2013/6/10

つらいダイエットは嫌い!?  

筋肉が発達されてきたせいか軽く腕立て伏せをするだけで汗をかくようになりました。
基礎代謝が相当上がってきたようです。
たまに足の太さがコンプレックスになって多くの食べものを摂ることを避け毎日体操をすることでなんとかコンプレックスの解消を目指しています。

発芽玄米などの穀物はOKですが白米の量を抑制するだけでゆっくりと体重を落としていけます。
多くの量を食べないようコントロールしてぜい肉をゆっくりと落としていきましょう。

空腹を誤魔化す手法なのですが食事の23分前に飴を舐めることです。
微量の量だけど血糖値が上がってドカ喰いを調節でき地味ながら効用はありますよ。
この頃始めた骨盤ダイエットの効果をサポートする目的でアスパラなどのベジタブル中心の食品に切り替えたいなと思うのですけどね。

ここのダイエットのブログ、じゃがいもダイエットなら二の腕やせご紹介がとても勉強になりました。


0

2013/5/25

ダイエットで外見のよいからだを手に入れよう  

クエン酸は、疲労物質の乳酸を調整する働きがあり、基礎代謝量を維持する大切な働きがあります。
クエン酸は、疲労物質の乳酸を抑制する働きがあり、基礎代謝量を保持する大事な働きがあります。

仲間は今、早起きしてラジオ体操をしています。
早朝は体脂肪が消費されやすいからです。
早起きのメリットですね。
それにしてもボクササイズは、背中の体操にピッタリですね。
たまにやるのですが、25分やっただけで筋力発達の利点がありそうです。

巷などでも人気ですが、EMS(腹筋マシーン)を使ってのエクササイズは基礎代謝量を増やしエネルギーを燃焼しますのでメタボリック症候群予防にもいいです。
太ももはセルライトと言う老廃物の塊が付きやすいヒップですし、ぜい肉が付きやすい脚でもありますから、じっくりと減量したいお腹です。

人気ダイエットについて解説がわかりやすいサイト、低炭水化物でのダイエットならウエストやせ知っていますかがけっこう価値があっておすすめできます。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ