もっとも安いものを選ぶ

2013/5/25 
今日見つけたんですが・・・
マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。目安は、解約時の時価の0.3%-0.5%程度ですが、「信託財産保留金」がかからない投資信託もあります。これは、解約するかしないか購入時には不明ですが、しっかり比較して、確認しておく必要があります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。そして、投資信託を購入するときは、これらの手数料をしっかり比較して、購入する必要があります。購入する購入先やファンドにより、販売手数料がただであったり、安いところがあったり。また、運用実績を重視する場合には、プロに運用してもらっていることから、保有している間の手数料が高いものもあります。手数料を比較して、もっとも安いものを選ぶ必要もありますが、運用実績などを考慮すると、かえって、安い手数料かもしれません。3つの手数料のバランスを比較して、もっとも有利な投資信託を購入する必要があります。マザーズ指数の計算式は「指数=算出時の時価総額÷基準時の時価総額x基準値」です。マザーズ指数の場合、基準時は2003年9月12日、基準値は1000です。マザーズ指数は東証により計算されリアルタイムで15秒ごとに全国の証券会社や報道機関に配信されています。便利になってるもんですね〜
0

もっとも安いものを選ぶ

2013/5/25 
今日見つけたんですが・・・
マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。目安は、解約時の時価の0.3%-0.5%程度ですが、「信託財産保留金」がかからない投資信託もあります。これは、解約するかしないか購入時には不明ですが、しっかり比較して、確認しておく必要があります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。そして、投資信託を購入するときは、これらの手数料をしっかり比較して、購入する必要があります。購入する購入先やファンドにより、販売手数料がただであったり、安いところがあったり。また、運用実績を重視する場合には、プロに運用してもらっていることから、保有している間の手数料が高いものもあります。手数料を比較して、もっとも安いものを選ぶ必要もありますが、運用実績などを考慮すると、かえって、安い手数料かもしれません。3つの手数料のバランスを比較して、もっとも有利な投資信託を購入する必要があります。マザーズ指数の計算式は「指数=算出時の時価総額÷基準時の時価総額x基準値」です。マザーズ指数の場合、基準時は2003年9月12日、基準値は1000です。マザーズ指数は東証により計算されリアルタイムで15秒ごとに全国の証券会社や報道機関に配信されています。便利になってるもんですね〜
0



AutoPage最新お知らせ