中央道高速バス9071便  

ウィラーエクスプレスT433便で新宿に着いてその日の夜、帰路に就きましたがその際に乗りました。

名鉄バスと京王バス東の共同運行路線で今回の便は後者担当でした。

22時過ぎに新宿に戻って来た訳ですがバスタ新宿は夜行便や近距離路線のバスと利用客でごった返していました。

係員に乗り場を確認した後、発車10分程前になって乗り場へやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

係員同士の話で新宿からの乗車は6人だとかいう事を聞き実際乗ったら本当にその通りの閑散とした車中となりました。

バスタ新宿を定刻で発車し甲州街道を西へ進んで初台入口から首都高速へ入りました。中央道の八王子以東が工事規制で渋滞、遅延が出る様な話をバスタ新宿や車中の案内で聞きましたが案外スムーズに進んで調布〜国立府中間は下道を回って府中駅と聖蹟桜ヶ丘駅に停車、数人の乗客を乗せました。

国立府中から中央道本線に復帰しひたすら西へ走る道中となりました。


クリックすると元のサイズで表示します

談合坂・諏訪湖・恵那峡で10分程休憩した後に中央道桃花台(降車無しで本線通過)、栄(数人下車)と進んで10分程早く名鉄バスセンターに到着しました。

都内から名古屋へ向かう夜行便としては早めのダイヤとなっていますが最終の新幹線より滞在時間を延ばせてその上で翌朝早く帰れるという意味ではメリットは有ると思います。バス停の数も少ないので快適というか寝やすいのも有りますね。

自分も道中殆ど寝てました。よく寝れたなぁ、というのが感想です。車も全室化粧室、36人乗り補助席無し仕様で足下も余裕が有って快適でした。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

ウィラーエクスプレスT433便  

先日の水曜夜に名古屋駅西口→バスタ新宿で乗車しました。先月24日にも乗っているので内容的にはその時の記事とほぼ同じです。

22時30分過ぎに名古屋駅に着いて新幹線口へ出てドリームなごや・三河2号が発車していく所やベイラインエクスプレスL422便が太閤口バス停に来る光景を見ながら噴水前の新高速バス受付へ行き暫らく待ちました。平日なので新高速バス利用客も少なかったですね。係員が案内や整理をしていて23時15分頃に23時30分発の便案内が開始となりました。ウィラーエクスプレスでは同時発車でコクーン@T443便も出るので乗る便を確認する様にも案内が有りました。

そのまま歩いて井門ビル向かいの新高速バス乗り場へ行き係員案内でバスへ・・・

3台目に来たバスが自分の乗るT433便となりました。

乗務員はベテラン風の感じの良さそうな方で乗車時に自分の名前を告げるのですが乗務員手持ちのタブレットに自分の名前が出ていたので一瞬で確認、改札は終了し車中の人となりました。

ニュープレミアム号で今回も独立席でした。

定刻で名古屋駅西口を発車し笹島交差点を直進、栄・愛の広場へ向かいました。栄に着いたのですが乗車は無く乗務員の案内と発車時刻まで待機した後に栄を出ました。

今回は前後の席に乗客が居なかったのでフルリクライニングしました。おかげで道中よく寝れました。

上郷・静岡・海老名で20分程休憩して道中を進んでバスタ新宿に着きました(※海老名〜池袋駅西口〜バスタ新宿到着直前まで寝ていた)。

乗客の人数も多くなかったですがバスタ新宿で降りたのは自分1人でした。

自分1人が降りてその後、T433便はバスタ新宿を出てディズニーランドへ向かいました。

海老名にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

名古屋ささしまライブ  

新高速バスの乗降バス停です。昼行便と一部夜行便が発着しています。バス会社によっては名古屋南と案内している事も有ります。

新高速バスでささしまライブか名古屋南とバス停案内が出たらここになります。

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋駅からだと少々距離が有るのでここから乗る場合は早めに行くようにしましょう。桜通口、広小路口を出て右に曲がって名駅通りを南下します。笹島交差点、名鉄バスセンター入口の下広井町交差点を通り過ぎて名鉄本線のガード沿いを暫く進んだ所に有ります。

目印というか目安は下広井町交差点から南下して一つ目の信号交差点、ここまで来るとファミリーマートが左側に見えます。

その50メートル程手前が名古屋ささしまライブ、名古屋南バス停になります。

ウィラーエクスプレスの場合、夜行便は名古屋駅西口からの乗車になりますがその2号車〜の増車になるスターエクスプレスではこの名古屋ささしまライブからの乗車になります。

1号車と2号車〜で始発場所が異なり名古屋駅西口と名古屋ささしまライブでは距離もかなり離れているので予約時の確認がかなり重要となります。

その手間を省いて確実に行くなら始発地乗車扱いの途中バス停(金山駅北口や栄・愛の広場等)から乗るのも手です。この場合は便単位での扱いになるので1号車、2号車共に同じバス停で乗車扱いを行います。

名古屋行の場合は便単位の扱いで一部便を除いてここが終点になります。1号車、2号車〜共に一律でこのささしまライブで降車扱い、運行終了となります。

歩道沿いになるのでバスが来るまではガード沿いの端で待ちましょう。他の歩行者の往来に響きます。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

名古屋駅西口  

JRバスターミナルやタクシー乗り場、ゆりの噴水に通りを挟んだ向かいにビックカメラ名古屋駅西店が有ったりと賑やかで有ります。

夜になると新高速バスの受付係員が出て来て案内をしています。
ウィラーエクスプレスの場合は名古屋駅西口発と名古屋駅太閤口発が有り前者は新高速バス受付係員の案内、後者はピンクのベストを来た係員が案内をしています。

西口か太閤口のどちらかに一本化しても良いのではと思うのは自分だけでしょうか?

どちらからもバスに乗ってますが案内場所から乗り場までの近さなら太閤口ですね。

乗り場が歩道沿いに有るので乗る便が来るのに合わせて乗り場に行くのが理想的なので案内係員の指示や誘導に従う、もしくは確認してから乗り場へ行くようにしましょう。

ウィラーエクスプレスやさくら高速バス、ジャムジャムエクスプレス、グレース観光バス等複数のバス会社が乗り場を共用してる訳ですが行き先や経由地によっては降り場も同じなのは面白い所です。共通乗車が出来る訳でもなく各社独自に予約管理してる訳ですが乗り場と降り場が同じなのは呉越同舟な感じもします。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

Cyonic  

AZシリーズ、600Wモデルの引き合いが強いというか売れている様ですね。店頭で見かけると600Wモデルが少ないか無くて400Wと500Wのモデルだけという事も有りました。

実売で6000〜7000円台と廉価で高くなくそれでいて配線や部品の質は良さそうなので店員に尋ねてもこの価格帯なら悪くない、という答えでした。

このAZシリーズやAU−Xシリーズに言えるのですが本体サイズの奥行きが短いのでケースへの取り付けやパーツ交換でケーブルを繋ぎ直す時が楽です。本体とケーブルは直付けですがケーブル自体は柔らかく取り回しも楽です。

AU−XシリーズはAZシリーズより上になる電源モデルで450W、550W、650Wのモデルが存在します。こちらは店頭で見かける事は少ないですが見かけると容量や仕様(80PLUS−GOLD)の割に安価な価格で売られているので狙い目です。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0




AutoPage最新お知らせ