限られていること  

この前知り合いから聞いたんですが、
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは公益株の中でも高配当利回りの企業を選別して投資しており、現時点では毎月安定した分配金が支払われています。さらに3月、6月、9月、12月には基準価額の水準等を勘案し分配金が多く支払われています。ちなみに2006年の分配実績は1万口あたり年間で2140円です。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドでは、欧米の公益株を中心に高配当の銘柄を選び出し、ボトムアップ方式により業績を分析してポートフォリオを構築しています。毎月の分配金は1万口あたり月30円で、さらに3月、6月、9月、12月にはボーナス分配が上乗せされています。その1つがドルを中心とした外貨預金です。今までは、どちらかといえば、富裕層に限られていました。外貨預金では、金利のメリットや為替差益が期待できます。また、海外への分散投資で資産のリスク分散になりますが、あくまでも余裕資金の使い道ですね。
その1つが外貨預金です。今までは、どちらかといえば、富裕層に限られていました。情報も富裕層に集中しましたし、富裕層がリスクヘッジ目的で、ドルなどの外貨預金をしました。また、米ドルなど外貨建ての個人年金が、円建てのものに比べて利回りが高いというので注目されています。マザーズ指数は2001年3月30日までさかのぼって計算されており、その時点では約1200でした。その後2003年3月に400を割り込むまで下落した後、2004年7月の約2800まで上昇し、2004年11月の約1400まで下落、2006年1月に再び約2800まで上昇した後下落に転じ、2007年3月には約1000となっています。
マザーズ指数は日本の株式市場が14年ぶりの底値をつけた2003年4月から2004年7月までは上昇トレンドに入り、2004年12月までは下落トレンドに入りました。2005年は横ばいでしたが2005年末から急上昇し、2006年1月のライブドア事件を機に現在(2007年3月)まで下落トレンドが続いています。
0

個人の生活  

こんな記事を見つけたんです。
私たち日本人にとっては、ドルは円の次に関係の深い通貨です。1949年4月に1ドル=360円の為替相場が設定され、ニクソンショックや石油ショックを経ながらも、 日米間の様々な関係に関与してきました。国家間同様に、私たちの個人の生活でもますます深く関係を持つ通貨です。
私たち日本人にとっては、ドルは円の次に関係の深い通貨です。各国の通貨間の為替レートのうち、国際的な金融取引や貿易の決済に利用されることが多いアメリカドルとの為替レートは、最も重要視されています。そして、国家間同様に、私たちの個人の生活でもますます深く関係を持つ通貨になっています。マザーズ指数とは、2003年9月より導入された東証マザーズ市場全体の値動きを表す株価指数です。マザーズ指数は東証株価指数(TOPIX)等と同様に時価総額加重型の株価指数であり、資産としての株式の価値の変動を示す指数です。
マザーズ指数は2003年9月から導入された、東証マザーズ市場の時価総額の変動を表す株価指数です。日経平均株価が株価平均型の株価指数であるのに対し、東証株価指数(TOPIX)やマザーズ指数などは時価総額加重型であり、資産運用の評価基準として利用するのに便利です。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託を購入するときの手数料は、販売手数料、購入時手数料、募集手数料、買付手数料、申込手数料などがあります。比較していくとわかるのですが、中には、「ノーロードファンド」と呼ばれる販売手数料がかからない投資信託もあります。投資信託の手数料の節約には、とても有効な投資信託です。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の購入するときの手数料は、同じ投資信託であっても、購入先でことなってきます。投資信託は、まったく同じものであってもさまざまなところで取り扱っており、購入することができます。同じ投資信託が郵便局や銀行、各証券会社で取り扱われています。このときの手数料は、異なります。投資信託が同じなのでリスクは同じ。購入するときの手数料をうまく比較して、一番安いところから購入する必要があります。
だって。
これは私としてはどうかなと思っているのですが。
ゴールドカードの家族保障
0




AutoPage最新お知らせ