2013/5/8

洋館のあるお家  

私の家では襖(ふすま)を張り替えるか、床の間の掛軸を掛けかえるか、押し入れの使い勝手を考えるくらいしか、インテリアの工夫の余地はなかった。



ていねいな所では毎年夏になると、襖を簾(すだれ)戸に替え、畳に籐(とう)むしろを敷き、風鈴など掛けて、クーラーの代わりに涼をとる工夫をしたくらいのものだった。



洋館のある家、または家ごと洋館になっている家が、まず、住宅インテリアの対象物件として、主に百貨店の建装部とか装工部とかで扱われていたことを、長じて知るところとなった。



大学を卒業した六〇年代半ば頃、某百貨店でシャンブルシャルマント展というのを毎年やっていて、それこそシャルマン(チャーミング)な欧米の家具の展示が、ちょっと届かない庶民に夢を与え続けていた。



先ごろ、皇太子さま御成婚で何かと取り沙汰されたが、お妃ファッションということがテレビで話題になったことがあった。



あこがれの的であったり、便乗商法の的であったりする点で、かつての美智子妃のお召し物と、今回の雅子妃のお召し物を比較していた中で、四十年前はオーダーメイドであったが、いまはレディーメイドの時代だから、そっくり真似するのでなく、コーディネートのセンスが問われるのだという指摘があった。



その通り、アスベスト(石綿)対策やインテリアもそうなのだ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ