MacBookPro  

ファンクションキーがタッチパネル化したTouchBarを搭載した新機種が登場した訳ですが従来のキータイプのモデルも併売されていてこれからどうなるかが気になる所です。

TouchBar対応のソフトが出て来て普及しないとその評価は分からないですね。ただファンクションキーも表示されるので特に困る事も無さそうですが…

SurfaceBookを見ると非タッチディスプレイという事で見方によっては旧態化してる様にも見えなくはない反面、iPadシリーズとの住み分け・定義付けや今までの使い方を考慮してそのキャラクターを成立させてる感も有るので良い意味でらしさがあると思います。

WindowsとMacの競合が昔から言われてましたがSurfaceBookとMacBookProの関係を見ると競合というよりWindowsはWindows、MacはMacというカテゴリ・ジャンル分けが確立されて同じクラスに別世界のカテゴリが併存してる感じが有ります。使い方や考え方、環境で選んで下さいというのが実情でしょう。

MacBookProはその名の通りMacBookの高機能版でグラフィックス等のクリエイティブ用途を中心とした使い方、SurfaceBookはマウス・トラックパッドの代替要素でタッチディスプレイを採用した新種のデバイスと見るべきなのでそう考えると単純な競合関係には成らない気がします。

しかし今のMacBookProは新旧併売の状態で従来のファンクションキーモデルがMacBookやMacBookAirに近い価格帯なのでTouchBar対応の環境はまだまだ先、それまではと割り切ってファンクションキーモデルを買うのも良い選択だと思います。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

Surface  

ノーマルモデル、Pro、Book、Studioが出てますが…

店頭でProとBookに触れてみましたがマウス・トラックパッド操作をディスプレイに触れて直に操作出来るというのは良いですね。新しいインスパイアというか世界観だと思います。

ProとBookなのですがCorei5以上のモデルになると価格が近接してる上にProがタイプカバー別売りという事と対価格性能比で行くとまた選択が難しくなる所です。トータルの性能に拘るとBookの方がパフォーマンスは良さそうです。モバイル重視ならProですがそれならローエンドのCore m3モデルの方がパフォーマンスは良いでしょう。

グラフィックに鬼の様な拘りが無ければProの方が良さそうですけどタイプカバー別売りというのが何とも…

マウス、トラックパッドといった間接操作ではなくタッチディスプレイによる直接操作というのは慣れるとマウスやトラックパッドには戻りにくいと思います。

SurfaceBookだとデザイン設計を行ってそのまま制作現場へ持ち込んでのリアルタイムな環境が構築出来るという意味でも良いアイテムです。

MacとWindowsの対比論がよく聞きますがMacがインテル系システムになりWindowsも動く様になった今ではそうした議論も死語になりつつある一方でMacはソフトに関する柵が無くなりらしさが増してWindowsはSurfaceで新境地を開拓したので競合関係から同じカテゴリで別次元がそれぞれ存在する様になったといえます。



アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

Windows8  

モダンUIを採用しデスクトップ画面もアプリの一つとして扱うという訳の分からない仕様でした。インターネットエクスプローラにしてもその物の出来は良いとしてデスクトップ版とモダンUIのアプリ版で使い勝手もまるで異なる・・・

使い易いとはいえず人に勧められる物では無かったですね。

しかし安定性やセキュリティ性は格段に上がり標準搭載マシンや対応デバイスならかなり強固というか岩の様な信頼性の高さが有りました。自分のマシンでは落ちる所かその兆候すら見た事が有りません。7はVistaの延長でモッサリした感じが有りましたけど8ではそのモッサリ感が減っていたので軽快感も有りました。アクション⇒リアクションという動きにダイレクト感が有ったので・・・

見た目で大損をこいた8ですがOSとしての信頼性やパフォーマンスという意味では当たりだと思います。

そんな8もマイクロソフトはさすがに・・・というか改良版の8.1を出して8から無償でアップグレード対応する様になりました。

この8.1でようやく使い物になるというか人に勧められる仕上がりになりました。操作性に〜7と10との差異の大きさは存在しますが慣れで吸収出来るレベルです。

スマホやタブレットの流行りを見てPCにも採用してスマホ、タブレット〜PCまで同じUIで統一した新形態を作ろうとした様ですがさすがにデバイス間の違いを吸収しようとしてデバイス毎の使い勝手を壊してしまった感も有ります。

OS本体の出来が良くてもUIといった見た目でコケて寂しい結果になった点は惜しまれます。中古やダウングレードの在庫で8.1デバイスが有るけど買いか?と聞かれれば買い!!と即答します。8の場合は買い、と断言できませんが8.1にアップグレードすれば問題無いので買っても損はしないと言います。

数の少ないWindowsアプリが登場したのも8からですがWindowsアプリなら通常のソフトより軽量なのでメモリ量に制約が有る32Bit版だとかなり有用かつ効果的です。そういう意味ではWindowsアプリがもっと増えても良いと思いますが現実は・・・


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

PowerMacintosh  

IBM-Powerプロセッサを積んだMacintoshです。厳密には派生版のPowerPCプロセッサを積んでいた訳ですがPC/AT互換機同様にPowerPCプラットフォームを公開して普及を狙っていた訳でそのMacintoshがその1つになった訳です。

PCという意味ではMacintoshが実績を残した一方で組み込み用途、ゲーム等のデバイスでは普及が進み今日日のトレンドがスマホやタブレットといった組み込み型デバイスが主流という事を思えばそれなりに先見の明が有ったとも言えます。

ジョン・スカリー氏のニュートン、PDAも今のスマホ・タブレットの源流になるのでそうした新種デバイスへの適合性という意味でもPowerPCの登場は意味が有ります。初代iMacがキーボード、マウスと本体を繋いで電源コードをコンセントに差せばそのまま使えるという意味でも今のデバイス形態の流行りを予見したとも取れます。

CHRPといった規格が公開されましたがMacintosh以外だとBeBOXやAmigaの一部モデル位でPCという意味では成功したとも言い難いです。しかし、スーパーコンピューターでも使われる程の性能を持つプロセッサなのでMacに性能向上と進化をもたらしました。

Macが現在まで続いてきた理由の1つを挙げるとすればPowerPC採用と答えても間違いでは無いでしょう。MC68000系時代ではAmiga等、ホ−ムコンピューターと呼ばれるカテゴリでいくつか機種は存在しましたが時を経て減って行った事を思えばMacがPowerPCで時代に即した進化を遂げた点が大きいと思います。

またPowerMacintoshが出た頃は自社規格のデバイスからソフトウェア会社への転身というのも出始めていてBe社やNeXT社もハードウェアの自社開発・製造から撤退しています。そうしたソフト会社から積極的なポージングや採用が有ればPC向けではそれなりに普及したでしょう。

とはいえMacintoshで実績は残ったのでPowerPC自体は成功したともいえます。

惜しむべくはPowerMacintoshがOSの対応が遅れて真価を発揮しきれなかった事でしょう。BeOSは最適化されてその性能を引き出した様ですがOS側の対応が進んだ頃にはG4、G5の時代でPowerMacintoshとしては末期だったのは物寂しい話です。

そんな短期でもSystemXといったクラスタリング型のスーパーコンピューターを構築して世界3位の性能を叩き出してるのでプロセッサとしての基本性能が高かったのだと思います。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

MacOS  

クラシックの8や9、現行のXは惹かれる物が有ります。初代Macから一貫して基本を変えていないという事やWindows慣れした感覚から新鮮に見えるからなのかも知れません。

そんなMacOSも新基盤への移行で難儀した訳でその結論が今のmacOSになります。

90年代前半、IBMとAppleが提携しPowerPCベースのプラットフォームでPC/AT互換機とやり合おうという話になりハード、ソフト両方において共同開発をしようという流れになりました。

ハード面でPowerPCが成功し組み込み用途でも普及した一方でソフト面の方は上手く行かず難儀した様です。OSという意味ではIBMにはRS/6000用のAIXが有りAppleもA/UXといったUNIXを持っていた訳でどちらもUNIX本流のSystem/V系でした。OSだけでもそのどちらかをベースにして共同開発に持って行けばまだやりようも有った訳ですがプラットフォームを含めて機能が増えて収集がつかなくなった様に見えます。

IBMとAppleの提携は雑誌でも取り上げられて西海岸と東海岸の歴史的和解だとかAppleらしさが薄まるとか色々な話が出てました。先述したIBMのAIXを使うのかAppleのA/UXを使うのかとかその他推測や予想も出てました。その中にNeXTコンピューターも出ていてIBMがNeXTSTEPをOEMで採用する様な話も出ていてMacにも採用されるのでは?という推測も出てました。これはこれで後に実現する事になりますが創業者兼CEOで有ったジョブズ氏とApple社の関係から実現するのは・・・という話も有りました。ジョブズ氏がApple社を去った理由とスカリー氏との問題も有り直接的な採用という意味ではそれなりに壁が有ったという事でしょう。

IBMがNeXTSTEPをメインで採用してPowerMacintosh用のOSとしても使えばまた結果は変わったでしょう。結局、MacOSの次世代版の内製開発が崩壊するに至ってNeXT社を買収するという綱渡りになってしまった訳ですが・・・。

NeXT社もマシン製造から撤退してますがPowerPCを採用して継続・・・がIBMとApple提携でMac用にPowerPCが採用されるに至ってその競合を避ける為にNeXT社が手を引いた様に見えなくも有りません。

Apple社の方はスカリー氏が退社した後、経営危機というか窮地に立たされる事になりますがそこでギル・アメリオ氏が腕を振るう事になります。Apple社のガバナンス、統治問題で社内が混乱してる中に有って整理を進めて再建の道筋を立てたという意味では同社の立役者です。

次期MacOSのCoplandが崩壊し他社からOEMか買収でOSを採用しようという選択はやろうと思って簡単に出来る話でも無いのでその考えと実行をしただけでも凄いです。結果,NeXT社を買収しましたがジョブズ氏とスカリー氏在籍時に交わした誓約要件でこれもこれで簡単な話では無かったのですがそうした事務処理も決行してNeXT社買収とジョブズ氏復帰となりました。

でRhapsodyを経てMacOSXになり現在に至る訳です。アメリオ氏は退任しましたが道筋をつけて今のApple隆盛を築いたという意味で大きな功績が有ります。

ジョブズ氏のセンスと実行力の凄まじさもApple隆盛の要因ですがやろうと思って中々出来ない事、火中の栗拾い・・・いや爆発寸前の爆弾を爆発させずに不発で処理したといった方が良いか。それをやってのけたアメリオ氏こそApple社の功労者でしょう。

表に出ない裏事情に歴史有り・・・です。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0




AutoPage最新お知らせ