30代の薬剤師の転職の現状  ブログ

30代は薬剤師としても中堅として扱われるようになります。
また、この世代の方は、自分の将来についても真剣に考える傾向にあります。
特に、女性は結婚、育児などで、転職や退職を余儀なくされることもあるでしょう。

30代は、将来独立して調剤薬局を立ち上げるか、企業の管理薬剤師として定年まで勤めるか選択しなければならない時期でもあります。30代の薬剤師の多くは、将来のあり方を決めているようです。

もし将来、調剤薬局を開業するという目的があれば、それに向けての転職を考えます。 
30代の薬剤師の転職市場において、この年代は、まだまだニーズはあります。
特にボーナス支給後は、求人が増える傾向にあります。

女性薬剤師が結婚をきっかけに、転職を考える場合、残業時間が少ない職場を希望する方が多くなっています。
また、育児中の方は、年収が減っても、子育ての時間を十分に取りたいと考える方が多くなっています。
勤務形態に関係なく、調剤薬局は、時間的にも気持ちの面でも比較的勤務が楽であるとのことです。

30代で転職を成功させたいのであれば、悩みや将来の仕事について相談できる転職サイトを利用すると良いでしょう。
薬剤師専門の転職サイトは、薬剤師であれば、みな無料で利用できます。
0




AutoPage最新お知らせ