資産価値の維持。  

経済環境が悪くても住む場所は必要ですよね。

これまで以上に現実的な選択肢と考えると、

中古住宅という選択も増えそうです。

さらに賃貸もニーズが高まっていくでしょう〜

中古住宅の流通は今後は増加傾向で、売買頻度が高まっていくと思います。

ただ、日本は中古住宅流通がかなり少ないんですね〜。 

少し古くなるとすぐに壊して、新築住宅へ。。ということが多いってことですね。

上手にリフォーム、リノベーションして最適な居住空間を目指すってのが

今後の流れとみるべきかと思います。

この価値を落とさないかがとても重要となってきます。 

新築マンション等、

作っても売れないという状況はしばらく続き、

回復するにはかなりかかりそうです。

0

タイミング・・・。  

不動産の売却で基本姿勢は、

どの不動産もオンリーワンということを理解した上で、

客観的に査定してもらい、

合理的な売出価格を決めることだと思います。 

つぎに、タイミングと売るための精神的労力によるところが大きいと思います。

不動産を売る人がいて、買う人がいる。 

これを結びつけるのが不動産仲介会社です。

不動産が適切な価格で確実に売れ、

納得できる結果となるかどうかも

不動産仲介の会社によるところが大きいですね。

0

不動産屋さんとの距離・・・  

不動産会社にも賃貸か売却か相談できるサービスを提供されているところもあり、

担当者によっては親身に相談に乗ってもらえることもありますが、

不動産会社には、賃料査定額や売却査定額を提示してもらうこと、

購入希望者の発掘と仲介を客観的に依頼するという感じが

良いのではないかと思います。

価格や賃料も最終的にオーナーが決断すべきこととなります。

出来る限りその判断材料となる事実収集をしたうえで、

自分の判断を固めて決定できるという流れを作りたいですね。

営業マンにすべての主導権を委ねるのではなく、

フットワークが軽いところを見極めることが重要ですね。 

一括査定を依頼した場合も、

金額そのものの高低ではなく、

そのあたりの客観性と適切なフットワークを

比較評価基準とすると良いかもしれません。

0

売るか、、、貸すか???  

マンションと一戸建て、立地条件や物件の状態でもかなりちがってきます。

賃料収入のシミュレーションも、入居者が常に見込まれるかどうか、

リフォーム費用や入居者とのトラブル回避のための管理コスト、

さらに税金面も加味しながらトータルコストを把握した上で

判断するのが重要なのですが、これは一般のひとにはかなり難しいものです。


許されるならば、ファイナンシャルプランナーに相談できるとよいと思います。

0

急に・・・家を・・売る?!  

一般人にとって不動産の売却は皆、初心者です。

そういう意味でも、自分が納得いくところまで

情報を収集して判断材料を持ちつつ、よき不動産会社に

出会うことが成功の秘訣だと思います。

私自身も、両親の不動産をいくつか売却しました。

特に、緊急の売却を必要としてなかったので

じっくりと勉強してみました。。。。
0




AutoPage最新お知らせ