主にTRPGと電源ゲームの話をしている場所
2018/3/18 | 投稿者: 静

これまで参加していたログ・ホライズンTRPGのキャラクターのまとめ。
セッションやる時に、「このキャラクターと遊びたい!」とか言うと盛り上がる。

1)サンプルシナリオ+巨人戦オンセ
メルクリウス ♂ 盗剣士

教会審問官チャーチ ♂ 施療神官 「チャーチ!(断罪の大地の大斧を振りかざす)」

ネビオロ ♀ 妖術師

†獣狼太† ♂ 武士

2)ギルド:しゃぶしゃぶ食べたい
サラエリ ♂ 武士 「赤身があっても攻めていくぜ!」

みみみ ♀ 神祇官 シャブサーの姫 「赤身があったら火を通す」

まーだー針壱雨 ♂ 暗殺者 「赤身を見たら大丈夫そうなのを見て食べる」

寒蛇 ♂ 召喚術師 「ベジタリアンです」

アリアフェルラ ♀ 吟遊詩人 「アクが出たら取る」

3)ギルド:ピーチモンスター
オンブレ ♀(中身♂) 武道家  採集が得意 ウルボダとコンビ打ち

ライチュウ太 ♀(中身♂) 施療神官  軍師

ヘルモス ♀(中身♂) 暗殺者  採集職の手伝い

ロッセリンデ ♀(中身♀) 妖術師  解析が得意

ウルボダ ♀(中身♂) 付与術師  オンブレとコンビ打ち 学者

4)ギルド:カワイイは作れる
かわいいに踏まれる床 ♂(中身♀) 付与術師 裁縫師 「踏まれたい」

ましゅ ♀(中身♀) 施療神官 「わたしがぎるどのせんぱいです!」全部ひらがなの留学生

いなりずし ♀(中身♀) 森呪遣い 宝石職人 「もぬけさん宝石削って」

もぬけ ♀(中身♀) 盗剣士 細工師 「踏みます」

0

2018/3/17 | 投稿者: 静

1.発端
1月の段階で出るつもりは0で、理由は金と時間が無かったから。あと極度の疲労。
1月末辺りにLHTRPGをオンセで回した際に、「募集が始まる」的な事を聞いてとりあえず計画は立てる。
2月辺りに金銭面が多少解決に向かったので参加の方向へ。
GM募集締め切りの辺りで滑り込む。

2.計画
参加するに当たり2つの準備が必要であった「女装」と「シナリオ」である。
前者は期間と技術と資金が必要なかなり大掛かりなもの。
後者は自力で解決可能な内容と定義。
よって、前者をどれだけ準備を重ねられるかが課題となった。

3.「ももせくコン衣類相談所」
ツイッターで協力者を募ると5名の知り合いの女性TRPGプレイヤーが集まる。
女性視点で、「こういう女の子いるよね」を目標として、話し合いを進める。
最初は服から始まり、青写真を作る所から開始。
多くの意見を出し合いながら、私が良いのをチョイス。
転換点は、妹にメイクを手伝ってもらい、メイクの方向性を定めた辺り。
「メイクによって服装が変わる」というのは聞いたことが有ったので、実感をここで得る。
あとは、方向性が定まりトントン拍子で話し合いが進む。
早い段階でスキンケアも進めていた。
最後にアクセサリーを整えて終了。上から下までの衣装の決定を行った。
メイクなどは完全にアウトソーシング。
1ヶ月で付け焼き刃より、上手い人に任せたほうが良いと判断。

4.シナリオ作成
GM応募をかけた段階で
「女装するまでのプロセスを観察すれば、女性が可愛いと思うプロセスを学べる」
と、判断。コレをシナリオの根幹に入れ込む。
せっかく性別に関わるコンベンションなので、シナリオもその形に設定。
「双子を可愛がるために挑戦をする」という現実世界をフィードバックした内容に決定。

エネミー作成をする必要があったので、FF14でシグマ零式を攻略していたのでそれを反映。
・ロール毎に固有のデバフ付与
・距離減衰
・頭割り
・フィールド半分を対象とした攻撃
・ヘイトコントロール
・デバフ付与
以上の内容を、フレキシブルに使用する内容を作成。
そのままぶつけるとPLが死ぬので、それぞれの要素を1ボスと2ボスに分配し練習。

ここまで大体形になったので、ミドルフェイズの進行を「プロジェクト型」に作成。
『デッドラインヒーローズ』あたりのリマークシステム辺りに多分影響を受けている。
自分で決めたロールを行う内容、加えて、そのフィードバックを肯定的なもののみとした。

5.当日
6時おき、妹の準備が整った後にベースメイクをする流れを前々日くらいに作る。
8時20分ごろに出発し、9時に現地集合。その後直ぐにメイク開始。
メイク時間は40分という見積もりがあったので、無事時間内に終了。

部屋に入った際にどよめきが走ったので「うまくいっている」と判断。
あとは「見た目が違うだけ」で、普通にマスタリングして終了。

6.シナリオ進行
もうひとりのGMの女装を整える必要もあったので、それとシナリオ調整を行うプレももせくコンを実施。
その際のメンバーは全員男性で、双子の服はメイド服だった。
シナリオ進行は双子に何かを教える側面が強かった。

ももせくコン当日は女性が大半であり、双子の服は和装だった。
シナリオ進行は双子の魅力を訴える内容が多かった。

やはり、カラーって出るんだなぁと思いました。
深くは言わないけど、やはり双子の捉え方に男女差は強くあるなぁと。
どちらが正しいという話ではなく、視点や捉え方、スキームそのものに違いがある。


7.感想
2側面の準備を同時進行するのは本当にキツかった
女装GMは本当にお疲れ様!って言いたいし、女性陣は毎日積み重ねてるものがあるから労ろうと本当に思った。

8.質問
Q:次はあるんですか
A:当分無いと思います。メイク時間がネックなので、時間的制約の面で難しい。

Q:楽しかったですか
A:一生の内にやってみたいことの一つは消化できました。


9.謝辞
「ももせくコン衣類相談所」の皆様、貴女方の助力で実現しました。ありがとうございました。
爪職人とか胸職人とか普通は出会わないので非常に新鮮でした。

桃の節句コン運営の皆様、非常に楽しいコンベンションでした。お騒がせしました。

テストプレイに参加してくださった皆様、バランス調整が為されていい感じの強さになりました。

桃の節句コンに参加された皆様、お騒がせしました。温かい眼差しで見ていただきありがとうございました。

プレイヤーの皆様、双子は幸せだったと思います。素晴らしいロールをありがとうございました。
2




AutoPage最新お知らせ