2013/3/6

国民年金または厚生年金  

この前知り合いから聞いたんですが、
国民生活金融公庫の教育ローンは、子供の教育資金を必要とする方向けに、中小企業向けに貸し出しを主とする政府出資の金融機関:国民生活金融公庫の融資ローンです。このローンは教育目的限定です。例えば、学校への納付金(入学金、授業料など)、受験費用(受験料、受験の交通・宿泊費など) 住宅費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)、その他教科書代、教材費、パソコン購入、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料などが適用対象です。返済期間は最長10年以内です。返済方法は毎月払いとボーナス併用できます。融資の対象となる学校は、公的な学校となり、任意団体は適用外となります。主なものは 大学、大学院、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、予備校などです。この教育ローンは、教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付の3つの種類に分かれています。
国民生活金融公庫の教育ローンとは、子供の教育資金を必要な方向けに国民生活金融公庫の融資するローンです。国民生活金融公庫とは、中小企業向けに貸し出しを主とする政府出資の金融機関です。このローンは使用用途が限定されていて、入学金、授業料などの学校納付金、受験料、受験の交通・宿泊費などつ目の年金教育貸付は、国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが条件です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円まで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などです。
年金加入者が対象の年金教育貸付があります。国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが必要です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円までで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などになります。便利になってるもんですね〜いいですよね〜これって。
それから、こっちも参考になりますよ。
どうでしょうか。
0

2013/3/6

融資条件として  

今日見つけたんですが・・・
フラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。フラット35を利用する時点で注意したいのが申込みから承認までの時間です。通常2週間〜1ヶ月と承認までに時間がかかることから、時間的に余裕を持って申込みを行わないと物件引渡し時に間に合わないということも起こりかねませんので、申込みの際には注意が必要です。フラット35の融資条件として最低年収などの下限設定はありません。つまり年収が低くてもローンを融資を受けやすいということです。ただし申込みをする人の月収が返済額の4倍以上になるように融資額を設定しなければならないので、融資を受けられる金額には上限があるということです。フラット35は繰り上げ返済時の手数料がかからないということも注目されるひとつですが、返済できる額が100万円からと多少金額が高くなっています。しかしその他の住宅ローンは小額の繰上げ返済が可能でもその都度手数料がかかることを考えれば妥当なものかもしれません何だかよくか理解できないよね?どうかな?
ただ何となく
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ