2013/5/8

原則として  

この前知り合いから聞いたんですが、
マザーズ指数のチャートは2004年7月とライブドア事件の起こった2006年1月にいずれも約2800でダブル天井をつけて、それ以降現在まで下落トレンドが続いています。2007年3月20日時点のマザーズ指数は1031であり2003年の指数導入時と同水準となっています。
マザーズ指数は日経平均株価や東証株価指数が底をつけた2003年4月より少し早い2003年3月に約400で底打ちし、2003年5月からの日本経済の上昇に伴ってマザーズ指数も上昇しましたが1年余りで上昇は終わり、2006年1月のライブドア事件以降は下落トレンドが続いており、2007年3月のマザーズ指数は約1000です。それでは、投資信託の価値を表す基準価額はどのように計算されるのでしょう。投資信託に組み入れられている株や債権などの有価証券を時価評価し、利息や配当金などを加え運用のコストを差し引いた純資産総額を、総受益権口数で割ったものが投資信託の基準価額となります。
さて、投資信託の基準価額は具体的にはどのような方法で算出されているのでしょう。まず、投資信託に組み入れられている有価証券の時価総額に債権の利子や株の配当金を加えて投資信託の資産総額を求めます。次に資産総額から運用コストを引いた純資産総額を求めます。最後に純資産総額を投資信託の総口数で割ったものが投資信託の基準価額となります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、世界の公益企業が発行する株式を投資対象とする投資信託です。公益株への投資は投資信託証券を通じて行います(ファンド・オブ・ファンズ形式)。主に配当利回りの高い上場公益株に投資し、原則として為替ヘッジはせず、毎月の決算時に分配金を受け取ることができます。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、主に投資信託証券を通じて世界の公益株に投資するファンド・オブ・ファンズ(FOF)形式のファンドです。安定的な分配原資の獲得と信託財産の成長を図ることを目的として運用されます。原則として為替ヘッジはなしで、毎月10日の決算時に分配金が支払われます。だって。そんなことってありますか?私びっくりしちゃった。
0

2013/5/8

手数料はバランス  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
東証マザーズ市場は1999年に設立され、次世代を担う優れた技術やノウハウをもつ新興企業に対し株式公開による早期の資金提供を可能とし、新興企業が飛躍できる場を提供しています。東証マザーズ市場の上場基準は東証一部や二部と比較して緩く、上場プロセスも短縮・簡略化されています。
東証マザーズ市場では、今後の成長が期待される新興企業の早期上場を可能にするため、東証一部や東証二部と比較して上場審査書類が簡略化され上場審査期間も短縮されています。現在のマザーズ市場の上場株式数は約190社で、最近ではUSJも上場しています。マザーズ指数の計算式は「指数=算出時の時価総額÷基準時の時価総額x基準値」です。マザーズ指数の場合、基準時は2003年9月12日、基準値は1000です。マザーズ指数は東証により計算されリアルタイムで15秒ごとに全国の証券会社や報道機関に配信されています。投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。価格.comの投資信託サイトでは、投資信託の比較がお手軽にできます。買いたいと思っているファンドが決まっている場合には有効活用ができます。
投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。そんな中で、これは、便利というサイトがありました。ファンドは、さまざまなものがあり、どれがよいと一概に言えないものです。手数料についても、比較はむずかしい。しかし、ここではそれが一覧表になっています。ちょっとびっくりだよね。
クレジットカード付随海外保険とは
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ