2013/4/8

はじけたバブルと身の丈にあった生活  


九一年頃、バブル経済が崩壊し、消費が二極化した、と言われだした。



大型高級品を求める人と、全く合理的な消費をする人に分かれたのだ。



目先のファッションよりも、本当に何が必要かで決める。



体の健康、心の健康を共に満たすもの、そして地球資源も大切にしたい。



本当のエコロジーに目覚める時代が来た。



九二年、供給側からすれば、何を作っても売れた時代から、作っても作ってもたやすくは売れない時代へ。



需要側からすれば、欲しいけれど買えないというより、買わなくても済む時代へ入ってしまった。



建て替えもいらない、買い替えもいらない。



外装や内装はアスベスト(石綿)対策できちんと手直し、間取りも変更するならリフォームしよう、そんな時代がきた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ