主にTRPGと電源ゲームの話をしている場所
2017/12/29 | 投稿者: 静

名前出てるので、嫌な人はDMで連絡ください。
未確定で人員空いてる所は「入りたい」「◯日ならいける!」とか言うと即立卓の可能性があります。

◯確定(メンバー、場所、日時の内2点が確定しているもの)

AR2Eオンセ(GM) 平日夜

鵺鏡(PL) 2月

エンゼルギア 未定(PL)

メタガルパン(PL)

デッドラインヒーローズ「境界の零等星」オンセ(GM) 1月

しんどいコンGM向けドラクル@(GM) 3月土曜日
津山さん、MiRAさん、浅葱さん、ざくろさん、雪さん

◯ほぼ確定(メンバー、場所、日時の内1点が確定しているもの)
サタスペキャンペーン(GM・PL) 平日夜



◯話が出ている(なんかフワっとしてる話)
しんどいコンドラクルA(GM)  多分2月?
つぐさん、根尾さん、チーズさん、りょう。さん、(空き1)

デッドラインヒーローズ「境界の零等星」オフセ
おきさん、りょう。さん、(空き1)

N◎VA
あいねさん(RL)、ヒカミソさん、えぶちさん、浅葱さん、りょう。さん

ドラクルージュ「戦場の騎士たち」 2月以降
とおのさん、(人員管理はとおのさん)

ログ・ホライズンTRPG
さいとうさん、MiRAさん、(空き2〜3?)

TORG、パスファインダー、エンゼルギア
りょう。さん 

アヴァンドナー
ハトニキ

◯来年特にやりたいもの
ログ・ホライズンTRPG
データを取りまとめして立卓を目指したい

ドラクルージュ
始祖フォーカスシナリオ

フィアスコ
各位からおすすめされてるけどできてない

パスファインダー
買ってから考える
0

2017/12/19 | 投稿者: 静

年内のGMは終わったのでレポート。

1.発端
オンセやったこと無い奴とか、今後実卓組むの難しい人でオンセやろうぜ!
私はAR2E得意だからAR2Eでやるで。

2.レギュレーション
Lv1からのスタート
3-4回を1クールとしたキャンペーンを実施。
最終的にLv25くらいまでいけるといいなぁ。
時間は20:00〜24:00の4時間
サプリメントは今後パーフェクトガイドが出るので、とりあえずスキルガイドとアイテムガイド。

3.第一話
狙い:どどんとふ+Twitchの環境に慣れる、チャットパレットの使い方になれる。
結果:やはりチャットパレットの使い方が難しい。

どどんとふのチャットパレットの記述の仕方は結構難しいんですよね。
@ダイスから記述しなければならない
2D6+4 筋力 ←いける
筋力 2D6+4 ←いけない
A参照させる記述が割りと面倒
2D6+{筋力} 筋力
//筋力=4

難しいながらも記述に慣れると、進行が一気に早くなるのでどうしても入れたい知識でした。
特にAR2Eはパッシブスキルなどが非常に多いので。
計算だけで2〜3時間かかりますが、チャットパレット用意すると大幅に短縮できます。
また、参照の記述に慣れると、レベルアップ時のステータス変動の記入が楽になるんですよね。
@参照無しでの記述
2D6+4 筋力 (元々の数字)
2D6+5 器用

2D6+5 筋力 (変更した数字を全て書き直す必要がある)
2D6+6 器用

A参照有りでの記述
2D6+{筋力} 筋力 (元々の数字)
2D6+{器用} 器用 
//筋力=4
//器用=5

2D6+{筋力} 筋力 (こちらは書き直さない)
2D6+{器用} 器用 
//筋力=5 (こちらの数字を書き直すだけで参照してくれる)
//器用=6

毎回2〜3レベル上げているので、参照するやり方が有効になるのです。

4.第二話
狙い:「ギルド」の所属感覚から、ギルド間連携を構築しつつ勝てそうにない相手に勝つ。
結果:非常に情報量の多い内容であったが、4時間のプレイで大きな充足感を得ることができた。

第一話の時点でギルドを導入しませんでした。
@使用するデータ量が単純に増えるので難解になる
ただでさえ、新しい環境で苦戦しているので、煩雑にする必要性がありませんでした。
代わりに、色々とボーナスを付与することでバランス調整。

Aストーリー進行上の目的が「冒険者」として認められることであった点がもう一つ。
ギルドの結成は「冒険者」として認められてからの話なので、一般人には使えないというスタンス。

BAR2Eの特徴となるデータであるギルドにフォーカスした内容を作りたかったのが最後の一つ。
自分たちがギルドを結成するように、NPCも多くギルドを形成している。
AR2Eの住人がどのように苦難に対応するかをシナリオによって描写したかった。
冒険者といえど、出来ることに限りがあり、力を収束させる内容がやりたい!みたいな。

以上の内容から、どどんとふ+Twitchの環境に若干慣れた状況になった時点で導入。


キルディア共和国にいた7つのギルドと、PC達の新米の冒険者のギルド。
計8ギルドの関係性を主軸にシナリオを作成。
困難は国を崩壊させる規模の巨獣の群れの全討伐。
各ギルドには強みと弱みががあり、また緊急の状況下で協力関係も築けていない。
そこで、PCのギルドがフットワークの軽さから各ギルドを繋いでいくという内容。
Lv3の時点で100.000Gほどの資金が必要という状況もあり、どのように利益を確保するかがPCに与えられた目標でもあった。

結果としては、各プレイヤーが能力を活かして進行。
ロールプレイによって、NPCの信頼を得ようと努力。
各組織のつながりを考えて、どこから行くべきかを考える知恵者達。
各々が努力した結果、設定時間を30分ほど早い段階で全てのギルドからの信頼を得る。

狙いとして設定していた、「ギルドの所属感覚」をPLが感じていたので成功でした。


5.第3話
次回の内容というか、次回までにやること。
狙いとしては、一気に開かれたデータを元にキャラクター成長を楽しむ段階です。
各キャラクター50.000Gの大金と、アームズクリスタルの開放を行いました。
第二話まではスキル取得を中心としたので、次はアイテムかなと。
シナリオ上、まともにアイテムを揃えられる設備は現状のみと伝えているので楽しんで欲しい。

次は「金」で買えないレアアイテムの確保などをベースに組もうかなぁという感じ。

6.GM感想
久しぶりにAR2Eやってるので楽しいです。
一番遊んでいるシステムなので、自由度を活かしたシナリオ作成が捗るんですよねぇ。
0




AutoPage最新お知らせ