ダニエル・ボンドはいわゆる『ボンドの外伝』〜007スカイフォール〜  ブログ

007シリーズ生誕50周年記念作品なのだそうである。
その出来は、賛否両論だ。

コネリー・ボンドの様な完璧ぶりや、
ロジャー、ブロスナン・ボンドの様なエンタテイメントを期待した
往年のボンドファンから野次られている今回の最新作。

全作品を観ているものとして、やはり劇場で見なくては
賛否云々を述べる資格はないと思い、劇場に足を運んだ。

NATO極秘情報が詰まったHDDを盗み出した男を追い、
イスタンブールに姿を現したボンド(D・クレイグ)。
しかし援護するマネ・ペニー(N・ハリス)の誤射で死んだものとされてしまう。

その間にMI6本部は何者かの手によって爆破され、M(J・デンチ)は
査問委員会にかけられ、国防省委員長マロリー(R・ファインズ)は
彼女の監視役となった。

Mはロンドンに戻ったボンドを独断で現場に復帰させHDDの行方を
再び追わせる。
ボンドはHDDの行方を追ううちに、真の敵の存在を知り、マカオへ向かい、
真の敵がかつてのMの腹心であったシルヴァ(H・バルデム)であり、
彼はかつての任務の失敗から、Mに復讐しようとしている事をしるのだが・・・

確かに、六代目ボンド、ダニエル・クレイグは、歴代ボンドに比べると
異色である。
今回を含め、三作とも、いうなれば『ボンド・ビギンズ』といった
ストーリー構成になっており、
『何故AV動画は007になったのか』というルーツをたどる脚本構成だ。

前回二部作は『なぜボンドは007になったのか』というテーマならば、
今回は『Mは何故歴代男性なのか』『マネ・ペニーは何故事務職なのか』
『ボンドと似て非なる諜報部員はいなかったのか』といった
ボンド・シリーズの疑問に答える映画だろう。

おそらく、今回の映画にブーイングが来ている理由の一つは、
こうした理由は、007シリーズというものにとって、どうでもいいことであり、
題材にすること=ネタぎれを思い起こさせるからだろう。

エンタテイメントの中に東西冷戦や核兵器など、経済ネタと女性と酒と
ガジェットを盛りこむのが007の通説だったし、007のメインのファン層である。

が、ダニエル・ボンドからファンになった人の中には、
ことごとくロジャー・ボンドやブロスナン・ボンドをさめた目で見る人もいる。
これはいかがなものだろうか?

私自身は、どのシリーズもそれぞれ面白いと思うが、
ダニエル・ボンドは、
二代目ボンドのレイゼンビーぐらい『外伝』といってもいいと思う。
0

財布はどんなものを使っていますか?  ブログ

2つ折り、3つ折り。
ブランド物、かわいい色のもの、シンプルなもの。
ちょっとしたお出かけでも、必ず持ち歩くのがお財布。
そんな必需品であるお財布、どんなタイプのものを使用していますか?

圧倒的によく見かけるのがブランド物のお財布です。
ヴィトンやプラダ、ディオール、コーチ、ブルガリ。
男女問わず、こうしたハイブランドの財布を使用している方は多いと思います。
その魅力は何と言っても長く使えるということ。

丈夫な皮などで作られているものが多く、縫製もしっかりとしているので、壊れたり破れたりすることも少なく、また使えば使うほど馴染んで、いい風合いになるという点も魅力のひとつです。
ただ、他人と被ることも多いのが難所というところでしょうか。

セレクトショップや、自分の好きなファッションブランドの財布を使用している人も女性には多く見かけます。
好きなファッションブランドだからこそ、財布などの小物まで揃えたいということでしょうか。

そうしたものはとにかくデザインが豊富なのが魅力で、可愛らしいデザインからクールなデザインまで、自分の好みに合ったデザインのものが見つかるというのが魅力だと思います。

これに関しては、なかなか他人と被ることが少ないので、個性的なものを持ちたいという人にはオススメです。

ちなみに私は家計用の財布と、自分の小遣い用の財布を2つ使い分けています。
家計用の財布は、ヴィヴィアンウエストウッドの2つ折りの皮の財布を使用しています。

5年近く使用していますが、破れたり壊れたりしている個所は無く、皮も馴染んできてまだまだ使えそうです。

小遣い用の財布は、ハワイに新婚旅行へ行ったときにセレクトショップで購入した3つ折りの財布です。

こちらは日本ではなかなか買えないものなので、私の周囲で同じものを持っている人はまずいません。

ただ、使い始めて3年ほど経ちますが、小銭入れの仕切りが擦れて破れてきて、仕切りが意味をなさなくなってきました。
お気に入りなので、もっと長く使いたいのですが、やはりハイブランドのものと比べると寿命は短いのかもしれません。

どちらにも共通して言えることは、とてもお気に入りだということ。
毎日のように目にして、常に持ち歩くものですから、長く気に入って使えるものだったり、見ると気分が上がるようなものであると良いと思います。
何より、大切に使うと金運も良くなる気がします。
これからも今持っている財布を、大切に使い続けていきたいと思っています。
0




AutoPage最新お知らせ