手数料を比較

2013/5/8 
こんな記事を見つけたんです。
マザーズ指数は2001年3月30日までさかのぼって計算されており、その時点では約1200でした。その後2003年3月に400を割り込むまで下落した後、2004年7月の約2800まで上昇し、2004年11月の約1400まで下落、2006年1月に再び約2800まで上昇した後下落に転じ、2007年3月には約1000となっています。
マザーズ指数は日本の株式市場が14年ぶりの底値をつけた2003年4月から2004年7月までは上昇トレンドに入り、2004年12月までは下落トレンドに入りました。2005年は横ばいでしたが2005年末から急上昇し、2006年1月のライブドア事件を機に現在(2007年3月)まで下落トレンドが続いています。投資信託はリスクが少ないのですが、それだけ手数料がかかります。投資信託は、プロに運用をしてもらっています。いわば、プロを雇って運用している形態となります。しかし、この手数料は一定ではなく、購入先や、購入するファンドにより異なります。投資信託の手数料を比較して、できるだけ手数料を下げることも投資信託を選ぶポイントとなります。
投資信託は、プロに運用を任せている、多くの資金をまとめて運用しているという特徴があり、個人の投資とは若干異なります。このような仕組みであるため、リスクはすくないのですが、そこには手数料がかかります。この投資信託の手数料は、購入先、購入ファンドにより異なります。投資信託の手数料を比較、検討することも、投資信託選びの重要なポイントです。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は3.675%が上限とされていますが3.15%のところが多いようです。購入時には、株価変動リスクや為替変動リスクについて目論見書等で確認しておくことをお勧めします。
このピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは主に外国の株式に投資するファンドですから、為替変動リスクや株価変動リスクが存在し、基準価額が下落する可能性もあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行を通して購入することができますが、取り扱っているのはローカルなところが多いようです。便利になってるもんですね〜
0

導入した指数

2013/5/8 
そういえば最近こんなことをよく聞くのですが
マザーズ指数とは、2003年9月より導入された東証マザーズ市場全体の値動きを表す株価指数です。マザーズ指数は東証株価指数(TOPIX)等と同様に時価総額加重型の株価指数であり、資産としての株式の価値の変動を示す指数です。
マザーズ指数は2003年9月から導入された、東証マザーズ市場の時価総額の変動を表す株価指数です。日経平均株価が株価平均型の株価指数であるのに対し、東証株価指数(TOPIX)やマザーズ指数などは時価総額加重型であり、資産運用の評価基準として利用するのに便利です。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、配当利回りの高い世界の公益株に投資します。2005年の設定にもかかわらずその成長性と毎月の分配金から大変な人気を誇るファンドに成長しています。主に欧米の公益株で運用され、外貨建て資産の為替ヘッジは原則として行いません。マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。
マザーズ指数とは、2003年9月より導入された東証マザーズ市場全体の値動きを表す株価指数です。マザーズ指数は東証株価指数(TOPIX)等と同様に時価総額加重型の株価指数であり、資産としての株式の価値の変動を示す指数です。
結構いいと思いませんか?
クレジットカード海外保険比較
0



AutoPage最新お知らせ