大きく差が出る

2013/5/4 
よく聞く話ですが、どうでしょう?
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。どうしても、販売手数料が安いものに目がいってしまいますが、運用している最中にかかってしまう信託報酬も重要です。かといって、信託報酬が若干高くても、運用期間が短ければ十分安い手数料となります。バランスを考えて、投資信託の手数料を比較することが必要です。
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。投資信託の手数料を比較するとわかりますが、大きく差が出るのが、購入時の手数料です。そして、一見、差が小さいと見えるのが、信託報酬です。しかし、信託報酬は、長期間運用すればするほど、その影響が大きくなるものです。投資信託の手数料を比較するには、長期的な観点も必要となります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は3.675%が上限とされていますが3.15%のところが多いようです。購入時には、株価変動リスクや為替変動リスクについて目論見書等で確認しておくことをお勧めします。
このピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは主に外国の株式に投資するファンドですから、為替変動リスクや株価変動リスクが存在し、基準価額が下落する可能性もあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行を通して購入することができますが、取り扱っているのはローカルなところが多いようです。投資信託を販売している銀行、郵便局、証券会社などで公表されている投資信託の基準価額はこのようにして計算された速報値です。投資信託の基準価額を算出するのは運用会社の役割であり、運用会社は日々の投資信託の基準価額を算出し、速報値として発表しています。株に株価があるように投資信託にも基準価額あるいは基準価格と呼ばれるものがあります。この投資信託の基準価額は日々の市場終了後に速報値として発表されます。投資信託の基準価額は1日1回決定される投資信託の値段であり、投資信託はこの価格で売買されます。
いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

teacup.ブログ START!

2013/5/4 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ