共働きのため工事中に家にいることができません。鍵を預けても大丈夫?  

鍵を預けるかどうかは業者との信頼関係によります。



最近は共働きの方も多いので、留守宅をリフォームするケースが増えています。



引っ越しをした後にリフォームする場合は、荷物や貴重品などもなく、あまり心配はされませんが、住んでいる家をリフォームする場合、何かと心配です。



これは、はっきりいって信頼関係によります。



もし、心配になるような業者でしたら頼まない方がいいと思います。



また、気になるようでしたら、工事終了後に、キーを新しいものに取り替えることをお勧めします。



近所に信頼の置ける方がいたら、その人に鍵を渡してもらうなど方法を考えてみてください。



見落としがちな雨漏り修繕はしっかり確認しましょう。
0

二世帯住宅にするため大規模なリフォームに。上棟式をやる必要がありますか?  

施主の希望で構いません。



ご両親が望むのであればぜひやってください。



着工前に行われる地鎮祭は、工事の安全と施主や家族の繁栄を祈願するものです。



これは、新築時にはほとんどの方が行いますが、リフォームの場合はたとえば既存の家の2分の1ぐらい増築する場合などに行います。



上棟式は、棟木を上げる時に行う儀式で、こちらも、それに見合うリフォームであれば行ってもよいと思います。



上棟式はどちらかというと、工事半ばにさしかかった時に職人さんたちにねぎらいの気持ちから行うものです。



出費のかかることですから、無理のないように感謝の意味で行ってください。



雨漏り修繕のリフォームは頃合いをみて行いましょう。
0

リフォームでもご近所へ挨拶するべき?  

隣家との隙間がほとんどないというような場合は、足場を組むことができず隣家の敷地内にはみ出してしまうことはよくあります。



このようなケースでは、承諾書も必要になりますので、施主だけでなく、設計者や施工者にも同行してもらい工事の内容説明をしなくてはなりません。



事前にあいさつをしておいても、大きな音が出たり、埃がたってしまうというような作業の日などは、その都度連絡し、了解を求めたほうがよいでしょう。



そして、工事が始まる前にしなくてはならないのが、荷物の運び出しです。



増築などで既存の住宅を解体しない場合はよいのですが、一部解体したり、部屋の壁紙や床を新しいものに取り替えたりする場合などには、その部屋にあった荷物をそっくりほかの部屋に移動しなくてはなりません。



また、荷物はそのままで行える小規模のリフォームの場合も、荷物が傷まないように保護をする必要がでてくる場合もあります。



工事が始まってからあわてて荷物の整理を始めたり、移動をして、工事の遅れを招かないためにも、家族と話し合いながら余裕をもって、準備をしてください。



リフォームはしっかり選んで雨漏り修繕のような会社に依頼しましょう。
0

部分分離型  

こちらが最も多いパターンで、どの部分を共有し、どこを別にするかによっていろいろなスタイルがあります。



特にポイントになるのは台所と居間と玄関です。



起床、就寝時問や帰宅時間などの違いを検討し、朝の食事時間帯が異なるため台所は別にするが、夕食後みんなでくつろぐ居間は共有にする。



逆に台所は共有にするが、くつろぎタイプはそれぞれのんびり楽しみたいため別にするなど、二世帯のライフスタイルをじっくり考えながらプランを立てましょう。



なお、子世帯に親が来るという場合は、台所やお風呂は共同で使用し、新たにご両親の部屋とトイレ、また簡易的なキッチンを付けるというケースが多いようです。



これならば、6畳の和室にトイレと1畳ぐらいのお茶を沸かせる台所を付けても10畳ぐらいのスペースで済みます。



さらに、押し入れとは別に3畳程度の納戸を作っておくと、ご両親の荷物も整理できます。



また、独立したお子さんたちの2階にある部屋をリフォームして親世帯と暮らすという方もいます。



この場合、洋室から和室へのリフォームの希望が多く6畳2問を10畳の和室と収納に変えるなど、お年寄り向きのインテリアに変更します。



雨漏り修繕のような依頼は地元がおすすめです。
0

完全分離型  

親世帯と子世帯が全く別々の居住空間を持つタイプです。



玄関から居間、台所、お風呂、トイレ、寝室とすべての設備をそれぞれに取り入れることになります。



建て替えないで行うならば既存の家に増築しますが、かなりの敷地面積が必要になります。



新たに、2階部分にこれらを増築するとなると、既存の家の強度の問題があります。



また、増築した2階部分に新しく水まわりを作るには施工上難しい面も出てきます。



それならば隣接した場所に並んで2階建て家屋を増築し、廊下の一部でつなげるというような間取りがよいでしょう。



ただし建築基準法で、ひとつの敷地にふたつの住居を建築することはできないという決まりがあるので、どのような住居であれば建築できるのか専門家に確認を。



また、別々にすると電気やガス、水道など新たなメーター設置などが必要になることも考慮しましょう。



信頼できる雨漏り修繕はきちんと選びましょう。
0




AutoPage最新お知らせ