくねくねした林道で尚且つ路面が湿ったヌルヌルロードです。

ペースを下げられながらも進んで行き芸北国際スキー場へ出られました。

下の画像。これより中祖空城林道へ行きます。

クリックすると元のサイズで表示します





中祖空城林道も途中から結構路面が荒れてます。下の画像。分岐の手前にある落とし穴の現場です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





分岐からの道は路面の状態が良くなっております。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します





ここから県道へ行きますが昔と違い路面が良くなってきております。ただ中祖空城林道の出口近くにあった朽ちたワゴン車がいつの間にか撤去されてました。

下の画像。城岩林道と城岩支線林道と中祖空城林道の地図画像です。

クリックすると元のサイズで表示します





中祖空城林道を抜けて県道を通り国道191号線渡って舗装林道餅ノ木線を通って次なるは"十方山林道"へ行きます。下の画像。十方山林道の入り口前の駐車場にてトイレ休憩です。ここから空模様が怪しくなってきたので雨合羽を羽織ります。

クリックすると元のサイズで表示します





やはりと言うか十方山林道も路面が荒れてます。それでも行けるとこまで行ってみようとしたが木が傾いていて道を塞いでる格好でしたが、木の隙間を通り抜けて行ったのですが直ぐに道が陥没してる現場です。

その横にバイクが一台通れそうなとこがあったのでそこへ勢い良く突進したらタイヤが滑ってコントロール失って杉の幹にぶつかってしもうた。(*_*)気を取り直して行くがさらに進んだ先は荒れ放題です。自分ヘタレですのでここでUターンします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





Uターンした後も2度もコケてしもうた。(T^T)暫くその場で休憩し再出発です。

広場の駐車場まで戻ったら加計町へ行くに舗装林道餅ノ木線を行くとかなりの時間がかかりますのでショートカットルートを通ります。

クリックすると元のサイズで表示します





国道191号へ出たら一路戸河内町方面へ行きます。腹が減ったのでちょうど国道沿いにコンビニがあったのでそこへ買い物し昼飯にします。

腹ごしらえが済んだら国道191号を進み加計町へ行きます。そこから次は"林道三谷塩明線"を行きます。

クリックすると元のサイズで表示します





三谷塩明線を行く途中でイノシシの親子に遭遇( ̄□ ̄;)!!。過去にイノシシに襲われそうになったトラウマがあってビビりました。

ダートを走り抜けた後は舗装路を延々と走ります。下の画像。記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します





次なる林道へ行くはずでしたが道を間違えてそのまま芸北〜大朝間の県道に来てしもうた(笑)。仕方ないのでこのまま芸北方面へ行きます。次なるは“町道下山橋山線”です。

下の画像。”林道三谷塩明線”です。

クリックすると元のサイズで表示します





県道から国道186号線の交差点に来た。ここから次の目的の林道へ行こうとしたが何と!通行止めのバリケードがしてあります。

仕方ないので引き返し国道186号線から県道11号線へ行きます。ここから“町道下山橋山線”へアクセスして見ます。入り口でちょっと間違って通り過ぎたが改めて行って見ました。

流石に夕刻になってきており雨雲で日が陰り木の陰で林道の路面が暗くて分かりづらい状態です(>_<;)。加えてゴーグルが雨に濡れてますので視界がぼやけてます。

ほとんど勘に任せての路面のライン取り走行です。ハンドル取られて側の沢へ落ちるのではないか?心配でした。

下の画像。皆さんご存知のトンネルです。

クリックすると元のサイズで表示します





さらに進むと通行止めの看板とバリケードが・・・。ここでバイク止めてしばらく歩いて見ました。数十メートル歩いて見るとそこは国道186号線。道がくえて(崩れて)いたため工事中のようです。復旧にはかなりの期間を要しますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





町道下山橋山線のルートを下の画像に示します。

クリックすると元のサイズで表示します





引き返して芸北オークガーデンへ向かいます。しかし十方山林道と町道下山橋山線とで消化不良的な気分でしたので、帰りがけにオークガーデン周辺のダートを走ることを思いつきました。

っと言う事で最終目的はオークガーデン周辺のダートを走ることにします。また進入路を間違えました(笑)。

起動修正し早速ダートへ行きます。ここは路面がフラットダートですので走りやすいです。

先ほどの鬱憤を晴らすかのごとくハイスピードでダートを駆け抜けます。ようやくこの日の有終の美を飾れました♪(何の意味?)。

下の画像。芸北オークガーデン周辺のダート図です。

クリックすると元のサイズで表示します





オークガーデンの駐車場でのぶさんのバイクを軽トラに積みますが、のぶさんにTT-R積みましょうか?っと聞かれたが遠慮しました。なにぶんレインウエアーがずぶ濡れで脱ぐのがタイギだし、軽トラの座席を濡らしては悪いのでこのまま雨の中行くことにしました。

下の画像。待ち合わせ場所の“まんてん”へ戻りました。ここでお互い労いの言葉かけて解散しました。ここから江津市経由で出雲のアパートへ帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します





下の画像。先ほどの十方山林道で杉の幹に激突したのが原因でライトのレンズが割れてます(-_-;)。

クリックすると元のサイズで表示します





雨がざんざん降る中をバイクを走らせて出雲へ帰ります。ライトのレンズの割れ目から雨水が浸入してバルブが温度差で割れてライトの明かりが突然切れたりしないかと心配でした。

ようやく出雲のアパートへ帰りつきました。しかしバイクを見たらライトのダメージの他にシリンダーヘッドのカバーからオイルが滲み漏れてます(-_-;)。

次なる出動までにTT−Rを修理しなければなりません。

下の画像。この日の全工程の移動ルートです。

クリックすると元のサイズで表示します





久しぶりに行って来た芸北の林道を楽しめました。ひとえにのぶさんのお陰かな(笑)?。

TT−Rも修理しなければなりませんが完了がいつになることやら?。

以上!雨降りの中の芸北林道ツーリングのレポおわり。

0

2017/8/11

キャンプツーリングの用意  四方山話

読者の皆さん。お盆でやす。ちなみに明日の8月12日は日航機墜落の日です。別に意味はありませんが自分にとって記憶に残る日ですただそれだけの事です。

先月の7月22日の出来事ですので記事アップです。今シーズンバイクでキャンプツーリングにデビュウーしようと画策しておりました。

キャンプ用品の小物類なんかはホームセンターで手ごろな箱を購入しました。バイク用だとやたら値段が高くなるのでホムセン箱にしました。

下の画像。このホムセン箱にキャンプの小物を詰め込みます。

クリックすると元のサイズで表示します





小物類としてガスボンベ・小形コンロ・小形テーブル・箸・食器・小形包丁・小形ライト・キッチンペーパ・予備のペグとハンマー・香取線香・テント用防水スプレー・他入れて見ます。

クリックすると元のサイズで表示します





続いてテントとマットとシュラフと雨合羽とイスと結束ベルトを用意します。

クリックすると元のサイズで表示します





翌日の土曜日休みにシャッターガレージへ行き早速TT-Rに積載してみました。かなりかさばって来ますね(笑)。雨合羽なんかはリュックに入れることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





積載を終えたら奥出雲の某無料キャンプ場へ向けてテストキャンプ走行へ行きますが・・・。

背中のリュックが後ろの荷物につっかえて運転しにくい(笑)。それに運転姿勢がリュックのせいで狭くて運転しずらいです(笑)。

残念ですが500m走行したほどで引き返しです(-_-;)

大型バイクと違いオフ車は荷台が狭いのでもう少し荷物の小型化をしなければなりません。

7月のこの時点で北海道へのキャンプツーをあきらめ信州へのキャンプツーへ変更してたのですが、8月に入り信州も断念です(-_-;)。なかなか準備が進まなかったのと盆休みに野暮用が出来たためです。

っと言う事でキャンプツーリングの計画は練り直しです。

以上!失敗から学べ!みたいなレポおわり。

0

2017/7/30

のぶさんと行く久しぶりの島根林道ツー  林道ツーリング

7月17日。3連休の最終日にミクシイで知り合ったのぶさんと林道ツーへ行くことになりました♪。

話によると最近リターンライダーになったとか。久しぶりのオフロードを楽しみたいとの事である。

島根県西部に住んでいらっしゃるので芸北あたりが近いのでその方面へどうかな?っと思ったが先日の台風による大雨で国道186号線の県境あたりが通行止めになってるとの事。

芸北へ行けないとなると他に行くとすれば島根県の心当たりの林道ステージしかありません。

のぶさんからも江津の林道でも良いですよっとの事ですので一丁行って見る事にします。

下の画像。シャッターガレージよりTT-Rの出撃です。移動の足となったジムニー号には代わりにシャッターに入ってもらいお留守をしてもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します





週間天気予報では1週間前までは雨予報でしたが当日には曇り空で雨がまだ降らない気配です。

何とか行けそうですが一応雨合羽を用意しておきます。出雲市内を出発し一路江津市方面へ進みます。江津にあります道の駅「舞ノ市」横のスタンドで給油し待ち合わせ場所へ行きます。

下の画像。待ち合わせ場所である江津市内のローソンポプラにてのぶさんとご対面です。シェルパーに乗ってのご登場です♪。

クリックすると元のサイズで表示します





ローソンポプラにておにぎりとお茶買って出発です。江の川沿いの国道261号線を行き途中から上津井方面へ進み分岐曲がって坂を上って林道へ行きます。

下の画像。休憩のひと時ですがのぶさんスマホやっております何見てるのかな?(笑)。地図画像の001地点です。

クリックすると元のサイズで表示します





久しぶりにこの林道を奥まで進んで行くと山の斜面の木々が伐採されて見晴らしが良くなってきております。

下の画像。林道より江津の海岸の景色が見渡せます。風力発電の風車が立ち並んでますね(しかし税金の無駄かと思いますきっぱりと!)。

クリックすると元のサイズで表示します





進んだ先で藪草が深いためUターンします。分岐を別のルートを行くがやはり藪草が深いためUターンします。

下の画像。ここへ行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します





江津市の林道の次は川本町の断魚渓近くの廃村ダートへ久しぶりに行くことにします。

国道261号線を川本町へ進んで行きまして道の駅で昼飯にします。丁度日陰となる場所があるのでゆっくりと食事が出来ます。

ゆっくりと休憩したら再び出発し断魚渓方面へ進みます。途中の分岐を断魚渓とは別の方向へ進むと朽ちた蔵とか空家があってさらに進むとダートに入ります。しかし先には深い藪草があって無理と判断しUターンします。道が続いてそうでしたがいかんせんジャングル状態ですので引き返します。かえる途中で分岐から探索して見たがどれも行き止まりでした。残念!。

下の画像。奥の細道的な林道です。積み上げられた石垣には先人たちの苦労と汗がしみこんでます。いずれここも自然に還るのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します





下の画像。川本町の林道です。こんなところです。どこかしら道が繋がってることかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します





川本町から“のぶさん”の案内で県道をひたすら進み金城町まで移動します。国道186号線の金城町まで来てコンビニにて休憩にします。

コンビニの店員によるとここから国道186号線の県境は通行止めとの事。ならば県道を波佐から木束峠(きつかとうげ)方面は?っと問うたところしばらくして“木都賀(きつか)”方面なら行けるとの事。ただ後々自分思った。同じ“きつか”でも自分の言った(木束峠)を店員さんは(木都賀)と勘違いしたのではないかと思いました。ちなみに木束峠は芸北と匹見町の境目の地域です。言葉の伝達は簡単なようで案外難しいようですね。

っと言う事で一か八か金城町波佐から県道を進んで弥栄村の林道を行くことにします。

下の画像。金城町波佐からの県道を移動の途中で道が割れています。先の大雨でここが通行止めになってる理由が分かりました。でも4輪は通れませんが2輪ならば通行が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します





つづら折れの舗装路を進んだ先で林道の入り口へ入ります。ここからしばらくダートを進みますが途中で分岐があってどっちだろうか?っと思いましたが一丁左へ行って見る事にします。

しかし進めども進めども風力発電の風車のある作業用林道を通るばかりである。幾つもの風車の作業道を通ったのだろうか?。

今思えば先の分岐で道を間違えた事に気づきました(笑)。仕方ないのでこのまま作業用林道を進むことにします。

下の画像。風車の真下を通りかかって画像を撮ってみました。結構大きいのですね。でも繰り返し言わせてもらうが税金の超無駄使いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します





風車の連なる作業道を抜けて交差路を曲がって舗装路を進んで行くと、突き当たりに出て右へ曲がれば"ふるさと体験村"に来ます。ここで休憩にします。

しばらく世間話をしながらもう一本林道を行こうかな?っと思ったが疲れてたので止めておきました。

午後4時過ぎでしたかな?。そろそろ帰り路につこうとして再びのぶさんに道案内してもらい浜田バイパスの道の駅の駐車場で解散して帰ります。ここから2時間近くかかって出雲のアパートへ帰りつきました。

クリックすると元のサイズで表示します





金城町から弥栄村へ行く作業道を下の地図画像にアップです。途中の分岐で間違えたので目的の林道をそれてしまい風車の連なる作業道を通ってました。

クリックすると元のサイズで表示します





7月17日の全行程です。結構走り回ったな。

クリックすると元のサイズで表示します





3連休の最終日は怪しい曇り空でしたが雨に降られる事無くのぶさんとのツーリングを楽しめました。

以上!7月17日のツーリングのレポおわり。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ