2012/10/18 | 投稿者: fdshg


 柴田は吉田監督の抜てきに応えた。
 直前の2試合ではベンチスタートだったが「緊張はなかった」とトップ下で堂々とプレー。前半32分、ドリブルから「入れという感じで打った」という左足シュートが相手DFの足をはじいてゴールネットを揺らした。憧れの選手は日本代表MF香川で「前を向いて仕掛けるプレーを参考にしている」と“香川流”ゴールでチームに勢いをもたらした。
J1名古屋 MFダニルソンは全治2週間
 J1名古屋は21日、MFダニルソンが右大腿部内転筋肉離れで全治2週間と診断されたと発表した。18日のG大阪戦で負傷した。
大仁会長 なでしこ“お披露目会”を9月に計画
 日本サッカー協会の大仁会長がロンドン五輪で女子サッカー史上初の銀メダルを獲得したなでしこジャパンの“お披露目会”を計画していることを明かした。ナイキサッカースパイクctr360
 詳細は未定だが、応援してくれたファン、サポーターに向けたイベントで、早ければ9月にも開催したい意向という。
札幌 11年ぶりJ1連勝ならず…唇をかむ石崎監督
 札幌は2点ビハインドから同点に追いつくも、後半36分に勝ち越しを許し、11年ぶりのJ1連勝はならなかった。
 石崎監督は「同点にした勢いで逆転につなげられれば。リスクを冒したにせよ、4失点しては改善しなければいけない」と唇をかんだ。後半29分に途中出場からヘディングでゴールを挙げた上原も「同点に追いついて、ここから逆転できると思っていたんですけど…」と肩を落としていた。
【試合結果】
丸山 パレード「幸せな時間でした」と感激
 なでしこジャパンのFW丸山はパレードを振り返り「たくさんの人が見に来てくれて、幸せな時間でした」と、感激の面持ちで話した。サッカースパイク アディダス F50
 首相官邸で野田首相から感謝状を贈られ「選手として、一人の人として光栄。これを糧にもっと頑張っていきたい」。昨年9月に右膝を手術した影響もあり、今五輪は2試合の出場にとどまったが、今後の飛躍を誓っていた。
広島、4戦ぶり無失点!森保監督「暑い中で集中を切らさず」
 首位の広島は4試合ぶりに無失点で切り抜けた。ゴール前で決定的なピンチもあったが、GK西川の好セーブもあってしのぎ切った。
 森保監督は「ゼロで抑えたのはよかった。暑い中で集中を切らさず、選手は最後まで戦ってくれた」と評価した。
【試合結果】。 Nike スパイク ティエンポ レジェンド.pdf記事提供:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/08/20/kiji/K20120820003940430.html
仕上げサッカースパイク激安による記事
0

2012/10/17 | 投稿者: dsf


 ドイツ1部リーグのホッフェンハイム入りが決まった宇佐美は「一番評価してくれた。野心的で上に行けるチーム」とすっきりした表情を浮かべた。バイエルン・ミュンヘンでは出場機会を思うようにつかめなかっただけに、新天地での飛躍を期した。
 23日にチームに合流すると、切れのあるシュートを放つなどいい動きを披露。「五輪に出ればプラス。アピールできればいい」と代表生き残りに向け、意欲的に話した。(共同)
FC東京 GK常沢が全治2カ月
 J1のFC東京は23日、GK常沢が練習中に右手の人さし指を脱臼骨折し、全治2カ月と診断されたと発表した。
五輪で対戦 モロッコ・ピム監督が観戦「1試合では分からない」
 五輪1次リーグで日本と対戦するモロッコのピム監督や選手たちが観戦。サッカースパイク アディダス F50モロッコも今大会に出場しており、かつてJリーグの大宮、京都を率いたピム監督は日本の印象について「1試合だけでは分からない。3試合が終わってから」と話すにとどめた。
 モロッコは日本とは別のB組で、24日に初戦を迎える。指揮官は五輪を見据え「今大会で最低3試合を戦い、五輪に向けたメンバー選びをする」と述べた。(共同)
【試合結果  トゥーロン国際大会】
香川にマンUが正式オファー…独専門誌伝える
 サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの日本代表MF香川真司に対し、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが正式に獲得のオファーを提示したと、24日付のドイツの専門誌キッカーが伝えた。
 同誌が「23日にイングランドで得た情報」として報じた。記事では「オファーの金額は、ドルトムントが最低限と考えている1700万ユーロ(約17億円)のレベルには至っていないようだ」ともしている。

【2012 2013モデル】番号や個人名マーキング サッカー ユニフォーム アーセナル 半袖 【ホーム】

(共同)
神戸、西野体制で初練習「チームをどう構築するか」
 神戸は西野新監督の下、神戸市内で初練習した。G大阪を指揮した昨季以来約半年ぶりにグラウンドに立った指揮官は「久しぶりで、やっぱりいいなと思った」と感慨深げに話した。
 練習前は選手一人一人と笑顔で握手。ランニングやパスの基礎的なメニューを課し、午後はハーフコートの紅白戦を実施して選手の動きをチェックした。26日の鹿島戦が初采配。「短い中でチームをどう構築するか。アントラーズのことより自分のチームのことを中心に考えてやっていきたい」と意気込んだ。激安サッカーショップ記事提供:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/05/24/kiji/K20120524003320200.html
仕上げsocceroutlet.jpによる記事
0




AutoPage最新お知らせ