救急車にタブレット端末  

クリックすると元のサイズで表示します
救急車にタブレット端末

最近よく報道されている救急車で運ばれている患者さんが、受け入れ先の病院を見つけるのが非常に困難な時があって、思わしくない結果になることがあります。

ある地域では25の病院に断られて、行き先を探していた男性の患者さんが、お亡くなりになったという悲しい出来事もありまして、その対応策が導入されるようです。

すべての救急車にタブレット端末を配置して置いて、状況に応じて受け入れ可能な病院をリアルタイムで把握できるようになるのだそうです。

すると一つ一つ受け入れ可能かどうか病院側に問い合わせることなく、タブレット端末を見ればどこに問い合わせればよいか瞬時に把握できるということです。

いろいろな地域で同じような問題が発生していきましたが、救急車にタブレット端末を配置してリアルタイムで情報を共有できるというのは、かなり期待ができそうですね。
0

 

施設の入居金  

施設の入居金

有料老人ホームのような施設入居する場合には様々な費用がかかりますが、入居金いや月額費用等が必要となり、施設によって保証金のような料金も発生するところもあるかもしれません。

最初にまとまった費用が必要な金額の大きい入居金が必要な施設も数多く、経済的に難しいというケースもあるかと思いますが、そんな入居金0円の介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームもかなりあるようです。

最初に入居金がなければ、あとは毎月支払う月額費用だけというところもあり、当然多少は割高になってしまうと思いますが、早急に入居したい方には助かることでしょう。

月額費用には、食費、管理費、介護サービスにかかる費用などが含まれていると思われますが、必要な場合にはちゃんと調べておいたほうがよいでしょう。

また長期でなくても短期間だけ入居したいという方の場合にも、入居金お用意する必要がない施設でしたかなり助かると思われます。
0

 

ブルースリー  

ブルースリー

香港が世界に誇るスーパースターのブルースリー特別展が香港で開催されて、その手書きの絵コンテや遺品など600点以上が集められて公開されていたようですね。

ブルースリー博物館があるのだそうですが、その一部を改装して特別展として公開し、その当事の映画の有名なシーンのセット等が再現されて痛そうです。

さらに遺族等が提供して遺品等も展示されており、手書きの絵コンテ等では、買うオフアクションの細かな設定も記されていたということで、ファンならば見てみたい貴重なものといえましょう。

ブルースリーを特集したドキュメンタリー番組も時々テレビ等で放送されており、もうすでになくなってから40年以上になるのですが、今だにその人気を唱えていないようですね。

今でこそカンフーのアクション等で世界的に大成功したアクションスターがいらっしゃいますが、ブルースリーがいたからこそ、その存在は大きかったことでしょう。
0

 

火星移住計画  

火星移住計画

オランダの企業が企画している火星移住計画マーズワン・プロジェクトに志願している人数が3万7000人を上回っているそうで、アジアからの参加希望者もいるのだそうです。

この火星移住計画プロジェクトは、まずは4名の宇宙飛行士を2023年に火星へ出発させることが目標とされているのですが、何と最初のこの4人は地球に帰還する手段が用意されていないのだそうです。

つまり一度火星に向かったら帰る手段がないので、一生火星で生活しなければいけないというかなり過酷な状態に陥るのかもしれませんが、その結果によって火星に移住する計画がより鮮明になってくるのでしょう。

まだ実際に誰が選ばれるのか資金調達など課題があることでしょうが、アメリカベンチャー企業も同じような計画をしており、将来8万人規模の人間を火星に移住させる計画もあるのです。

もしかしたら数十年後の未来では、火星等の違う惑星に移住することが普通になっているそんな時代になっているかもしれませんね。
0

 

COP  

COP

COPは地球の温暖化対策を話し合う場として国連の会議と言い大切な物となっており、温室効果ガス削減を目標としている一部の先進国と掲載的な支援が必要な途上国、経済発展が著しい新興国の間で様々なやりとりがされています。

日本は一時温室効果ガスを25%削減する目標を上げていましたが、原子力発電所の事故の影響で、削減目標としている25%が非常に難しい数字となっています。

それでもEUでは積極的な姿勢を示しているようで、削減目標を30%に引き上げる方針を打ち出しているのだそうで途上国も削減義務を負うべきだと主張しているのだそうです。

クリーンエネルギーである太陽光発電や風力発電等のような再生可能なエネルギーの効率があれば、これまでの火力発電にとって代わって温室効果ガスの削減に大きく貢献するのですが、技術的にまだまだ先のようです。

かといって日本の事故の後、原子力発電に対する世界的な考え方の後退も火力発電により比重重くなってしまったことで、いろいろ難しそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ