2012/6/13

より長く  

獣医学が進歩して、より長く生きることができるようになったとは言え、ペッ
トの寿命は人間に比べると短く、パートナーとのお別れは避けて通れない道です。
寝食を共にし、愛情をたっぷり注ぎ、人間と動物という関係性を超えた絆を結んで
いるだけに、亡くなった時の悲しみや辛さはさらに大きなものになってきておりま
す。「こんなにも辛く悲しいのは私だけではないのか?」
「この悲しみがずっと続くのではないか?」
「いつまでも泣いている私は異常なのではないか?」
体験談がありました
落ち着いてきた男性
居心地の良さや
長期的に構える
自由を邪魔しないか
向けるという作戦
心配し始めたら
0

2012/6/13

病気を抱えて  

定期的な健康診断を
犬は多少どこか調子が悪くてもとても我慢強い生き物です。
放っておいたら手遅れになってしまうような病気を抱えている場合もありますので
、年に一度は病院に連れて行き、血液検査、検便、検尿、レントゲン検査などで健
康管理をしっかりしてあげましょう。特に7歳を過ぎシニア期に入ると、色々な病
気が出てきたりもしますので、より一層の健康管理が必要になってきます。
節電でもオイルヒーター人気 - アクセス解析 クリック率を読み取る
侵入犯罪 新たな手口が増加 - 横浜大さん橋国際客船ターミナル
坂井宏朱さん死亡 最後も努力 - 横浜市の交通機関(3)
千葉県の人口が戦後初の減少 - ダウ理論
政府 電力6%余裕の試算伏せる - 転職と所得税
次男が兄弟刺した後に自殺か - ラジオショッピング
大学生内定率過去2番目の低さ - 機械製図の基礎知識
呼称変更でニートは変わるか - 仕入れ値の問題
松井ヤンキース復帰も 米報道 - 小田急線 小田急線とは
大阪府庁、美術館に転用検討 - ファンダメンタル分析
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ