2013/7/14 | 投稿者: まかまか

太陽光発電を一括を扱っている会社は、今どんどん増えています。
太陽光発電の必要性を感じ、将来を鑑み、設置を考えている人が多くなってきているのですから、
当然と言えば 当然です。

しかし、その「一括見積もりを運営している会社」そのものを知る必要があるのです。
教育を受けた専門的な話を聞かせてくれる「運営会社」も、もちろんあります。

反対に、「一括見積もりのことを相談しようと電話をしたら、応対してくれた方が、
あまりわかっていなかった」などということもありえます。
インターネットのページは、作り手によって、相手に伝える印象をよくすることができます。

ものすごく親切そうで、ものすごく経験があるように書かれているところも多いです。
そういうところでも、インターネットページの下のほうに書かれている「会社概要」を見ると
意外に多いのが、「設立年月日」「資本金」がまったく記入されていないところがあるのです。

設立年月日が書けない理由は、なんだと思いますか?
インターネットページを作成して、それを公開して間がないからです。

運営会社によっては、今年の夏に開始したところもあって、一括見積もりはコチラと書いてあるところを
クリックしても、なんの反応もないという、笑い話に近いところもあります。

一括見積もりなら、どこでしても同じでしょ、という解釈は少し違うようですね。
気がつかないところに小さく書いてあることのほうが、意外と重要だったりします。

一括見積もりで歴史があり、利用者数NO1で、TVなどでも紹介された「タイナビ」が今のところ安心できそうです。
もし不安な方は調べればいろいろでてくるでしょう。
厳密な審査を受けた会社のみの相見積もりですのでここの一括見積もりサイトは安心できそうです。

そのタイナビ押しの体験談があるサイトはこちら
http://solar-kakaku.net/
0

2013/6/11 | 投稿者: pon

手作りで太陽光発電を行う方法をご説明した際は、太陽光発電によりできた直流の電気を交流に換えるために、インバータを使う、というご説明をさせていただきました。
一方で家庭用の太陽光発電のシステムを購入すると、パワーコンディショナーが設置されることになり、この機能は直流の電気を交流に換えることです。
では、インバータとパワーコンディショナーって同じものなのでしょうか?

インバータと紛らわしいものに、コンバータというものがあります。これは、交流を直流に換える装置です。ACアダプターがコンバータの一つです。

これに対してパワーコンディショナーはインバータと同じく直流を交流に変換するのは間違いなく、インバータの一種であるとか、インバータを内臓しているとか説明できると思いますが、働きがこれだけに限定されないことからインバータとは別のパワーコンディショナーという呼び名が与えられているのです。
その特別な機能とは、インバータが、そこに送られてきた電気を一定の分量で交流へと変換するのに対してパワーコンディショナーはほぼ全量を変換する、という点にあります。
通常はインバータで変換した電気を何かに使うので、使う電気機器の電圧に合わせて変換してくれれば十分なのです。例えばいいとは思えないのえすが、サラダにかけるドレッシングってフタの形状によってドバッと出ないようになっていますよね。これがインバータだとすると、パワーコンディショナーは、フタ毎取ってしまったようなもの、だと考えることができます。
パワーコンディショナーがこのように変換に枠を設けていないのは、いくら電気を作っても売却することができるためです。
そのため、変換の効率がよいかどうかが問題となります。

なお、インバータを利用した場合に比べて余分に作られる電力は、売電にまわるだけではなく、緊急時にパワーコンディショナー自体が動くために用いられたり、売電に必要な調整に用いられたりしています。
0




AutoPage最新お知らせ