ベイツ理論とは?  

ベイツ理論という視力回復法をご存知でしょうか?

数ある視力回復法の中でもウイリアム・ホレイショ・ベイツス博士(1860年〜1931年)が提唱したものですね。

ウイリアム・ホレイショ・ベイツス博士はアメリカの眼科医で

異なる距離の物が見えるのは目の水晶体の形が変わるからではなくて
4つの直筋と2つの斜筋を使って眼球を変化することで眼を調節するから

という事を主張してます。

この理論を元にしてカナダの医学博士、ハロルド・ペパードが視力回復法を紹介。

日本では「眼がどんどん良くなる」という本で話題になってましたね。

この理論と同じ考えの元に作れられているのがジニアスeyeだったりします。

6つの眼筋を様々な方法で鍛えるというわけですね

川村明宏のジニアスアイの口コミ情報

川村明宏のジニアスアイの効果

川村明宏のジニアスアイの体験談
0

2012/12/3

目の使い方を正すとは?  

目の使い方を正しくすることで視力低下を防げる

とはよく言われますね。

では、目の使い方を正すってどういうことか?というと

・遠くを眺める
・近くの文字を読む

と言った事をバランスよく行う、という感じですね。

パソコンをやりすぎて目が悪く、とか
ゲームをやりすぎて目が悪く、とかよく言われますが

これは遠くを眺めるという動作が少なくて
近いものにピントをあわせる事がデフォルトになっているっていうこと。

それを早く解決するには目の使い方をただした上で
適切にトレーニングする、ということですね。

色々な筋肉をトレーニングを使えるようになるので
視力回復するにはトレーニングは有効というわけですね
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ