2013/5/8

どれがよいと  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
投資信託の基準価額は株や債権の価格変化に合わせて日々変動します。投資信託の基準価額は運用会社が日々計算し、その日のうちに速報として発表します。投資信託の基準価額の速報値は、販売会社のホームページや投資信託情報サイト(モーニングスターなど)で確認することができます。
冒頭にも述べましたが、投資信託の基準価額は市場終了後に運用会社が算出しその日の速報値が公表されます。この速報値は運用会社や販売会社のホームページで確認することができますが、一部の販売会社では速報値の公表が翌日になることもあります。投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。価格.comの投資信託サイトでは、投資信託の比較がお手軽にできます。買いたいと思っているファンドが決まっている場合には有効活用ができます。
投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。そんな中で、これは、便利というサイトがありました。ファンドは、さまざまなものがあり、どれがよいと一概に言えないものです。手数料についても、比較はむずかしい。しかし、ここではそれが一覧表になっています。マザーズ指数の計算方法ですが、マザーズ市場に上場されている各銘柄ごとの株価と株数(浮動株基準)を掛け合わせた時価総額を合計し、基準日である2003年9月12日の時価総額で割って、基準値である1000を掛けます。したがって東証マザーズ指数は2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額合計を1000としたときの時価総額の指標となります。
マザーズ指数は、2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額を1000としたときの時価総額の比率で表されます。具体的にはマザーズ市場の各上場株式ごとの時価総額を合計し、2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額で割って、さらに1000を掛けたものがマザーズ指数となります。ってそんな事の知ってましたか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ