2013/3/7

定期演奏会に向けて。〜うなじの謎編〜  音楽(ブラスバンドの)






3月26日は、定期演奏会です。






私のバスクラ人生もここで1度止まります。

うーん、まだあんまりしっくり来ない。




まぁ、バスクラは1年間我慢すればまたいつでも再開できるのでいいとして、やっぱり班が最後ってのが悲しいかな。メンバー的に最後ってのが悲しいね。








ま、しょうがないけどね!







だっていつか終わるし?(笑)


今日もざっくばらんに生きている私でございます。




いえい。




感受性に乏しいとか言わないでっ








客席スカスカにならないかなー、半分は埋まるかなー?
なんてことのほうが気になるのです。


800人以上入ったらやばいうれしいです。きゃっ。







私も結構友達を誘ってるんですけど、快く「いいよー」って言ってくれる人って凄くありがとう。





だって、もうみんな受験勉強始めてるでしょ?


その中で私達の演奏に時間を割いてくれるってどんだけ。


凄いことだと思うのです。







来てくれた人×公演時間

で計算すると、いかに他人の時間を貰ってるか実感するのです。







と、いうことで頑張らないと!ってかんじです。




おお、ちょっと真面目なかんじじゃない?








ところで、なんでうなじって色気を感じるのでしょうか。


男もあるじゃんねうなじ。男女でそんなに差があると思えないので、不思議です。


いつかうなじの不思議に誰か挑んで下さい。
0

2013/3/7

「もう肉欲を超えたんだよ」by柴T  恋愛モノ




題名は某探偵小説シリーズの某少年の文学的苦悩のパクりです。
伝わり難いネタですね。





いきなりですが。


恋愛シュミレーションゲームって神秘だと思うんだ。





だって、恋愛というのは多かれ少なかれ人として接触を求めてるじゃないですか。

恋人と遠距離恋愛とかあるだろうけど、永遠に続けていけるもんでもないし。

やはり崩れる例が多いかと。





それを、画面の中でやるっていうね!






絶対どんなに相手の好感度上げまくってこっちに落ちようと、接触できないわけで、そういう大いなる矛盾を含んだゲームジャンルが生き残ってるって凄い。






恋愛モノは小説でも映画でもあるけど、あれは他人の恋愛の俯瞰でしかないから違うし。





ある意味究極に得るものの無い恋愛かもしれないよね。












って数学の時間に前の席の友人に言ったら





「もう肉欲を越えたんだよ」



て言われました。







そ、そっかあ……

江戸時代の衆道みたいなもんですかね。

まぁ、あれも結局肉欲に走ってるけどね。女じゃなければいいのか?っていう。
0
タグ: ギャルゲ

2013/2/18

峰岸とアンハサウェイでなぜこんなにちがうのか。  音楽(普通の)




レ・ミゼラブル観てきました。




すごかった…圧巻でした…
曲と歌はもちろんですが、映像も半端じゃなかった…歌の切実さが伝わる映像でした…めっちゃ持ってかれる感じでした。




個人的には、最初ジャン・バルジャンが教会で改心するとこと、ファンティーヌの「夢破れて」と、最後が泣けました。




あと、警部さん歌上手かったね。素敵に低音。


つかね!








あんだけ美人で、あの歌とか…アン・ハサウェイ!そなたは神か…!?(真顔





原作は小さいころ一回だけ読みました。銀食器を盗むとこまでしか記憶に無かったですが、それはそれで楽しめて良かった。




とりあえずミュージカル映画が好きな私にとってはとても良かったです。





どうでもいいかも知れませんが、宿屋のとことかちょくちょくバスクラの音が聞こえた気がして
盛り上がりました(私だけ。









なんか泣ける人と泣けない人の差が激しいようですが(私の周りだけか?)私は泣けるほうでした。
つか曲で泣いてた。

たぶんあれが普通の映画だったら全然泣けなかった気もするので、音楽って偉大ですね。






というので、話オチたでしょうか?


……オチてない?気のせいだよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ