2017/7/24

西分のしだれ桜(堀池のしだれ桜)  徳島・香川・愛媛・高知県

撮影日;2017年4月7日
所在地;香川県綾歌郡綾川町西分
地図座標;北緯34度12分7.76秒 東経133度57分15.37秒

樹齢42年、幹周り2.31m。
県道17号線を南下し西分校公民館を過ぎて50mくらい進み左折、
この時期一方通行になっている道路を道なりに行くと右手に臨時駐車場有る。
そこから300mほど歩いて行くと道路左手に昭和50年植裁の桜が立っている。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/23

世の中桜 ※二代目  徳島・香川・愛媛・高知県

撮影日;2017年4月6日
所在地;香川県三豊市財田町財田上
地図座標;北緯34度6分35.43秒 東経133度47分48.75秒

道の駅「たからだの里さいた」の敷地内に立っている。
説明板によると、弘法大師が持っていた杖をここに立てたところ花を咲かせたとのこと。
また花の多少が五穀の豊凶、世界の隆替を占うとのことから、この名称が付いたとか。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/22

大山寺の山桜  徳島・香川・愛媛・高知県

撮影日;2017年4月6日
所在地;徳島県板野郡上板町神宅

力餅で知られる大山寺に幹周り約4mの桜を探しにやってきた。
まず仁王門近くに株立ちの山桜があり、本堂前には主幹の折れた山桜の古木が。
また本坊と思われる塀の中にも山桜が見受けられたが目当ての桜かは不明。
駐車場有り。


クリックすると元のサイズで表示します



仁王門近くの山桜


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/21

地福寺の枝垂れ桜  大阪・奈良・和歌山県

撮影日;2017年4月5日
所在地;大阪府阪南市山中渓
地図座標;北緯34度19分43.41秒 東経135度16分21.90秒

府道64号線から旧山中宿のある紀州街道に入っていくと、山裾に地福寺がある。
樹齢50年と言われる桜は本堂前にあり、境内を覆うように傾斜して立っている。
駐車場不明。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/19


撮影日;2017年4月5日
所在地;大阪府和泉市若樫町
地図座標;北緯34度24分38.92秒 東経135度27分57.40秒

国道170号線の長谷川に架かる坂見橋横の土手に立っている。
樹齢100年と言われる個人所有の桜で、この日は見頃につき見物客で賑わっていた。
駐車場無し。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/18

大楠公糸桜  大阪・奈良・和歌山県

撮影日;2017年4月5日
所在地;大阪府河内長野市加賀田

府道221号線を南下した南青葉台交差点の約100m手前、道路横の民家に立っている。
許可を得て敷地内で撮影、桜の根本を見ると大楠公糸桜と書かれた樹名板が。
駐車場無し。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/17

九品寺の枝垂桜  大阪・奈良・和歌山県

撮影日;2017年4月4日
所在地;奈良県御所市大字楢原
地図座標;北緯34度27分13.15秒 東経135度42分43.89秒

県道30号線に九品寺の案内板があり、西方向へ入っていくと山門に着く。
山門を入り本堂への参道を進んで行くと右手に桜が立っているのが見える。
駐車場有り。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/15

當麻寺奥院の枝垂桜  大阪・奈良・和歌山県

撮影日;2017年4月4日
所在地;奈良県葛城市當麻
地図座標;北緯34度30分58.14秒 東経135度41分36.02秒

奥院は當麻寺の最上部にあり、ここも拝観料を納め院内へ。
奥院には多くの桜が植えられていて、樹齢300年と言われる桜は奥院の樓門近くに立っている。
當麻寺有料駐車場有り。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/14

當麻寺中之坊の枝垂桜  大阪・奈良・和歌山県

撮影日;2017年4月4日
所在地;奈良県葛城市當麻
地図座標;北緯34度30分56.03秒 東経135度41分43.12秒
  
中之坊は當麻寺の仁王門(東大門)を入った左手にあり、見学は別途拝観料が必要。
樹齢300年と言われる桜は中将姫誓いの石の先に立っている。
當麻寺にある3本の古木の中で幹周りは一番太い。
當麻寺有料駐車場有り。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/13

中将姫糸掛櫻  大阪・奈良・和歌山県

撮影日;2017年4月4日
所在地;奈良県葛城市染野
地図座標;北緯34度31分23.86秒 東経135度41分42.99秒

當麻寺で出家した中将姫がこの石光寺で霊感を得て、
蓮の茎から糸を撚りだし井戸水で洗い傍らの桜の木に掛け干したところ五色に染まったという。
その井戸が「染の井」で傍らの桜が「糸掛け桜」と伝えられているとか。
なお糸掛け桜は役行者が仏教興隆を願って植えられ、現在は後継ぎの桜が立っている。
駐車場有り。


クリックすると元のサイズで表示します


枯死した古株の「糸掛櫻」

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ