Macmini  

プロセッサが未だにHaswell世代…

Kabylake世代に更新されない物かと思います。

省スペース型デスクトップとしては機能性に優れてそうなだけにプロセッサ周りが旧態化しているのは残念です。

Kabylake‐Gベースで一新すると良いマシンになると思いますが…

RYZEN‐GやRYZENモバイルベースでも面白そうですけど。



アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

PowerMacintosh  

IBM製のPowerPCを搭載したMacintoshになりますが今のIntelMacと違いスペックや性能面で引けを取ったり旧態化している感じはしなかったですね。

OSの基本設計の古さやMC68000系時代のMacintoshとの環境的な互換性維持といった周辺環境に当時のApple社の経営事情といった関係からその性能をフルに活かしきれなかったというのは有りますけど…

G4辺りからようやく周辺環境が整って性能を活かせる様になりましたがその頃にはPowerPCの進化、次世代化という意味では陰りというか限界が見え始めていてG5でPowerMacintoshは最後になりました。

それでもバージニア工科大のスーパーコンピューターで採用されて世界トップ3に入る高性能を発揮しました。

OSでMacOSXの様なモデルがPowerMacintosh登場と同時に出ていればその性能をフルに活かしきれたのでは、という気がします。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

グラフィックス、動画  

といったメディアクリエイティブな用途では強みが有るMacシリーズです。

XeonWプロセッサ、RadeonVega56、5Kディスプレイを採用したiMacProがそうしたプロユ−ス向けの最新モデルになっている一方でMacProのスペックが旧態化してるというか物足りなくなっています。メモリ上限64GBというのは用途を考えると…という気がします。

64GBなら今のWindowsマシンの自作で普通レベルなのであえてMacProというのは…

iMacProベ−スの中身に変えられないか、という気がするんですけどどうなのでしょう?

MacのGUI環境を実現させる為に高性能なプロセッサと描画環境を揃えた訳ですがそれがグラフィックスや動画といったメディア用途で普及したというのはMacの功績です。その意味ではもっと新機構搭載や大がかりなモデルチェンジが欲しい所です。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

Macintosh  

かつてはWindowsとコンピューター界を二分した物ですがintelプロセッサを搭載する様になりbootcampでWindowsが動く様になってからはApple社製のWindowsマシンという感じになりMacintoshらしさは正直薄れた感が否めません。

最近のMacはプロセッサ関係が正直旧態化しているので最新のCoreシリーズを積むとかのテコ入れが欲しい所です。

そう思うとMC68000系やPowerPCを積んでいた時代はアドバンテージは有りましたね。

性能面ではハイクラスでしたから。

IBMからPowerPCプロセッサの提供を受けてPowerMacintoshが登場しましたがこのPowerPCが後にゲーム機や組み込み用途で普及したという点ではその功績は大きいです。

ただCHRP等のPowerPC環境の普及という意味では残念な結果に終わりましたが。AppleとIBMの関係ゆえに他社が参入しにくかった(NeXTコンピューター社等)、思った程普及が進まなかったのも大きいと思います。

それ以上にメーカー毎の専用機から規格化された互換機への流れが有ったのも要因かと。

その流れにすら渡り合ったMacintoshもかなり凄いですが・・・

OSの次世代化が遅れたのもPowerMacintoshシリーズの不運だったといえますがOSの次世代化が10年早かったら、ジョブズ氏がApple社を辞めずにNeXTSTEPの様なシステムを開発していたら・・・

また結果は変わったかもしれません。

Apple社のNeXT社買収でNeXTSTEPはMacOSXに化けましたが。


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0

Mac  

iMacPro等で気を吐いてますがiOS系デバイスに押されてあまり目立たなくなった感じが有ります…

Macを使っていたロ−エンドのユ−ザー層がiOS系デバイスに移行、トレンドになって新規ユ−ザーも増えてiOS系デバイスが主流になったというのが実際でしょう。

Intel系システムになりBootcampでWindowsも動く様になりソフトウェアで不自由しなくなった反面、Macである必要も無いという認識も少なからず印象づいたというのも有るかと思います。

一説には自社開発のプロセッサを載せるらしいという話も出てる様ですが実際にどうなる事か…

PowerPCからインテルCoreへ環境移行する際に”It’sTrue!”という故ジョブズ氏の掛け声でその幕を開けてますしMC68000系からPowerPCへの移行も行っています。そうなるとインテルから自社製プロセッサへという流れもそれなりに現実味があると思います。

そうなるとMacとiOSの境界は無いとまで言わないにしてもそれに近い環境も予想されます。それはMacの終焉になるのか次世代のiOSになるのか分かりませんが…


アクセスアップの革命
アクセスアップの革命
0




AutoPage最新お知らせ