2013/2/13

薄毛を気にするのは女性も同じ@まずは気持ちの持ちようから  

青汁を育毛に役立てているという人が少なくありません。
というのも、髪の毛は食生活の影響を受けるからです。

いくら育毛剤や発毛剤を熱心に使用していても、食生活が乱れていると効果がありません。
特に野菜は不足しがちですが、食生活を改善するために青汁を飲んでいるという人が多くなっているのです。

青汁というと美味しくない、苦いというイメージから、手を出しにくいという人もいるのではないでしょうか。
しかしながら、このところは美味しく飲める青汁も多くなっているので、抵抗なく飲めるようになっていますし、続けやすくなっています。

また、青汁というと血流を改善する、血液をサラサラにするなど、血の巡りに関する効果が期待できるという話を聞きますよね。
血の巡りが良くなると、髪の毛や頭皮にも上手く栄養が行き渡るようになるのではないでしょうか。

育毛や発毛というと薬などのほうに目がいきがちですが、食生活にも気を遣う必要があるのです。
髪の毛のために青汁を役立てていくと良いですね。
男性だけでなく女性の薄毛にも、食生活は大きく影響します。
女性も男性同様に育毛について真剣に考える必要があるかもしれません。

男性の髪の悩みといえば、薄毛ではないでしょうか。
薄毛を気にする男性はかなり多いようですが、実は薄毛を気にする男性の3割は頭髪を気にかけすぎる思い込み薄毛だといわれています。
これは男性だけに限らず、女性の薄毛にも言える傾向だそうです。

頭髪には一生のサイクルがあり、正常な場合2年から6年の成長期を経て毛球が退化して脱毛します。
古くなった毛が抜け、新しい毛が生えるのはごく自然なことです。

男性型脱毛症で額の生え際や頭頂部の薄毛が目立つ人は、この部分の頭髪の成長期が1年未満で終わってしまいます。
髪が1年ぶんしかないので髪の量がふえませんし、太く長く伸びることができる余地がないため、髪がいつまでも少ないままです。

薄毛を気にする男性の多くは、多少のお金がかかっても治療したいと思うものです。とはいえ、十分に髪があるのに薄毛だと思っている男性もいます。
正常な頭髪にもかかわらず治療をしようとする人の多くは若い人だといいます。

父親が薄毛で遺伝を過度に気にしたり、洗髪時に抜けた髪を数えるなど強迫的な傾向があるといいます。
あまりにも薄毛に関して悩みすぎて、うつになったという方もいます。

薄毛を改善するよりも、心療内科にかかる方が症状の改善につながったりします。
精神科治療によって髪の悩みが解消される人もかなり多いようです。

人によっては、髪の量をふやせば薄毛の問題が解決するというわけではなく、心の持ち方に本質的な問題が存在していたりします。
0

2012/12/11

この一年を真剣に考える  

あぁ、今年もあっという間に一年が終わる。

今年はブログで年越しでもしてみようかな。

と言うわけで宜しくお願いします!!

0

2012/11/22

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ