2013/2/18

ストレスが大敵?  

ヒトは胃で食物の消化を行い、その働きを担うのが胃酸です。
過度のストレスや飲酒など、何らかの理由で防御機能が弱まると、胃酸が細胞に直接ダメージを与えるようになり、爛れたり炎症を起こしたりします。
これが消化性潰瘍の一つ・胃潰瘍のあらましです。
胃潰瘍がどの段階にあるかの判断は、分類法によって変わります。
崎田分類では、皮膚が腫れているか、苔のような状態になっているか、その上に再生途中の新しい皮膚や粘膜が覆いかぶさるようになっているか、潰瘍は治り跡だけが残っている状態なのか等を見ます。

胃潰瘍について
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ