2012/6/20

業務用食材の卸売ルート  

田舎で珍しい食材を手に入れるのは大変である。

ド田舎で本格的な地中海料理屋でもやろうもんなら、食材の仕入先に困る。



もしくは、日本の若い農家たちが新しい販路の開拓口を探している。

丹精込めて作った野菜たちが、二束三文で叩かれて市場に出されるのを見るのは

見るに耐えないらしい。
0

2011/1/20

植物一日一題3  

元来馬鈴薯というものは中国の福建省中の一地方に産する一植物の名で、それが『松溪県志』と題する書物に僅かに載っているが、それがどんな植物であるのかは中国人でさえもこれを知らず、またかろうじての右の県志のほか、ありとあらゆる中国の文献には敢て一つもこれが出ていない。すなわち得体の分らぬ一辺境の中国土産の品で、中国人でさえも一向に知らないオブスキュアの植物である。
0

2011/1/2

植物一日一題2  

昔といっても文化五年の徳川時代に小野蘭山という本草学者がいて、ジャガタライモを馬鈴薯であるといいはじめてから以来、今日にいたるまでほとんど誰もこれを否定する者がなく、ジャガタライモは馬鈴薯、馬鈴薯はジャガタライモだとしてこれを口にし、また書物や雑誌などに書き、これをそう肯定しているのが常識となっているが、それは大きな間違いであって、馬鈴薯はけっしてジャガタライモではないぞと今日大声で疾呼し喝破したのは私であったが、しかし蘭山がジャガタライモを馬鈴薯だといった後五年しての文化十年に大槻玄沢は、この蘭山の考えている馬鈴薯をジャガタライモの漢名とするの説を疑い、これを栗本丹洲に質問したが丹洲もまたその説を疑ったということが白井光太郎博士の『改訂増補日本博物学年表』に出ている。
0

2010/12/8

植物一日一題(牧野富太郎)  

ジャガタライモ、すなわちジャガイモを馬鈴薯ではないと明瞭に理解している人は極めて小数で、大抵の人、否な一流の学者でさえも馬鈴薯をジャガイモだと思っているのが普通であるから、この馬鈴薯の文字が都鄙を通じて氾濫している。が、しかしジャガイモに馬鈴薯の文字を用うるのは大変な間違いで、ジャガイモは断じて馬鈴薯そのものではないことは最も明白かつ確乎たる事実である。こんな間違った名を日常平気で使っているのはおろかな話で、これこそ日本文化の恥辱でなくてなんであろう。
0

2010/3/25

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ