2011/6/19 | 投稿者: sokudoku230520



一冊を読み終える所要時間は、ベルグ氏の世界一位速度の速読を取り入れたこの速読を吸収することで、びっくりするほど短縮できるようになります。

速読にはいろいろな方法がありますが、それらの長所を活用しながら、合理的な速読を発案していきたいと思います。

最高速度の読書を成功できるだけではありません。

★速く読むことが出来るだけでなく確り理解できる速読。

以前からの読書速度だけに囚われている速読では本当の充足感は得られません。

その読み終えた中身の奥の深い理解が伴っていなければ、本来の意味での速読として認め難いのではないでしょうか?

速読の世界タイトルホルダーであるベルク氏は、本を読む速度だけでなく、理解の深さにおいても、たくさんの人の前でそのテクニックの素晴らしさを見せつけた。

世界最速の読書速度で本を読みながら、その中身を正しく理解する力を得るためにベルグ氏は様々な工夫をしています。

★本の中身により理解速度が変わるのは当たり前だから・・・。

ひとつ目は、本の難易度・専門性等により、3つの読書速度を使い分けて、速読するという事です。

他にもスキーム法という方法をはじめ、様々な目ざましい速読テクニックを用いて、少ない時間ですばやく文を分かっているのである。

速読や速解の能力をもたらしてくれるだけではなく、この速読方法は想定外の利点をもたらすこともつけ加えておこう。

★速読により得られる想定外の利点。

そのひとつは、想像できる力、創造できる力、創造する力などを進歩できることである。

右脳のはたらきが、少ない時間で文を速読しているときには活発化されていることが判明しています。

右脳はよく芸術的な感覚の中枢(ちゅうすう)だと言われています。

それは莫大な印象を構成できる性能を備えているのです。

普段はなかなか発揮されることのない潜在能力が、こうした右脳の感覚とも言えるでしょう。

この右脳の莫大な潜在能力が、速読により進歩されるため、豊かな印象を描く知性を得られるようになっていくのです。

速読から得られるものは、このように想定外の派生物ももたらします。

強力な手段(来るべき21世紀の情報の過剰な社会に必要なもの)を得る事とともに、厚味のある知性や人間性がはぐくまれることにもなるでしょう。
0

2011/6/11 | 投稿者: sokudoku230520

クリックすると元のサイズで表示します
情報進歩社会をむかえたこともあり、時流の変遷とともに、熟読(じゅくどく)を好む日本人も、速読にたいする意識はじょじょに増してきた。

だが、これまで日本で導入されることの多かった速読の方法論には、残念ながら短所があったと言えます。読書は熟読(じゅくどく)だけではないことを示した功積があったことはもちろん高く評価すべきなのですが・・・。

私が会社に就職したころ、生活が多忙を極めていくうちに、何ともうつろな感情に襲われていました。

なぜなら、以前は本好きの青年であったのに、社会人となってからは業務に追われ、やや時間の余裕があった青春時代のように、あまり本を読む時間を確保することができなかったからである。

このまま業務に流されて本を読めなければ、生涯の意味もわからず、満足した日々を送ることができなくなる。

そんな危機意識を感じたわたしは、夜間制の速読塾で学ぼうと決意しました。

サラリーマンにとって、決して馬鹿にならない出費をつぎこんで速読塾に通ったのです。

しかし、私が得られた速読技術は、自分自身の感覚として、とても十分なものでないことに気づいてしまったのです。

私が吸収した速読の方法論とは、右脳式速読法というもので、1分間に1冊の本ですら読むことが可能いうことで話題になり、当時の私にもとて魅力的に感じたものでした。

しかし、こういった方法は目の性能トレーニングと読書スピードのみにフォーカスをします。自分自身の読みたくない本でも無理にスピードをあわせるトレーニングをつづけ、何文字読んだかスピードを競うことばかりしか考えていないので、下のような短所が指摘されてきました。

第一に、結構なお金と時間を必要とすること。

第二に、常に楽しくないトレーニングを継続していかなければ、本を読むスピードを保てないこと。

トレーニングを怠ると、スピードは絶対に落ちてきます

これは、タイピングなどのトレーニングと同様に、目の筋肉を動かすだけの機械的なトレーニングであるために、そのトレーニングを続けないとスピードはなまってくるのです。

第三に、機械的トレーニングでは自分自身がほんとうに欲しかった情報と教養が身につかないので、結局は続かないことです。

言わば、実際のトレーニングと読書を楽しむことが反比例しており、読書で得たいと思う情報が吸収できない。これでは本末転倒と言えるでしょう。

こういうふうにトレーニングで、読書スピードには覚醒したものの、このままでは満足できなくなっていた。
0
タグ: 速読 見直し 欠点

2011/6/3 | 投稿者: sokudoku230520

クリックすると元のサイズで表示します

同様に職烈を極めるスケジュールのなかでたくさんの人が生活しているにも拘らず、我が国よりもアメリカで速読術(フォトリーディング)が進化した理由は何なのだろうか?

比喩的に言うならば、狩猟民族と農耕民族の違いといったらよいかもしれない。

毎日何十冊、何百冊と出版される本を、速読術(フォトリーディング)であれば極力ひろくカバーし、かつ自分独自に最も大切な情報を入手できるでしょう。

そして、最も大切な情報を、本のなかから的確に取り出せるテクニックとも言える。

それは広々とした牧草地で小さな鹿の後を追い、走り去ろうとする獲物のなかから、大切な獲物を速やかに狙い撃ちする狩猟(ハンティング)のようなものだ。

これに対して、じっくりと一冊の本を熟読するのが好きな我が国は、農耕民族的な性格なのです。

自分独自の心という畑を荒れ野から耕作し、肥沃な土地にし、智慧や知識という種を蒔いたりして、育てていくようなものです。

書物という媒体を介して作者と対話し、知識を取り込んで自分独自の世界観構築や方法論を練り上げて育てていく。

尤もこのような読書好きの我が国の人間が、年々減るのは情けないが。

我が国における書物は、古来こうした熟読型の読書メソッドが大きな役わりを果たしてきた。

じっくりと、書かれている中味の意味するところを味わい、ときには作者と対話しながら読む。

自分が重要だと思う部分には下線を引いたりなどしていくと、もっと深く作者の言いたいことが染みこんでくる。

空きスペースに自分独自の印象やシンプルな覚えがきを書きこんでもみる。

そんな方法が、我が国には合っていたようだ。

この農耕型の熟読を、決して否定する訳ではありません。

むしろ自分にとって、人生の基本となりそうな重要な本は、時間をとってゆっくり熟読、精読していくことは大切なことである。

これによって、自分にとって重要なこと、進むべき真意、重宝する価値ある人生を送る方法など人生において大切なことを知ることが出来るでしょう。力強い揺るぎ無い人生を歩むための手助けとなるのです。
0

2011/5/29 | 投稿者: sokudoku230520

クリックすると元のサイズで表示します

勉強や仕事に必要不可欠な本やデータ、試験のための教材をたったの数分で読み終え、完全に覚える事ができれば・・・。

そのような願望を実現するのが、速読術だ。

年1000冊の読書も、これにより可能になる。

情報の過剰な社会と云われるようになって久しい。

甘くない淘汰がくり返されるなか、刻一刻と状況が素早く変遷し、個人も会社も、最新の情報を取り入れていかないと、生き残ることが出来ない時代となっています。

情報の受領と発信も進化し、時代の願いに応えるべく、いわゆるマルチメディアの時代へと進化を遂げようとしている。

瞬時に大量の情報を受け取ることが出来ることとなり、ネットを代表とする新しい情報交換システムが、既存の情報の出どころであった書物・新聞・テレビ・ラジオにくわえて、築かれて進展をつづけている。

そんな最先端の情報メディアに押し流されそうな感覚があるものの、未だ大量の価値をもってきらめいているメディアといえば、書物、結局本があげられるでしょう。

例えば、わが国の国立国会図書館には600万冊以上の本があると云われるが、その一冊一冊が、執筆者が研究者としての深い知識と知恵を総動員して刊行したものだ。

高度な知識やオリジナル性を、人が自分独自の中に育てようと欲すれば、こういうふうに莫大な本の中から自分独自の望みに沿ったものを任意に選択できます。結局これからの社会で望まれている個性を育てることが出来るという点では、本の右に出るメディアはないでしょう。

本は、人間が築いてきた知恵の凝縮されたものであり、情報・知識の宝庫なんです。

こういうふうに専門性・選択性という価値のほかに、根本的に一方的で一瞬のワンウェイ・コミュニケーションであるテレビなどにたいして、伝播性においても、蓄積された莫大な数の中から、本の場合は任意に選べ、好きな時間に好きなページを読める、結局勉強する時間や本の種類を、個人の好き嫌いや進歩の程度に応じてあわせることが出来る。

本は、自己を高める生涯学習に最適の手段ということが出来る。

しかし、現代のわが国の刊行事情を思案すると、これらの大量の価値がある本だが、新刊本ひとつとっても情報の洪水といった状況があります。

毎日、新刊書が約200点以上も刊行され、新刊書の山が次から次にできているのです。

新聞、テレビ、ネットなど、他のメディアからも、おまけに多数の情報がおしよせる。

自分独自にもっとも必要不可欠な情報を、本の中から抽出する技術をもつことが深い意味合いを帯びてきます。速読術を身につければ、この情報の波の中で、押し流され、かき回されててしまわないようにすることが出来る。

適切な本を探しだし、本から短時間で自分独自にもっとも必要不可欠な情報を取得する速読術の技術こそが、どんな風にマルチメディアが発達しようとも、絶対の決め手だと言いうるのだ。21世紀の情報大戦争時代を生き残るためには・・・。

この速読術の技術は、ネットの莫大な情報から、スピーディーに重要な情報を抽出して把握することにも利用できる。なぜなら、速読術は、情報管理の技術であるから。
0




AutoPage最新お知らせ