2013/5/25

解約するということ  

この前知り合いから聞いたんですが、
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、販売手数料が高い、投資信託Aとその投資信託に比較して、販売手数料が低い投資信託Bを比較してみるとします。運用している年数が低い場合は、販売手数料が安い投資信託Bがお得かもしれませんが、もし、投資信託Bの信託報酬が高ければ、長い間、運用していけば、投資信託Aの方がお得になるかもしれません。
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、日本株TOPIXに連動する投資信託であっても、その手数料はさまざまです。販売手数料が安くても、信託報酬が高ければ、長期的に見れば、結果的に手数料が高くなってしまうもののあります。投資信託の手数料の比較を行う場合には、どのような視点にたつかをしっかりきめなくては、比較できません。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の運用は、プロに任せているので、保有しているときにも手数料がかかります。これを信託報酬といいます。信託報酬は、運用している間にかかる手数料なので、販売手数料とことなり、長期でどのくらいかかるかを検討することが必要になります。しかし、リターンが高いものは、運用も難しいし手間がかかるので、信託報酬は高めとなっています。できるだけ低い手数料としたいところですが、比較するときには、信託報酬だけをみるのではなく、過去の実績やリスクの高さなど、さまざなま検討が必要となります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。解約するときには、「信託財産保留金」という手数料がかかります。投資信託は、多くのお金を複数の投資家から集めて運用しています。しかし、途中で解約するということは、そのお金をつくるために、株や債権を売る必要があります。このときに売却費用がかかりますが、これを解約する投資家、解約しない投資家にも公平ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は3.675%が上限とされていますが3.15%のところが多いようです。購入時には、株価変動リスクや為替変動リスクについて目論見書等で確認しておくことをお勧めします。
このピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは主に外国の株式に投資するファンドですから、為替変動リスクや株価変動リスクが存在し、基準価額が下落する可能性もあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行を通して購入することができますが、取り扱っているのはローカルなところが多いようです。だって。そんなことってありますか?
私はあまり聞いたことないのでびっくりしちゃった。
0

2013/5/25

解約するということ  

この前知り合いから聞いたんですが、
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、販売手数料が高い、投資信託Aとその投資信託に比較して、販売手数料が低い投資信託Bを比較してみるとします。運用している年数が低い場合は、販売手数料が安い投資信託Bがお得かもしれませんが、もし、投資信託Bの信託報酬が高ければ、長い間、運用していけば、投資信託Aの方がお得になるかもしれません。
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、日本株TOPIXに連動する投資信託であっても、その手数料はさまざまです。販売手数料が安くても、信託報酬が高ければ、長期的に見れば、結果的に手数料が高くなってしまうもののあります。投資信託の手数料の比較を行う場合には、どのような視点にたつかをしっかりきめなくては、比較できません。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の運用は、プロに任せているので、保有しているときにも手数料がかかります。これを信託報酬といいます。信託報酬は、運用している間にかかる手数料なので、販売手数料とことなり、長期でどのくらいかかるかを検討することが必要になります。しかし、リターンが高いものは、運用も難しいし手間がかかるので、信託報酬は高めとなっています。できるだけ低い手数料としたいところですが、比較するときには、信託報酬だけをみるのではなく、過去の実績やリスクの高さなど、さまざなま検討が必要となります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。解約するときには、「信託財産保留金」という手数料がかかります。投資信託は、多くのお金を複数の投資家から集めて運用しています。しかし、途中で解約するということは、そのお金をつくるために、株や債権を売る必要があります。このときに売却費用がかかりますが、これを解約する投資家、解約しない投資家にも公平ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は3.675%が上限とされていますが3.15%のところが多いようです。購入時には、株価変動リスクや為替変動リスクについて目論見書等で確認しておくことをお勧めします。
このピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは主に外国の株式に投資するファンドですから、為替変動リスクや株価変動リスクが存在し、基準価額が下落する可能性もあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行を通して購入することができますが、取り扱っているのはローカルなところが多いようです。だって。そんなことってありますか?
私はあまり聞いたことないのでびっくりしちゃった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ