| 投稿者: 行政書士・社労士有資格者

行政書士において私が考える最善の受験勉強法は、実は独学だと思います。


ほとんどの方が、資格予備校に数十万も支払って通ったり、数万から10万程度の通信講座を受講することと思います。


98%ぐらいの方が恐らくどちらかを選択しています。


ですが、周知のとおり蓋を開けてみますと本試験での合格率は最低時には2%台、最高でも9%ぐらい。


つまり100人受験すれば90人以上はは必ずや不合格になるのです。


資格予備校や通信講座は独学では合格はムリ!みたいな事を申しますが、とんでもございません。


私自身2回の受検で合格できていますし、恐怖心を煽ってバカ高い授業料を払ったところで合格できない方のほうが90%以上なのです。


この事実は変えられません。


予備校から指定された書籍を購入して、答案練習会や模擬試験もかなり受けてもこのザマです。
核心を突いてもいない大量のレジュメをファイルして読んだところで合格できます?


予想問題が本当に当るのであれば、合格率など9割を超えるはずですよね?


もう一度冷静になって、よ〜く考えてもみて下さい。


予備校に通おうと、通信講座を受講しようと、過去問を解いて、分からない部分と特定して理解したり暗記するするのはあなたです。


この問題が出そうだな〜と思うのも実はあなたなのです。


予備校や通信講座の講師などに自分の貴重な時間と労力を振り回されてはなりません。


私が独学で合格するまでに一番悩んだのは、やはり効率よく勉強する方法論と試験に出るか出ないかを自分でデーターとして分析することに時間を取られたことでした。


要は、出るべき箇所イコール勉強を重点的にするところですし、勉強法に関しましては相談に乗ってくれる人も必要かもしれません。


恐らく私が独学で悩んでいた時にこの教材を知っていたらすぐに購入して、1発合格できていたかも知れません。

平成24年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!★先着500名様★



人は悲しいかな他人と同じように資格予備校に通ったり、通信講座を受講しないと合格できないのではないか?と思い込んでしまいます。


私は独学をスタートする時点で坂庭つとむさんの上記の教材を使っていたら間違いなく1発で合格できていたと思います。


但し、147日などと言う文言を真に受けてはなりませんよ!


個人のポテンシャルの差もありますから。


独学だろうと、予備校に通おうと、通信講座を受講しようと基本書や問題集や模擬試験代は別途かかります。


やるべきことは決まっているのですから、自分のスキマ時間に黙々と量を積み上げていけば必ず合格は見えてきます。


勘違いしないでいただきたいのは、
平成24年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!★先着500名様★

を、もしもあなたが購入されたとしても、勉強をしないで済むわけではございません。


更にラクして合格できる考えも危険です。


穴の空いたバケツに水を入れても水はたまりません。


独学の一番の危険性は出るべき箇所と力の入れ具合が分かりにくいのです。


この教材でそれが分かり、しかも坂庭さんに相談・質問できるとすれば、ちっとも高い買い物ではございません。


予備校に通ったが不合格だった方、通信講座で勉強したが不合格だった方、新たな気持ちで受験勉強を始めるには、




平成24年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!★先着500名様★



を使われることをおススメいたします。






0




AutoPage最新お知らせ